大量の紙データの入力から解放!AI-OCR × RPAで業務自動化を実現

公開日 : 2019年07月29日
更新日 : 2021年12月28日

大量の紙データの入力から解放!AI-OCR × RPAで業務自動化を実現

働き方改革 業務効率化 コスト削減

働き方改革の主な目的の1つは「生産性の向上」ですが、RPAなどのITを活用した生産性向上が進む一方で「紙」がボトルネックとなり、業務のデジタル化を思うように進められないといったことも多く見受けられます。

請求書と見積書例えば、大量の注文書や請求書の手入力は、大変な手間と時間が掛かります。

そんな手間は省いてしまいましょう

最近注目を浴びている「AI-OCR」は、AIの技術を用いて、収集した大量の文字データを学習し、高精度な文字認識を実現します。

AI-OCRとRPAを組み合わせて利用することで、今まで実現できなかった大量の紙データの入力業務からの解放、さらに前後の業務処理を自動化させることで、人為的ミスの防止、複雑な業務の効率化、人材リソースの再配分が可能になり、企業の生産性の向上に大きく寄与します。

人の仕事はルーティンワークから、どんどんクリエイティブなものにシフトさせていきましょう。

AI-OCR × RPAAI-OCRが注目される理由

AI-OCRが注目される理由(非定型帳票のよう見込みが可能、テンプレートの自動判別が可能、RPAとの連携がスムーズ)

JBCCではお客様のAI-OCR、RPA導入を支援するプログラムを多数取り揃えております

業務自動化検討クリニック(RPAのご相談)

業務自動化検討クリニック

ソフトウェアロボットをどのような業務で活用すれば良いのか、また導入にあたっての注意点など、不明な点が数多くあるかと思います。

業務自動化検討クリニックは、RPAの導入をご検討されているお客様に現状の課題整理と解決、次に何をすれば良いのかを一緒に検討し、明確化するお手伝いをさせて頂くセッションです。

既に多くのお客様に業務自動化検討クリニックをご利用頂いており、RPAを円滑に導入するお手伝いをさせて頂いております。

未だRPAの導入がお済みでないお客様はぜひ、業務自動化検討クリニックにお申し込みください。無料でのご提供メニューとなっております。

業務自動化検討クリニックの詳細を見る