<導入事例>Cloud放送局

kakoro_title.png
kakoro_web_top.jpg

 

 

お客様:中華料理 華香楼 蒲田西口本店様

設立:1997年6月

本店:東京都大田区

事業内容:中華料理店

従業員数:12名

 
kakoro_03.jpg

 

■ポイント 

  • お店の前を通る 潜在的なお客様の目をパッとひく
  • 操作が簡単で 機器に関する特別な知識が不要
  • コンテンツの差し替えや急なメニュー変更も手間いらず

 

華香楼蒲田西口本店様では、新規のお客様獲得と宴会ルームの利用促進が課題となっていました。馴染みのお客様には頻繁に来ていただけるものの、店内が見えにくい構造のため初めてのお客様がなかなか入りづらく、宴会ルームの存在もあまり知られていませんでした。今回ご導入いただいたCloud放送局でどのようにこの課題を解決されたのか、副社長の渡辺 理恵子 氏にお話を伺いました。

 

目次 

1. 中華料理の激戦区 蒲田駅前で20年
2. 新規のお客様獲得が悩み
3. 操作が簡単で運用もラク 手間がかからないことも決め手に
4. 商店街のつながりに貢献できる使い方をしていきたい

 

 

中華料理の激戦区 蒲田駅前で20年

はじめに、華香楼様についてお聞かせください。

 

当店は、1997年にここ蒲田駅西口に本店を構えました。2003年には蒲田駅東口店もオープン。蒲田の街の多くのお客様にご愛顧いただています。

東口は深夜も営業を行う店舗として、こちら西口本店は宴会も可能な設備を備えた店舗として、それぞれ特色を持たせて営業しています。定番の餃子や五目焼きそばなどのほか、"フカヒレの姿煮込み"や特製の醤油とネギのソースを使った"イカの香り醤油がけ"も人気が高く、おすすめのメニューです。

 

 

kakoro_04.JPG

戦後発展し、ドラマの舞台とも
なったこともある蒲田西口商店街は、店舗数も多くにぎやか。

 

kakoro_05.JPG

商店街からほど近い場所にある店舗の前は人通りも
多い。

 

 

 

新規のお客様獲得が悩み

お客様はどのような方が多いのですか?

 

以前からお馴染みのお客様がほとんどです。長年通って下さっているお客様もいて、大変ありがたく思っています。ただ、なかなか新規のお客様に来ていただくことが難しく、それが悩みの種でした。

  

なぜ新規のお客様の来店が少ないのでしょうか?

 

通りからお店の中が見えない構造なので、初めてのお客様にとっては入りづらいのではないかと思います。蒲田西口商店街という大きな商店街に近く、人通りも多い良い立地なのですが。

 

新規のお客様を増やすために、何か策を講じていらっしゃいますか?

 

有料のグルメサイトに掲載しています。一定の効果はあるのですけれども、何か他にも、お客様を増やす手段がないかと思案していました。

 

 

kakoro_06.jpg

店内奥にある個室の宴会ルーム。

 

そうですね。お店の前を通る人たちは大切な"見込み客"でもあります。せっかく人通りがあるので、なんとかその方たちに入ってきていただきたいところですよね。

 

そうなんです。それに、奥に宴会のできる個室があることも外からではわかりません。カラオケも完備した個室なのでぜひご利用いただきたいのに。

 

そんなお悩みをお持ちのところへ、当社がCloud放送局をご紹介させていただいたのですね?

 

はい。タイミングも内容もよい提案でした。それまでは、電子看板の営業の人が来てもすべて断っていたんです。当店には必要ないと思っていたものですから。

 

 

 

 

 続きを読む

  * JBCC 俺のクラウドサイトへ遷移します

 

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ