製造現場におけるシステム課題 事例公開!~EDI更改、脱レガシー、脱アナログ業務、部門間連携~

0804_Seizo_Top.png

製造業において近年人材不足も深刻な課題としてあげられていますが、 そのような状況下でも品質を維持するためには作業の効率化が非常に大切です。 そして、根本的な「カイゼン」をするためには現場の業務の見える化をし実態を把握すること、 また現場との認識のズレをなくしていく必要があります。

本セミナーでは、そういった「作業の効率化」・「現場との認識のズレをなくす」ためにシステムはどのように対応していくべきなのか?、また昨今「DX」が叫ばれておりますが、製造業としてこの「DX」にどのように向き合うべきなのか、脱レガシーをしていくべきなのかを実際に製造業のお客様と接している営業やお客様の言葉で語られる事例を通じてご紹介させていただきます。事例セッションでは大手食品メーカーのネスレ日本様にご登壇いただきます。


セミナー内容

Session 1

15:05~15:35
製造業専任営業が語る!今すべきDXとは

<内容>

「DXに取り組まないとと言われるけれど、なぜDXに取り組まねばならないのかがわからない」「よく目にするDXの成功事例が自社になじみがないものが多く、どう進めたらいいのかわからない」と お感じの方も多いのではないでしょうか?
JBCCで製造業を専任している営業が、自動車サプライヤー85社と対話して導き出されたDXへの足掛かりのヒントをご紹介いたします。

講師:JBCC株式会社

Session 2

15:35~16:15
あらゆる部門で今すぐ始められる!kintoneで現場主導のDX

<内容>

「顧客ニーズや案件の進捗情報が部門を越えて共有されない」「アイディアやナレッジ、ノウハウがチームで蓄積されていない」などのお悩みはありませんか?
効果的かつスピーディーにDXを始める鍵のひとつは"部門間連携"にあります。
本セッションではユーザー事例やkintoneアプリアイディアのデモを交えながら、製造業のあらゆる部門において現場主導でDXを進めるためのヒントをご紹介します。

講師:サイボウズ株式会社

Session
3

16:15~16:35
守りのITから攻めのITへ​~クラウド技術を使った、新しいビジネス価値を創造する組織への変革~​
AS/400 EDIシステムのクラウド移行​


<内容>

20年以上運用しつづけ、度重なる追加開発により複雑化・属人化してしまったSAP周辺システムを1年でオープン化。
運用保守が中心となっていたIT部門が、外部リソースを活用したことで「ITソリューションを創出する部門」へと変わった事例をお話しいただきます。

講師:ネスレ日本株式会社

*開催時間はセッションと質疑応答を含めた時間です。

*お申込者の方にはセミナー参加用 URL をご案内いたします。
下記の方法でご参加いただく必要があります
1.Zoomクライアントをインストールして参加
2.ブラウザから参加

*前提条件は以下の通りです。
• Microsoft Edge 38.14393.0.0以上
• Google Chrome 53.0.2785以上  
上記ブラウザ以外をご利用の方はご相談ください。


*参加費:無料
*講師及び講演内容は都合により変更になる場合がありますので予めご了承下さい。
*ご同業の企業様のお申込みは締め切り前であってもお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。