vSphereベースのワークロードをそのままクラウドへ移行

VMwareCloudonAWS_IBMCloud.png

オンプレミスで運用していたアプリケーションをクラウドに対応させる際には、従来の非機能要件をどのように対処するのかの検討が重要です。

オンプレミスの vSphereベースのワークロード(アプリケーションや非機能要件など)を「そのままパブリッククラウドに移行」することが可能であり、データセンターのキャパシティーを統合および拡張し、災害対策ソリューションを最適化、簡素化、刷新できます。オンプレミスのデータセンターとクラウドの両方で、同じVMware Cloud Foundation技術( vSphere、vSAN、NSX、vCenter Server など) を使用することにより、ハイブリッド IT の運用を簡素化できるとともに完全な互換性およびワークロードのポータビリティを実現します。

また、Hybrid Cloud Extension(HCX)という技術を利用することで、オンプレミスからネットワークを延伸してハイブリッド・クラウド環境を容易に実装することが可能です。

HCXは以下の特徴があります。

・vSphere 5.0 以上ならアップグレードの必要なし

・セキュアなL2延伸でIPアドレスの変更なし

・マイグレーションによるダウンタイムなし

VMware Cloud on AWS

・提供元(サポート):VMware

・提供内容:VMware Cloud Foundation構成のみの固定

・vSphereライセンス:サブスクリプションのみ

・vSphere管理者権限:無 ・運用体制・管理責任:VMware

VMware Cloud on IBM Cloud

・提供元(サポート):IBM

・提供内容:ベアメタルの個別構成、VMware Cloud  Foundation構成など任意

・vSphereライセンス:BYOLまたはサブスクリプション

・vSphere管理者権限:有

・運用体制

・管理責任:ユーザー

HCX( Hybrid Cloud Extension )の機能

・ハイブリッドなインターコネクト(接続構成)

・WAN 最適化

・マルチサイト間の接続性

・L2ブリッジによる延伸ネットワーク

・バルクマイグレーション

VMware Cloud™ on AWS の導入事例はこちら

JBCCがヴイエムウェア社と長年培ってきたパートナーシップ による協力体制、経験と知見も活かされた事例を紹介します。自社にとって最適な構成でのクラウド移行を短期間で実現したい方はぜひご覧ください。

導入事例を見る

お問い合わせはこちら

より詳しい情報や価格などを知りたい方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ