PAGETOP

JBCC Software Defined Storage ソリューション

様々なストレージベンダーが、意欲的なテクノロジーを次々に市場に投入しています。
一つの流れとしてストレージ機能をソフトウェアで実装する、Software Defined Storage(SDS)があります。
浸透した仮想サーバ環境上で動作し外付けストレージの様に振舞う製品もあります。
JBCCではマルチベンダーとして、最適なストレージソフトウェアとハードウェアを組み合わせ、より柔軟にお客様にマッチしたご提案を致します。

課題と解決

ソフトウェアによるストレージ

ソフトウエア・デファインド・ストレージ(SDS)は、外付けストレージの機能を仮想サーバで提供するソフトウエア製品であり、将来シェアが増化していくことが予測されています。SDSを使えば、単なるサーバ内蔵ディスクには無い、ストレージ・ベンダーの先進的な機能を低コストで実行できるというメリット があります。JBCCでは、SDSを使った先進的なシステムをお客様へご提案致します。

ソリューション

JBCC Software Defined Storage ラインナップ

現在、市場のSDS製品は2つに大別することができます。
Hyper Converged
x86サーバとSDSソフトウエアがアプライアンス(コンピュートリソースとストレージ)として提供されるSDS製品で、インフラ環境を比較的手軽に調達でき、特にVMwareのVSANを使えばソフト調達先を一本化できます。
Software Defined Storage
x86サーバとSDSソフトウエアを自由に組合わせて設計できるので、ハードベンダー選択自由度がより高く、システム要件に沿って独自機能を盛込む余地があります。

サポート&サービス

提案からサポートまで、一貫したサービスをお届けします。

まず、お客様のお話をおきかせください。
お客様の環境と目的を考え最適な提案を考えます。
サーベイ、導入からサポートまで安心をお届けします。


ストレージクリニック

実際のシステムに最適なストレージやソリューションを選択するにはお客様の環境をふまえたノウハウを必要とします。また既存システムでもストレージについてお悩みの方がいらっしゃるのではないかと思います。 JBCCではストレージの豊富なノウハウ・知見を活かした相談窓口を設けております。ストレージのドクターが全国どこにでも駆けつけ、お客様のお悩みを診断・解決します。