ビジネススピード、業務改善スピードを大幅UP!超高速ノンコード・ローコード開発のススメ

※同業他社からのお申込みはご視聴をお断りする場合がございますのでご了承ください。

ビジネススピード、業務改善スピードを大幅UP!超高速ノンコード・ローコード開発のススメ

本セミナーはアーカイブ配信です。お申し込み後に動画の視聴URLをお送りします。

コロナ禍で浮き彫りになったDXの本質。それは、「素早く"変革し続ける"能力を身に付けること」、「ITシステムのみならず、企業文化(固定観念)を"変革"すること」です。
お客様の"変革"に必然的に追従するシステムの再構築には内製化・保守性を踏まえたシステム開発が必要です。
JBCCは、長年培ったノーコード・ローコード開発を用いた「JBアジャイル開発」により"変革し続ける"をご支援します。
お客様の"変革し続ける"に、なぜ「JBアジャイル開発」が多数の企業に採用されるのか、これまでの実績・事例を踏まえ、経営・業務部門・システム部門の方を問わずお伝えします。

セッション内容

Session 1

「JBアジャイル開発」がお客様の"変革し続ける"にもたらす価値

DXレポート2では、"変革し続ける"には「環境変化を把握し、迅速に製品・サービスを市場に提示しつつ検証し続けるための内製アジャイル開発体制の確立が必要」と言われています。
"変革を具現化する"ためには、一般的なアジャイル開発の課題が解決され、さらに実績をもとに洗練されたアジャイル開発が必要です。
JBCCでは、いち早く7年前から取り組んでいるノーコード・ローコード開発の実績から「JBアジャイル開発」という、どこよりも早く、必ず成功に導く独自の超高速アジャイル開発手法があります。
お客様業務部門の方、システム部門の方、JBCCの三位一体で進める「JBアジャイル開発」によって、お客様の"変革し続ける"にどのような価値をもたらすのかご説明します。

講師:JBCC株式会社
上級SAD 理事 鈴木 康広

Session 2

「JBアジャイル開発」、「ノーコード・ローコードツール」で"変革を具現化"

ご参加いただいたお客様に"変革し続ける"ことに対して具体的なイメージをお持ちいただくために、「JBアジャイル開発」の内容をご説明するとともに、ノーコ―ド・ローコードツールである「GeneXus」、およびサイボウズ社の「kintone」を活用した適用事例を複数ご紹介します。

講師:JBCC株式会社