<導入事例>Cloud放送局

FETEC_TopUp.png

FETEC_top.png

お客様:富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社様

設立:1983年 7月 1日

本社所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい

事業内容: エンジニアリング業界向けソリューションサービス、設備保全管理システム (FUJITSU Enterprise ApplicationPLANTIA)・建設業向け会計システム(J+ComFITs)・ 積算・原価管理システム(BEStPRO シリーズ)の開発・販売

ホームページ: http://www.fujitsu.com/jp/group/fetec/


■ポイント

  • プッシュ型の情報共有で社内のコミュニケーションを改善

  • 社員の7割以上が効果を実感

  • 発信者を増やす。が成功の鍵

富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社様には、社内のコミュニケーションを活性化させるためのツールとしてJBCC 俺のクラウドシリーズ「Cloud 放送局」をご採用。プッシュ型社内メディアとしてご活用いただいています。情報共有ツールが揃っているなかであえてデジタルサイネージを設置した狙いと効果について富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社 新ビジネス推進室 室長の宇高大造様、Web マーケティング担当の大里僚様に伺いました。

目次 

1. エンジニアリング力、プロジェクトマネジメント力で事業を推進
2. 「情報共有ツールがあるのに情報が共有されない」という問題を
  解決するために導入
3. 「情報を発信したい」という思いが「楽しめるコンテンツ」を作る
4. コミュニケーションをより豊かにするために、もっと発信者を増やしたい

エンジニアリング力、プロジェクトマネジメント力で事業を推進

まず始めに富士通エンジニアリングテクノロジーズ様の手がける事業についてお聞かせください。

FETEC_1.png

FETEC_3.png

サイネージは動線エリアに設置し、仕事へ集中するのを邪魔せず、
効率よく情報を伝達するように工夫されている

宇高:当社は1983 年に日揮株式会社の情報システム部門が独立してできた会社です。2016 年に日揮株式会社から富士通株式会社に全株式が譲渡され、富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社に名称を変更しました。
主な事業としてはエンジニアリング業界向けソリューションサービスと各種製品パッケージを提供しています。製品には「設備保全管理システム(FUJITSU Enterprise Application PLANTIA)」「建設業向け会計システム(J+ComFITs)」「建設業向け積算・原価管理システム(BEStPRO シリーズ)」があります。日揮株式会社時代に培った化学プラントや重工エンジニアリング業界の知見と約200 社もの工場向け設備保全管理システムを支援してきたノウハウを活かしたエンジニアリン力とプロジェクトマネジメント力が強みです。

情報共有ツールがあるのに情報が共有されない」という問題を解決するために導入

社内にデジタルサイネージを導入するきっかけはどのようなことだったのでしょうか。

大里:もともと社内で情報が共有できてないことが問題としてありました。当社ではいくつかのプロジェクトに分かれて仕事をしています。プロジェクトが違うとお互いの顔と名前が一致しないこともあり、社員同士のつながりが希薄でした。

宇高:経営幹部のメッセージや社内イベント等の周知が浸透していないという問題もありました。そこでコミュニケーションを活性化するための対策としてデジタルサイネージを導入することに決定しました。

なぜコミュニケーション活性化ツールとしてデジタルサイネージを採用したのでしょうか。

宇高:実は伝わっていない情報のほとんどは社内イントラで閲覧できるようになっています。それなのに社員は意外と社内イントラを見ていない。情報を共有する手段があるのに情報が社内に浸透していないことが問題でした。

大里:そこでプッシュ型で情報を伝えるデジタルサイネージに注目しました。デジタルサイネージで情報の概要を知り、詳細の情報は社内イントラで確認するように誘導したいと考えていました。

デジタルサイネージの導入にあたり経営層の理解は得られたのでしょうか。

宇高:当社には「スモールスタートでとにかく始めてみよう」という社風があります。また、当社は富士通の持つ技術や文化を取り入れようという目標を持って富士通グループになりましたが、このユニークな取り組みは反対に当社から富士通グループへアピールできるモデルケースとして経営層の注目度も高かったです。そのため、さまざまな角度から議論はしましたが、すんなりと理解を得ることができました。

数ある製品の中でCloud 放送局を導入した決め手はどこにありましたか。

宇高:導入にあたっては数社の製品を比較しました。その中でCloud 放送局を採用したのは操作が簡単で、運用が具体的にイメージできたのが大きかったですね。クリックするだけのシンプルな操作で配信できるのが魅力でした。価格がリーズナブルだったこともメリットでしたね。2016 年度の上期にお試しで1 台導入しましたが、操作に迷うことがなく、スムーズに運用できると実感しました。そこで下期から4 台に増やして本格運用を開始しました。

続きを読む

* JBCC 俺のクラウドサイトへ遷移します

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ