BI・Analytics(2019/12/20)
ダウンロードはこちら
ファイル1
多様な業種で活用が拡大中なぜ「IBM Cognos Analytics」は支持されるのか?(1.9MB)

データ分析に長けたユーザーのみならず、不慣れなユーザーに対しても有効な機能を持つBIプラットフォーム「IBM Cognos Analytics」。なぜ業種を問わず様々な企業に支持されるのか。IBM Cognos Analyticsのダッシュボードサイエンティストを担当する日本アイ・ビー・エムの木戸隆治氏と、同社のパートナー企業であり、データ活用の悩みを抱える顧客に対してIBM Cognos Analyticsを提供するJBCCの布川加奈子による対談から、その理由を探る。

ファイル2
分析をビジネス効果につなげられるBIツールご紹介(1.4MB)

データを手がかりにビジネスの現状を素早く把握し、施策の有効性を判断し、次なる改善策に結びつけ、生産性を高めていく── デジタルトランスフォーメーション(DX)が声高に叫ばれる今、データ活用をどれだけ有効、迅速に行えるかが企業の命運を決める時代となった。そこで、期待を集めるのがBI( ビジネスインテリジェンス)ツールだ。しかし、導入しても効果的に活用できている企業は実は少ない。
多くの企業が抱える悩みと課題を解消する特徴を備えたBIツール、それが「IBM Cognos Analytics」である。