次世代EDI時代の到来!!
連携ニーズが高まるビジネス最前線を支える「NX EDI」

「NX EDI」は、JBCCの運用付きクラウドサービスと、株式会社データ・アプリケーションのEDI(電子データ交換)に特化したソリューションを融合したのサービスメニューです。

概要

通信手段として従来から利用されてきたISDNのデータ通信が2024年に終了となることが発表され、 インターネットを利用した次世代EDIの普及が急速に広がっています。

「NX EDI」は、企業間電子商取引に求められるあらゆる機能と、24時間365日ノンストップ運用を担う高可用性、信頼性を備えたEDIサービスです。

国内外問わずインターネットを介したEDIを実現する様々な通信プロトコルと様々なデータフォーマットに対応したデータ変換機能を提供し、国内EDIはもとよりグローバルEDIも合わせ支援し、お客様の売上拡大とコスト削減に貢献します。

NX EDI 概要


国内はもちろん海外の取引先とのデータ連携もシームレスに実現

受発注、見積、決済や入出荷といった企業間で行われるデータ交換は正確さとスピードが求められ、また、このデータを元にしたメーカーごとの販売実績や在庫情報などベースとなる情報活用に利用されることから、企業間電子商取引の重要性が高まっています。

NX EDI は、業種業態に関係なく、企業間のデータ連携をスムーズに行う環境を容易に構築できます。取引先の拡大やそのメッセージの種類の増大、さらには世界規模での取引を踏まえた次世代EDIへの対応を1つのサービスで実現します。

業務の自動化と高度なデータ交換

従来、電話・FAXなどの手作業で行われてきた受発注業務ですが、最近は「発注の小口化」や「多頻度化」による送受信の件数が増大、また「サービス時間の拡大」といった課題解決にも、EDI業務を正確かつ迅速に行う必要があります。EDIの導入は、業務プロセスを自動化することができ、作業効率を大幅にアップし、入力ミスといった人的ミスも低減します。

NX EDI は、あらゆる形態のデータ変換やフォーマット変換を実現するエンジンを搭載していますので、各企業毎に異なるデータ交換やフォーマット変換を確実かつ正確に実現します。

NX EDIの特長

  • 運用付きクラウドサービスで、日々の運用・監視業務が不要
  • 従来型EDIから次世代EDIまで幅広い通信プロトコルに対応
  • 多種多様なデータフォーマットに対応
  • GUIのマッピング・ツールでデータ/フォーマット/コード変換の設定が可能
  • スケジューリング機能による運用が可能
  • データ交換に合わせた業務プロセスの実行が可能


【このような課題をお持ちのお客様へ】

  • 受発注の小口化・多頻度化によるシステム負荷を軽減したい
  • 取引先や通信手順毎に複数のEDIシステムを一元管理したい

【概要図】

NX EDI 概要

関連サービス


「俺のクラウド」で提供する販売管理サービス「NX販売支援」やe-コマースサービス「CloudEC」等を組み合わせて利用することで、シームレスにデータを連携し、企業間取引の省力化とスピードアップを実現します。


NX EDI 関連サービス

活用事例の紹介はPDFをご覧ください。

資料をダウンロードする

コラム
2024年1月に固定電話がIP化!約40万社がシステム再点検の必要あり!

2024年1月に固定電話がIP化!約40万社がシステム再点検の必要あり!

いよいよ、国内の固定電話回線網も完全IP化が進むこととなりました。民間の家庭ではこれによる大きな変化はない状況ですが、実はISDN回線を利用したサービスというのは依然として取り残されています。2024年に迫った完全IP化までに転換の準備をしておかなければ、企業の事業プロセスに多大な影響と損失を与えかねない状況になりつつあるのです。今回は、そんな固定電話のIP化に伴う落とし穴についてご紹介していきます。

コラム
ISDN終了で受発注に多大な影響が!2024年問題に今から準備を

ISDN終了で受発注に多大な影響が!2024年問題に今から準備を

近年、国内でも固定電話回線網をIP化する動きが加速しつつあり、2024年にはすべての電話回線網がIP電話になることが決定されています。それに伴い、これまで利用されてきたデジタルISDN回線は終了となるわけですが、意外な領域でその影響が出ると言われています。今回は、このデジタルISDN回線サービスの終了に関する影響について考えてみたいと思います。

コラム
ISDN終了で受発注業務が大混乱!?「2024年問題」対策へ、早めの移行計画を!

ISDN終了で受発注業務が大混乱!?「2024年問題」対策へ、早めの移行計画を!

2020年に終了が予定されていたISDN回線。実際の提供終了は2024年に後ろ倒しされましたが、依然として残された時間はわずかしかありません。90年代からインターネットを支えてきたISDN回線の終了に伴い、今後固定電話回線網はすべてIP網へと移行します。サービスの終了が発表されたとはいえ、いまだビジネスの分野では多くの業務を支えているISDN回線。今回は、ISDN回線の終了に伴う影響と、今からでも間に合う今後の対策についてお伝えします。