クラウド移行検討の流れと考え方

公開日 : 2020年05月27日
更新日 : 2020年05月27日

クラウド検討にあたり、こんなシチュエーションに心当たりありませんか?

クラウド化でコストが半分になった事例を知り、「当社も可能だろう」と、IT部門にITコスト削減の検討を指示

IT部門がIT企業にクラウド利用を前提に提案を求めたところ想定外の見積もり金額に驚く

    • クラウドの稼働率は小数点以下の桁数が1つ増えれば、コストはざっくり10倍になる。
    • 稼働率99.999%以上を求めるなら、クラウドは必ずしも適切な選択肢とはいえない。
    • システムが絶対に変わってはならない場合も、クラウドは適さない。

「こんな方法やソリューションを活用したらどうか」とIT企業が提案

クラウド活用の知識や技術不足のIT部門は提案内容を評価できない

クラウド検討の考え方

cloud-migration_1.png

クラウド移行の流れ

cloud-migration_2.png

クラウド移行に迷ったら

クラウド移行には様々な移行フェーズや移行方式などがあり、どの方法が自社にとって最適かすぐに判断するのは難しいです。

そこで弊社では経験豊富なITドクターによる診断をおこなう「IT Modernizationクリニック」をご用意しています。

「IT Modernizationクリニック」では、お客様の用途や状況に応じた最適なITインフラ環境のデザインや、TCO削減レポートだけでなく性能分析、今後のリソース利用状況可視化など改善点を洗い出します。

クリニックは無料で実施しております。 クラウド移行に迷ったらぜひクリニックへご相談ください。

IT Modernizationクリニックの詳細はこちら