<導入事例>CloudEC

title_koiwai.png

top_koiwai.JPG

お客様:小岩井乳業株式会社様

小岩井乳業株式会社は、「小岩井まきば」牛乳、「小岩井生乳100%ヨーグルト」など各種乳製品の製造・販売を行う企業です。同社の歴史は1891年(明治24年)に岩手山南麓に農場を開墾したことから始まり、1976年(昭和51年)には現在の「小岩井乳業」が設立され、今に至ります。従業員数339名、年間生乳処理量 約55,000トン。

casestudy001_2.jpg

■ポイント

- 既存システムをクラウド化

- 牛乳販売店様に負荷をかけずにリニューアル

- 一番の決定ポイントはCloudECのカスタマイズの柔軟性

小岩井乳業株式会社 情報システム部 部長 鎌田 出 氏、情報システム部 情報システム担当 部長代理 川口 賢一 氏にCloudEC(by GMO MakeShop)を導入した経緯とその効果について詳しくお聞きしました。

目次 
  1. 牛乳販売店様向け『WEB発注システム』としてCloudECを活用
  2. 既存システムをCloudECに切り替えた経緯
  3. 従来システムはオンプレミス型だったため、維持管理が高コスト
  4. 新システムに求めた要件
  5. CloudECを選んだ理由
  6. CloudECへの評価
  7. 仕入れサイトは「実用第一」
  8. 今後の期待

牛乳販売店様向け『WEB発注システム』としてCloud ECを活用

貴社ではCloudECをどのように活用されていますか。

当社では、CloudECを「全国400店の牛乳販売店様向け『WEB発注システム』(法人向けECサイト)」として活用しています。概要は次のとおりです。

項目 内容 備考
利用者(発注者) 牛乳販売店様 - 全国400店(卸を含む)
発注件数 年間10万件(※) ※現在の1日平均発注数300件より試算
-注文は小岩井乳業に直接届きます
利用サービス CloudEC - クラウド型
- 2015年7月より利用開始
販売管理システムとの連携 「受注データ」「商品マスター」の受け渡し - CloudECのデータ連携オプション「Qanat2.0」を活用
- 汎用機(AS400)とCloudECの間でデータ連携(CSV経由)
- 受注データ受け渡しは1分に1回(CloudEC→AS400)
- 商品マスター受け渡しは1日1回(AS400→CloudEC)

今回のシステムは、2008年に構築し、その後6年間使い続けたものを、2015年にクラウド型のCloudECに切り替えることによりリニューアルしたものです。

既存システムをCloudECに切り替えた経緯

「WEB発注システム」をリニューアルした経緯を教えてください。

小岩井乳業では30数年前、1980年代から「仕入発注のシステム化」を推進してきました。そして2005年頃までに確立したのが、大手流通会社様向けには「EDI」、牛乳販売店様向けには「FAX」という2つの仕入発注の仕組みです。

その過程で2002年に導入したのが「FAX OCR型の 仕入発注システム」です。牛乳販売店様からはFAXで注文を受け付け、それをシステム側で自動読み取り(OCR)し、読み取った受注データを販売部門、出荷部門に受け渡す...という形で商品受注・出荷の業務を行っていました。

しかしFAX受注を確立した直後、2005年頃から社会全体でインターネットの活用が一般化してきました。もともとFAX受注には多くの問題がありました。具体的には、「受注・販売管理・出荷など他の業務プロセスのIT化、データ化が進んでいるのに、受注媒体だけFAX(紙)であるのは非効率」、「OCRによる読み取りはいくら高精度であっても完璧ではない(読み取り精度は95%を超えてはいるが、それでも5%程度は誤りがある)」など不都合があったので、当社としても注文形式はできれば「WEB注文(データ)」が望ましいと考えました。

その後2008年に、そのシステムのWEBオプションを使って、牛乳販売店様向け「WEB発注システム」を構築しました。システム普及のために、各販売店様に直接出向いてご説明するなど地道に努力した結果、新システムは着実に浸透し、その結果、「FAX発注の減少、WEB発注の増加」という当初の目的を実現することができました。

しかし同システムを使い始めて6年が経った2014年に、今度は別の問題が顕在化してきました。

続きを読む

* JBCC 俺のクラウドサイトへ遷移します

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ