お知らせ

2017年07月19日

社内の問い合わせはいつでもおまかせ 俺のクラウド「CloudAI チャットボット」

JBCC株式会社

JBCCホールディングス株式会社


JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、社長:山田 隆司)の事業会社でJBグループ(*1)の中核であるJBCC株式会社(本社:東京都大田区、社長:東上 征司、以下JBCC)は、日本アイ・ビー・エム株式会社とソフトバンク株式会社が提供するコグニティブ・サービス「IBM Watson日本語版」を活用したチャットボット(*2)サービス「CloudAI チャットボット」の提供を7月19日より開始することを発表します。

膨大な情報から学習し推論できるAIは、社会、生活の様々な場面に取り入れられ、活用が進んでいます。AIが人間のコミュニケーションや一部業務処理を支援することで、利便性を高め、社会やビジネスに変革と成長をもたらすことが期待されています。

「CloudAI チャットボット」は、JBCCの運用付きクラウドサービス「俺のクラウド」(*3)で提供する、AIを活用したチャットボットサービスです。利用者がビジネス版LINEであるLINEWORKS(*4)から欲しい情報を画面に問いかけると、CloudAIがWatsonのAPIの一つであるNLC(Natural Language Classifier)を活用し、質問の意図を解釈して最適な情報を選び回答します。営業担当者は外出先からでも情報の入手ができ、社内ヘルプデスクでは問い合わせの自動化により、業務の平準化や負荷の軽減につながる等、ビジネスにおける様々なシーンで活用が可能です。

「CloudAI チャットボット」は、今後、「俺のクラウド」で提供するCRM/SFAクラウドサービス「Cloud 戦略箱」やファイル共有クラウドサービス「Box」とも連携し、外出先から顧客・案件情報の取得や社内ファイルの高度な検索を実現し、お客様の営業活動や業務の効率化を支援します。

JBCCは、AIやロボットを活用したクラウドサービスの取り組みを進め、「俺のクラウド」で提供するサービスメニューを含め、2018年度末までに4,000社のお客様にクラウドサービスの提供を目指します。


「CloudAI チャットボット」の特長  https://www.orenocloud.tokyo/cloudAI.html

・人の自然な話し言葉(自然言語)を認識し、AIによる自動回答

・誰もが使いやすいLINE風のインターフェースを採用

・基幹/情報系システム、FAQ等、企業の様々なデータの活用が可能


  • 提供価格

2カ月間のトライアル(環境構築、試験運用、AIに学習データ登録)後に本番運用となります。

・トライアル:100万円(税抜き)

・本番運用:月額利用料50万円(税抜き)~ ※ 100アカウント含む

その他、接続するデータベースにより別途費用が発生

「CloudAI チャットボット」は、7/20~21に開催されるSoftBank World 2017(ザ・プリンス パークタワー東京)のワークスモバイルジャパン株式会社、およびソフトバンク株式会社のWatsonブースで確認できます。

(*1)JBCCホールディングス株式会社及び事業会社の総称。(https://www.jbcchd.co.jp/corporate/group/

(*2)「チャット」と「ロボット」を組み合わせた造語。人間に代わりチャット・コミュニケーションを自動で行う仕組み。

(*3)JBグループとパートナー企業がお互いの技術を活かしながら、クラウド基盤の構築からソリューション、運用まで、お客様に必要なものを最適な形で提供するEcoシステムクラウドサービス。

(*4) ワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表者:石黒 豊)

※IBM、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。


「CloudAI チャットボット」の概要

cloudai20170719.jpg


今回の発表にあたり、ソフトバンク株式会社よりエンドースメントをいただいております。

【ソフトバンク株式会社 AI事業推進部 部長 重政信和さま】

ソフトバンク株式会社は、JBCC株式会社によるIBM Watson日本語版を活用したLINE WORKS対応のチャットボットによるQ&Aサービス「CloudAI チャットボット」の提供を心よりお喜び申し上げます。

LINE WORKSは、ビジネス向けコミュニケーションツールとして多くの企業で活用が広がっています。今回提供を開始される「CloudAI チャットボット」は、LINE WORKSのつかいやすさにIBM Watsonのコグニティブ・コンピューティングの強みを加えることで、コミュニケーションをより便利で質の高いものに変えるだけでなく、スマートフォンなどのモバイルデバイスの活用を促進するものと期待しています。ソフトバンク株式会社は、今後もJBCC株式会社と協力し、コグニティブ・コンピューティングを活用したサービスを提供してまいります。


<お問い合わせ先>

●報道関係の皆様 JBCCホールディングス 広報

松尾/村松 Tel:03-5714-5177 e-mail: jb_info@web.jbcc.co.jp

●お客様 JBCC株式会社 クラウドイノベーション事業部 IoT&O2O/アナリティクス

  岡元/寺瀬 Tel:03-5714-5475 e-mail: info@orenocloud.tokyo

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ