<導入事例>Cloud戦略箱

kannosangyo_case_tytle.png

kannosangyo_top_2.JPG

 

 

お客様:菅野産業株式会社様

設立:1980年7月

本社:宮城県仙台市

資本金:3,000万円

事業内容:建築金物の卸・販売・施工他

URL: http://www.kanno-hardware.co.jp/

 
kannosangyo_logo.jpg
 

 

■ポイント 

  • 営業活動の可視化とスピーディな情報共有という課題を解決
  • 使いたい機能に絞って始められ、画面もシンプル
  • 機能追加や事業の拡大にも柔軟に対応する拡張性の良さ

 

建築用金物の販売・施工を営む菅野産業様株式会社様では、これまでの仕事のしかたを大きく変え、スピード経営を目指す事業変革をスタートしました。業界ならではの背景を克服し社員の意識を変えるため、どのようなことを行ったのか、代表取締役社長 菅野 彰 氏にお話を伺いました。

 

目次 

1.東北6県の公共施設などに建築に最適な商品を提案
2.スピード経営に向け事業変革に取り組み始めた理由
3.営業支援ツールは、機能が多すぎると逆に使いこなせない
4.使い始めたら、徐々に営業の意識が変わってきた
5.情報スピードを当社の強みとし、成長していきたい

 

 

東北6県の公共施設などに建築に最適な商品を提案

kannosangyo_02.JPGのサムネール画像

仙台市の本社。東北6件を中心に、駅や商業ビル、病院など多くの実績がある。

 

最初に、菅野産業様についてお聞かせください。 

 

当社は、東北6県を中心に、建築金物の販売、卸、施工等の事業を展開しています。建築金物の販売から工事まですべてを請負い、お客様の"かゆいところに手が届く"丁寧なサービス提供をモットーとしてきましたが、その姿勢が認められ、お客様に信頼いただけるようになってきたと思います。

 

 

 

 

 

 

スピード経営に向け事業変革に取り組み始めた理由

kannosangyo_03.png

代表取締役社長 菅野 彰 氏 

 

そのような中、事業変革に着手されたのにはどのような背景があったのでしょうか?  

 

私が社長に就任してからの4年間、当社の事業自体はおかげさまで好調でした。しかし、社内にはまだまだマンパワーに頼る古い体質が残っており、将来を見すえて仕事のしかたを変え、効率化を図っていかなければならないと感じていました。

 

 

変えようと思った"体質"とはどのようなものですか?

 

当社の商圏は東北一円に及ぶため宿泊を伴う出張も多く、営業は帰社後にまとめて記入するのが常で、私がそれを読む頃にはすでに情報が古くなってしまっています。そのせいでお客様の状況に応じタイムリーで的確な指示が出せないこともたびたびありました。

 

お客様や商談の状況がタイムリーに把握できないと、経営判断に大きな支障も出かねませんね。

 

はい、そうです。商機につながりそうな良い情報も遅れて耳に入ってきますし、何もかもが後手に回っている状態でした。社長である私自身がビジネスのスピードについていけず迅速な経営判断もできない、このままではいけないという焦りを感じていました。

さらに、工事を委託している職人さんとは、電話とFAXでのやりとりが主体になります。工事のスタート時に材料や資料、図面などを提供するためにやりとりをした後いちど現場に入ってしまうと、工事の進捗状況は後追いでしかわからなくなる。営業が現場まで行かないとリアルタイムの進捗が把握できない状況には困っていました。



 

 

 

 続きを読む

  * JBCC 俺のクラウドサイトへ遷移します

 

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ