ビッグデータ活用

 bnr_evnx_634x195_bigdata.jpg

 

少子高齢化の時代に求められる「先を読む力」

多様化する顧客のニーズに対応するために、企業は迅速な意思決定が必要になっています。

 

現状把握型分析(何が起きたか?)と、未来予測型分析(何をすべきか?)によって、

業務の改善、顧客サービスの向上、新規ビジネスを創出することが求められています。

 

過去の業務データに基づき判断するだけでなく、

「今、起きていること(現在)」を把握し、その場で対策を講じること、

「今後、想定される動き(未来)」を予測して計画を立てることが必要です。

 

企業が抱える代表的な課題

1.顧客の離反防止

2.会員向けサービスの強化

3.社内データだけでなく、社外にあるデータの分析

 

ビッグデータの活用は、大量のデータを抱え、人材や予算が豊富な大企業だけではなく、

顧客に対して製品やサービスを提供する、すべての企業にとって重要な課題です。

 

ビッグデータを活用するために乗り越えるべき3つの壁

1.投資に見合う効果があるか?

2.分析に必要なデータがあるか?

3.データが整理されているか?

 

 

JBCCが提供するビッグデータ活用の提案

 

多くの企業では、データが単に蓄積されているだけで、分析に必要な情報が得られなかったり、データの形式や定義が標準化されていないために分析に利用できなかったりします。

様々なデータからパターンやヒントを読み取るノウハウや技術、自社の活動に繋げるための具体的なシナリオを描くことが重要です。

 

JBCCは、ビッグデータへの期待と不安を持たれるお客様をご支援するために、データの活用・分析のあらゆる課題・ニーズに応える総合的なサービスを提供しています。

 

1.お客様の課題に合ったビッグデータ(Optimized Big Data)の活用を提案

 1)2対8の法則(8割の影響力を持つ2割の要因を発見)により、投資効果の高い結果を導く

 2)相関関係を見つけて販売に利用

 3)セグメンテーションに分類してきめ細かな顧客対応を実現

 

2.センサー活用による現場のデータやSNSからのデータ収集など、社外にあるデータの収集から分析まで一貫した支援

  

3.オープンソースを使ったものから、大規模なITを活用したソリューションまで提供

  

 

 

現状の見える化から、将来の予測分析までをカバーするJBCCのソリューション

コンサルティング


 データサイエンティストがお客様のデータから活用方法をご提案

 マイニング簡易診断など、クイックスタートのための各種支援サービスを提供

  サービスの詳細はこちら

 

SPSS(BA):データ分析に基づいたパターン発見型の予測を実現

 データの「分析」「パターン発見」「分類」により、将来のリスクを解析・把握します。

 新規顧客の獲得、解約防止、不正検知・防止などの適切な対応を可能にします。

 

WebReport 2.0 自由分析(BI):優れた表現力で企業内外のデータをリアルタイムに可視化

  企業内に蓄積された情報を元に、表現力豊かな表やグラフを使用して、利用者が見たい形や切り口でデータを分析し、迅速な意思決定を支援します。

 

■先を読む高度な分析でスマートな意思決定を IBM Cognos

 

 

その他のビッグデータソリューション

ETL(データ転送)


■企業内のシステムデータの抽出・加工と柔軟な連携 Qanat2.0

■高機能ELT/EAIツール DataAnyware2.0

 

 

DWHシステム


■本格的なアナリティクスのためのシンプルなデータウェアハウス専用アプライアンス

IBM PureDataSystem for Analytics (Netezza)

■データの集計と分析処理の簡素化と高速化を実現 IBM DB2 BLU Acceleration

 

 

マーケティングPDCA管理ツール


■マーケティング・オートメーションを実現する IBM Campaign

 

 

各サービスの詳細はお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

 

contact_topics.gif

 

 

 

<関連ページ>

  >> 「ビッグデータ関連サービス」

    >> 「分析ソリューション活用例(人財分析)」

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ