紙による帳票管理の課題

請求書や納品書などの印刷・郵送作業や、ハンコを押すために出社など、紙業務がネックとなってテレワークができない、業務効率化が進まないといった課題をお持ちの企業も多いのではないでしょうか。JBCCでは、帳票を電子化して取引先にお届けできるソリューションで、スピーディに業務のペーパーレス化を実現します。

紙による帳票管理の課題

紙帳票の問題点

紙業務があるため出社する必要があり、テレワークができない
コストがかかる
ミスの確率が高い
物理的な場所の確保が必要

ペーパーレス化によるメリット

テレワーク率向上
コスト削減
業務の効率化
タイムリーな情報共有
セキュリティ強化

帳票ペーパーレス化の事例

帳票配信サービスと連携し、請求業務の自動化を実現
新たな価値の創造のために、取引先を含めた完全デジタル化を目指す
オザックス株式会社様

ozax_TOP.png

事例を見る

クラウドプラットフォーム「おまかせ請求」の導入により
請求業務ペーパーレス化と業務改善の基盤づくりに成功
JBCCホールディングス株式会社(JBグループ)

JBCC_omakaseseikyu.jpg

事例を見る

おすすめワークショップ

経理財務DXワークショップ

経理財務DXワークショップ

JBCCの「経理財務担当者」より、弊社で実践しているDXのご紹介やディスカッションを行います。貴社がDXを進める上でのヒントを掴んでいただければと思います。

詳しく見る

業務センターDXワークショップ

業務センターDXワークショップ

コロナ禍により急速にDX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が高まっています。特に業務支援部門において具体的な進め方を悩まれているお客様は非常に多くなっています。
そこで、JBCCで実践しているデジタル化についての実例を「業務センター担当者」よりお話しさせていただきます。そこから貴社デジタル化のヒントを掴んでいただければと思います。

詳しく見る

業務全般DXワークショップ

業務全般DXワークショップ

お客様の現状把握と課題を確認し、次にどのステップへ進めばよいかをご支援いたします。

詳しく見る

請求書・納品書のペーパーレスを実現するソリューション

おまかせ請求

おまかせ請求

納品書や請求書などの領収書など紙の帳票をクラウドに取り込みポータルだけで管理できるサービス。要望に応じて、カスタマイズや機能追加も可能。
「個別に開発したようなサービスとして月額の利用料金で提供できる」ことをコンセプトにしたデジタル業務ソリューションです。

詳しく見る

kintone

kintone

誰でもかんたんに業務アプリが作成できるアプリ構築プラットフォームサービスです。
アプリケーションはドラッグ・アンド・ドロップで作成でき、複数の業務アプリやデータベースをプログラミングなしでかんたんに作成できます。

詳しく見る

@TOVAS

@TOVAS

帳票データ(PDF、CSV等)を配信するクラウドサービスです。
簡単な設定で、受信先や帳票に合わせた送信手段の使い分けが可能です。

詳しく見る

コラム
業務効率を上げてテレワークもスムーズに!帳票電子化のメリットとは?

業務効率を上げてテレワークもスムーズに!帳票電子化のメリットとは?

働き手不足による業務効率の向上やテレワークへの移行など、企業内部の改革が迫られている昨今。環境が変わった今、どのようにすれば業務をスムーズに行えるかは、企業にとって悩みの種なのではないでしょうか。そこでおすすめの方法が「帳票の電子化」です。今回は帳票電子化のメリットについて、ご紹介します。

コラム
ペーパーレス化が企業にもたらすメリットと推進ポイント

ペーパーレス化が企業にもたらすメリットと推進ポイント

ペーパーレス化をすでに実現した企業では、電子化された文書により効率的に業務を進め、テレワークの実施をはじめとするペーパーレスの強みを活かした取り組みを始めています。ペーパーレス化は企業にどんなメリットを与え、推進にあたってはどのような点に留意すべきなのでしょうか。今回は、社内文書のペーパーレス化にあたり押さえておきたいポイントをご紹介します。

コラム
【脱ハンコ・脱紙業務の進め方】Withコロナ・Afterコロナの働き方を見直そう

【脱ハンコ・脱紙業務の進め方】Withコロナ・Afterコロナの働き方を見直そう

脱ハンコ進んでいますか?本記事では捺印が必要な書類と必要ない書類を分類し、それぞれに対応したサービスをご紹介しています。脱ハンコを進めたい方はぜひ記事をご覧ください。