<導入事例>俺のクラウド

case_title_advance.PNG

casestudy_orecl_advance_top.png

お客様:株式会社アドバンス様

設立:1987年3月

本社:大阪府東大阪市

事業内容:農産食品、水産食品、畜産食品及び缶詰・壜詰食品の販売及び輸出入、その他

URL: http://www.ad-vans.co.jp/

casestudy_orecl_advance_2.jpg

■ポイント

ビジネスの可視化とスピードアップ

- 経営判断のために情報を可視化

- 新規事業展開にもスピード対応可能な柔軟性を確保

- "いつでもどこからでも"情報にアクセスできるしくみ

株式会社アドバンス様には、JBCCの俺のクラウドシリーズ 「俺のクラウド・ベースサービス(クラウド基盤)」「NX販売支援(販売管理システム)」「SmartBI(情報活用)」 「CloudEC (by GMO MakeShop)(ECサイト)」などの運用付きクラウドサービスをご採用いただきました。ECサイトは運用を開始、他のサービスについては現在導入中というなかで、採用をご決定いただいた背景や、将来への思いなどについて、代表取締役社長 磯田雅人氏、営業企画 経営企画 部長 岡田晋輔氏にお話を伺いました。

目次 

1.大豆もやしのトップブランドに
2.ビジネスの成長のためにどうしても解決したいことがあった
3.クラウドなら社長の思いにも応えることができる
4.「挑戦はあたりまえ」 食に対する安心・安全を追求

大豆もやしのトップブランドに

casestudy_orecl_advance_5.jpg
人気の高いオリジナル商品。もやしのためのタレ。

磯田社長、最初に、株式会社アドバンス様についてお聞かせいただけますか。

当社は、「食」を通じお客様の生活を豊かにすることを目指し、自社製品をはじめとした食品の販売・輸出入を中心に事業を展開しています。もともとは、関西の大手スーパーの仕入を担う会社でしたが、2年前に、これまでの体質を変えて「前に進もう」という決心し、新しくいろいろな取り組みをスタートさせました。

中でも、大豆もやしに関しては、かつては取引先から品質の低さを指摘されることもあったくらいでしたが、品質と生産性を向上させ、ブランド認知の取り組みを全力で進めた結果、1年で黒字化を達成。規模は大きくはないものの、トップブランドのひとつに成長しつつあります。

ビジネスの成長のためにどうしても解決したいことがあった

そのような改革に取り組まれたのには、何か背景があったのですか?

はい。背景としては、私自身の経験が大きく影響しています。

まず、私が社長に就任した3年前には、社内には経営の指標となる数値が見える化されておらず、その元データを入手することすら難しかった。私はITの知識がそうあるわけではないのですが、数値やデータを活用することの重要性は、以前スーパーの流通部門や商品部にいた頃の経験でよく知っていましたから、まず情報の可視化が急務だと感じ、その対応をスタートしました。

casestudy_orecl_advance_3.jpg

"いつでもどこからでも"情報にアクセスし、疑問はすぐに解決したい。

次に重要だと思われたことは何ですか?

可視化した情報を"いつでもどこからでも"入手できることです。

経営者なら同じように感じる方が多いと思いますが、気になったことはその場ですぐに知りたい。経営者として、"経営判断"という業務をこなさないといけないですから。

今、私がある数字を知りたくなったとします。そうしたらまず、社員にLINEかメールしますね。で、LINEならすぐに既読にならないと電話をかけて聞いちゃう。・・・まあ、そんなふうに社員に聞いてもいいのですが、昨今はスマホさえあればどこからでもアクセスできますから、自分でもすぐに情報を見られるしくみにしたいと思ったわけです。

続きを読む

* JBCC 俺のクラウドサイトへ遷移します

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ