<導入事例>Cloud放送局

case_m004-1.PNG
casestudy_smt.png

お客様:株式会社松竹マルチプレックスシアターズ様

設立:1996年5月

本社:東京都中央区

事業内容:映画館の企画・開発、建設 他

URL: http://www.smt-cinema.com/

logo_smt.png

■ポイント

- ショッピングセンターと連携した、お客様を増やすアイディア

- 配信場所と設置場所が離れていてもOK

- 全国への配信は本部で担当、現場に負担をかけない運用が可能

全国にシネコンを展開する株式会社松竹マルチプレックスシアターズ様には、これまで3カ所にmot!VISIONをご採用いただいています。導入の決め手や、実際の使い方について、劇場宣伝室の山縣室長と、コンテンツ企画・配信などmot!VISIONの運用を担当されている劇場宣伝室の植岡様にお話を伺いました。

目次 
  1. 地域に根ざした施設へのシネコン展開
  2. フードコートに設置したディスプレイで映画情報を放映
  3. 導入の決め手は、離れた場所への配信が可能なことでした
  4. 通常は本部で一括配信 急なリクエストには各劇場でも対応が可能なようにしています

地域に根ざした施設へのシネコン展開

hiezu.png

MOVIX日吉津では、多くの人の目に留まるショッピングセンターの通路に配置

最初に、松竹マルチプレックスシアターズ様についてお聞かせください。

当社は、シネコンを中心とした映画館を全国で運営しています。シネコンという業態には早くから進出しており、全国20カ所にMOVIX(ムービックス)ブランドの劇場を、都市部を中心にピカデリー、東劇、神戸国際松竹を展開し運営しています。

MOVIXに関しては、ショッピングセンターなど、地域に根ざした施設への展開が中心になっています。

フードコートに設置したディスプレイで映画情報を放映

現在、MOVIX日吉津をはじめ3カ所でmot!VISIONをお使いいただいていますが、具体的にはどのように使っていらっしゃいますか?

いずれも、劇場が入居するショッピングセンターなど母店様の店内スペースにディスプレイを設置しており、映画ポスター画像、その予告編、当日の上映時間がオールインワンで認知できる形で放映しています。

また、映画キャラクターイベントや、映画関連のショッピングセンター共催イベントの情報発信ツールとしても、来場者の意欲喚起にとても役だっています。

MOVIX日吉津ではフードコートにディスプレイを設置していますが、スピーカーを併設して音も出るようにし、より多くのお客様に見ていただけるように工夫しています。

ショッピングセンターのお客様を劇場へ誘導するのですね?

はい。ただし、単にショッピングセンターから劇場へ誘導するだけではありません。映画の半券を持っていくと商品やサービスが割引になる半券サービスを実施して、劇場からショッピングセンター側へも誘導し、相互のメリットを実現しています。

続きを読む

* JBCC 俺のクラウドサイトへ遷移します

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ