クラウドの「ぜい肉」をダイエット!クラウドコストと構成の【最適サイズ】を実現する秘訣

公開日 : 2020年12月02日
更新日 : 2021年04月26日

※本ブログの内容はVMworld 2020 Japanのオンデマンドセッションでも詳細をご確認いただけます。

新型コロナウィルスの感染者の増加傾向が続く中、システムのクラウド移行の必要性が増しています。先が見通せない現在だからこそ、どんな状況になっても「事業を止めない準備」、すなわち、「クライアントとシステム基盤のクラウド化」が重要です。しかし、いざクラウド移行を検討してみると、課題になるのはコストと最適な環境設計です。

以前実施した弊社のセミナーアンケートでも、お客様の課題は「コスト」に関するものが多く、コストへの関心の高さが浮き彫りとなりました。そこで今回は、クライアントとIT資産を「まるごと」クラウド化することによるコストメリットと、それを実現するJBCCのアセスメントサービスをご紹介します。

□ 目次 □

1.「緊急事態」に備えるなら、クラウドVDIの導入を検討しましょう

 ・VDIとは

 ・WVDとは

 ・VDIの選び方

2.クライアントだけじゃない!システム基盤を「まるごと」クラウド移行するメリット

 ・システム基盤のクラウド化でコストを削減するJBCCのクラウド移行アセスメント

 ・クラウドの運用を最適化する「EcoOne」

1.「緊急事態」に備えるなら、クラウドVDIの導入を検討しましょう

仕事をするためには必ず出社して、PCの電源を入れなければならない。端末がウィルスに感染したら、物理的にネットワークから切り離す必要がある――そんな環境のままでは、今後不測の事態が発生した際に事業継続が難しくなるかもしれません。とはいえ、いますぐ社員全員にモバイルPCを配布し、ネットワークとセキュリティを安全に構築することも難しい、といった事情もあることでしょう。そんななか現在注目が集まっているのがVDI、仮想デスクトップ環境です。

VDIとは

VDIとは仮想デスクトップ(Virtual Desktop Infrastructure)の略称で、ユーザーが利用するデスクトップ環境をネットワーク上に構築し、ユーザーには画面情報のみ転送するサービスです。スマートフォン・タブレット・PCと、デバイスを選ばずいつでもどこからでも同じ作業環境にアクセスできます。そのため、急にテレワークが必要になったなど、デバイスの準備が十分でない場合でも、比較的対応が容易です。
VDIには、クラウドサービス上にVDIを構築する「クラウド型VDI」と、オンプレミス機器にVDIを構築する「オンプレミス型VDI」があります。運用方法やセキュリティの観点などから、これら両方を使い分ける「ハイブリッド型」を選択することも可能です。

WVDとは

WVDはWindows Virtual Desktopの略称で、マイクロソフト社が提供するクラウドVDIの名称です。Azure環境を使用している場合、最短半日というスピードで、追加費用無しで1ユーザーから利用開始できるため、部門ごと、グループごとといった小さなセグメントからテスト的に利用開始することができ、いきなり巨額の投資をしてシステムを構築することが難しい中小企業にとって、魅力的なサービスになっています。緊急事態に備えるには、現時点で最適な選択肢のひとつといえるでしょう。

VDIの選び方

VDIが良いらしいことはわかったけれど、もう少し詳しく知りたい、という方は、ぜひこちらのページをご活用ください。
自社の業務に照らし合わせた場合、どのようなVDIを選べばよいかの簡易診断もついています。

今話題のVDIを徹底解説!自社に最適なVDIの選び方虎の巻

2.クライアントだけじゃない!システム基盤を「まるごと」クラウド移行するメリット

VDIを利用することで、急なテレワーク対応に柔軟に対応できるようになったとしても、物理的なシステム基盤が社内のままでは、システム管理者はサーバーの故障やウィルス感染時など、いざというときの出社を余儀なくされてしまいます。でも、クラウドは高すぎて利用できないから仕方ない、とあきらめてしまいがちですが、実は、高価と思われがちなクラウド費用を削減する「秘訣」があるのです。

システム基盤のクラウド化でコストを削減するJBCCのクラウド移行アセスメント

自社内でデータセンターを構築する場合、5年ごとにハードウェアの更新やOSの入れ替えが必要になるなど、ライフサイクルに応じた費用が発生します。また、不測の事態に備えた「バッファ」となる、余剰スペックも準備しなければなりません。
一方、システム全体をクラウド化した場合は、こうした更新費用が不要になります。また、クラウドでは急な利用のピークに応じて自動的にスケールアウトさせる機能があるため、余剰スペックも不要です。このような「無駄」を徹底的にそぎ落とすのが、JBCCがご提供しているクラウド移行アセスメントサービスです。実際、データセンターのクラウド化を実施した弊社のお客様は、平均20%~30%のコスト削減を実現しています。
現在Webで公開中のCloud Fitnessでは、5つの項目を入力することで簡易的にコスト削減割合を診断可能です。自社のコストがどのくらい削減できるかお試しいただけます。

cf.jpg
簡易診断実施中!Cloud Fitness

クラウドの運用を最適化する「EcoOne」

最適な状態でシステム基盤をクラウド化したとしても、ビジネスの状況により、「最適」の形は日々変化していきます。特にクラウドは「使った分だけ」の費用となるため、例えばテスト用に用意した環境をそのままにしてしまうなど、「使われていないのに放置されている」資産がある場合、無駄な費用を払い続ける可能性があります。そんな無駄なコストを見つけ出し、適切な対処方法を教えてくれるのが、JBCCの運用付きクラウドサービス「EcoOne」です。常に最適な状態でクラウドを利用したい、クラウドの利用状況を把握したいというお客様はぜひご検討ください。

【EcoOne導入事例】

全社システム基盤のクラウド移行を導入から運用までフルサポート
クラウドセキュリティによる万全の対策とともにサーバー運用負担を大幅削減

株式会社宇建 様

クラウドコスト最適化の秘訣を大公開!セミナー好評開催中

今回ご紹介した内容は、VMworld 2020 Japanでオンデマンド配信中の弊社セッションでも詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

【VMworld 2020 Japanにてセッション配信中!】

今注目のVMware Horizon® Cloud Service™ on Microsoft Azure with WVDで、快適でセキュアなテレワーク環境を構築する秘訣を大公開。無償クラウド移行コンサルテーションサービスで具体的な移行プランとコスト削減を提案するだけでなく、Cloud Health by VMwareに対応した独自のマネージドサービスの活用により、継続的なランニングコストの削減、最適な環境構成の維持、クラウド運用負荷の軽減方法までご説明します。

https://vmworld.jp/program/digitalworkspace/DW1419/

その他、VDIやクラウド運用に関する資料も公開しています。

JBCCスポンサーサイトはこちら

https://vmworld.jp/program/demozone/expo/26/


執筆者 宮根さおり

執筆者:宮根さおり Twitter_Social_Icon_Rounded_Square_Color.png

JBCC株式会社 マーケティング 

JBCCに新卒で入社し、システム・エンジニアとしてWebアプリケーション開発に従事。
家庭の事情で一度退職するが、2019年、マーケティング部門に復職。

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援する総合ITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 1,600社、超高速開発による基幹システム構築 360社、セキュリティ 1,000社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

EcoOne
株式会社宇建

株式会社宇建

全社システム基盤をクラウドへ移行、クラウドでも鉄壁のセキュリティと安定したシステム運用を実現

EcoOne VDI for Azure Virtual Desktop
EcoOne VDI for Azure Virtual Desktop(旧名称:Windows Virtual Desktop)

EcoOne VDI for Azure Virtual Desktop(旧名称:Windows Virtual Desktop)

「EcoOne VDI for Windows Virtual Desktop」は、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で提供される仮想デスクトップ環境「Windows Virtual Desktop」をベースとしたリモートワーク環境を提供するサービスです。

コスト削減見える化 JBCC Cloud Fitness
コスト削減見える化「JBCC Cloud Fitness」

コスト削減見える化「JBCC Cloud Fitness」

クラウド移行でコストダウンを実現!3か月後に30%減も夢ではありません!インフラ体脂肪率を測ってみませんか?