沿革

 

1964年4月 日本ビジネスコンピューター(株)設立
超小型コンピューターの先駆けとなるTOSBAC-1100Dを開発、販売
1976年12月 自社開発の入出力機器(インパクトプリンター、OCR機器)のOEM事業を開始
1977年10月 日本ではじめて漢字処理のできるオフィスコンピューター「JBCシステム--1漢字」を開発、販売を開始
1982年4月 CIを導入し、お客様(Customer)との信頼関係を大切にすることを目的として、新ブランド名を「JBCC」とする
1983年3月 日本アイ・ビー・エム販売(株)と販売提携し、「IBMマルチステーション5550」の販売を開始
日本初のネットワーク分散処理システム「C-200」を開発、販売
1983年8月 日本アイ・ビー・エム(株)と資本・業務提携
1988年6月 IBM AS/400の販売を開始
1989年9月 ベストセラーのインパクトプリンター「JBCCプリントスター506×」の販売を開始
1990年10月 当社株式を店頭銘柄として登録
1994年11月 エンドユーザー・コンピューティングを支援するツール「ワークフレンド」の販売を開始
1999年7月 東京都蒲田にネットワーク監視センター(SMAC)を開設
1999年10月 株式を東京証券取引所市場第二部へ上場
2000年9月 株式を東京証券取引所市場第一部へ上場
2003年4月 横浜事業所(本社事務所)を開設
2003年5月 SMACを横浜事業所内に移設し機能を強化
2003年10月 自社内にERP(Enterprise Resource Planning)システム[総合基幹業務システム]を導入・稼動
2004年4月 JBCC創立40周年を迎える
2004年8月 JBCCヘルスケア・コンソーシアム(JBHC)を設立
2005年2月 蒲田事業所内にソリューション・コンピテンシー・センター(SLCC)を開設
2005年11月 「JBCC事業分割準備(株)」を設立
2006年4月 会社分割により、JBCCは純粋持株会社であるJBCCホールディングスに移行。事業会社として新生JBCCが発足
2007年2月 東日本地区に加え、西日本地区にSLCC及びSMACを開設
2007年4月 JBCCのサービス事業部門を分社し、JBサービス(株)を設立
2007年8月 ワンストップ・ショッピングサイト『JBマルシェ』を開設
2007年9月 「次世代育成支援企業」として「次世代認定マーク」を取得
2008年4月 JBCCのソフトウェア事業部門、先進技術部門をJBアドバンスト・テクノロジー(株):JBAT(旧APTi)へ移管
2009年10月 蒲田事業所内にクラウド・インテグレーションセンター(CLIC)を開設(ソリューション・コンピテンシー・センター(SLCC)を機能強化)
2011年12月 ハイブリッドなプラットフォーム・オンデマンドサービス「PoDセンター」の提供開始
2012年4月 JBエンタープライズソリューション(株)を存続会社として、日本ビジネスコンピューター(株)およびJBサービス(株)の一部を事業再編し、社名をJBCC株式会社とする
2014年4月 ケン・システムコンサルティング(株)を吸収合併
アドバンスト・アプリケーション(株)の株式をJBCCホールディングス(株)に譲渡
2014年4月 クラウド事業の体制を強化
2015年4月 JBCCのERP事業部門をJBアドバンスト・テクノロジー(株):JBATへ移管

 

2012年4月に、JBエンタープライズソリューション(株)を存続会社として、日本ビジネスコンピューター(株)およびJBサービス(株)の一部事業を統合し、「JBCC(株)」となりました。

JBエンタープライズソリューション(株)の沿革は以下をご覧ください。

1988年4月 新日本製鐵グループと日本アイ・ビー・エムの共同出資により、エヌエスアンドアイ・システムサービス(株)として設立
2005年12月 株式譲渡により日本ビジネスコンピューター(株)(※)グループの連結子会社となる
2006年4月 NSISS(株)に社名変更
2009年4月 日本ビジネスコンピューター(株)、NSISS(株)およびJBサービス(株)の3社間で事業再編
NSISS(株)が大企業向け事業に特化し、JBエンタープライズソリューション(株)に社名変更
2011年1月 ケン・システムコンサルティング(株)の株式を取得し、当社の連結子会社とする
2011年2月 アドバンスト・アプリケーション(株)の株式を取得し、当社の連結子会社とする
2012年4月 JBエンタープライズソリューション(株)を存続会社として、日本ビジネスコンピューター(株)およびJBサービス(株)の一部を事業再編し、社名をJBCC(株)とする

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ