~現場の作業効率を劇的に改善

~スマートデバイスを活用したソリューション

製造、営業、物流など、企業の現場業務のデジタル化、効率化、迅速化を実現します。

「画面が見やすい」 「軽くて速い」 「カメラやセンサーなどデバイス機能が豊富」など、スマートデバイス(スマートフォンやタブレット端末など)の特性を活かしたアプリです。

かんたん!スマートデバイス・アプリの特長

1)現場の作業者が思わず使いたくなる簡単で利便性の高いシステム

2)製造・営業・流通などの現場から紙を排除し、作業指示と報告作業をデジタル化

3)現場の状況をリアルタイムで把握

4)Tablet、iPad、スマホなどのマルチデバイスに対応

持ち運びの容易性だけでなく、情報漏えい対策など様々な理由から、現場でPCを持ち歩くことができない企業は多く、スマートデバイスを使ったクラウドサービスなど、現場での利便性が高いシステムが求められています。

スマートデバイスの普及に伴い、メールとスケジュールを外出先で見るだけのスマートデバイスの時代は終わりました。営業担当者が顧客に対して、紙に代わって電子カタログやプレゼンテーション資料を見せる、あるいは、製造現場での作業指示と作業報告のためにスマートデバイスが利用される時代になりました。

かんたん!スマートデバイス・アプリの導入効果

~現場のペーパーレス化・デジタル化による業務の効率化

~ビッグデータの蓄積と活用

1)作業現場で起こっていることの可視化

 紙からデジタルへ移行することにより、リアルタイムで状況を把握することができます。

2)現場での作業結果を、その場でDBに直接入力する新しいワークスタイルの確立

 現場での作業後に、事務所に戻って作業結果を入力する二重の手間がかかりません。

3)作業に関する情報の質の向上

 すべての行動にタイムスタンプと、位置情報(GIS)スタンプの付加が可能です。

 いつ、誰が、どこで実施したなど、情報の質を高めます。

 また、写真を添付することにより、リアルな情報の付加が可能です。

4)ペーパーレス化による、情報信頼性の向上 

 紙のデータは後で書き込めるために、改ざんの可能性があり信頼性の低さが問題です。

5)ビッグデータの蓄積と活用

 現場のデータが可視化されると、業務の問題点を抽出し、改善が図れます。

 リアルなデータが蓄積されると、ビッグデータとして活用することが期待できます。

スマートデバイス・アプリ導入成功に必要な2つのステップ

1)スマートデバイス・アプリの開発にあたって機能をできるだけシンプルにする

最初に時間をかけて作り込むのではなく、スモールスタートで素早く導入することがポイントです。

重いアプリは現場で使えません。

2)「現場の担当者がモバイル環境で無理なく使える」アプリ開発することを最優先する

機能要件をヒアリングして、練りに練ったアプリを開発する 「機能の積み上げ型」 ではなく、現場の担当者が思わず使いたいと感じる、現場指向で、すぐに使える 「ボトムアップ型」 で開発することがポイントです。

画面推移が多く深い階層で入力作業を行う画面設計では、現場での操作が困難です。

JBCCからのご提案

1)疑似体験

必要最小限の入力で、現場に負担をかけないシンプルな機能のアプリを提供していますが、「どこまでなら現場で使えるのか」の判断は意外に難しいという課題があります。

JBCCが過去に作成した様々なモバイルアプリのテンプレートをモックアップとして使って、疑似体験し、現場の要望に合っているかを確認できる環境を用意しています。

2)業務テンプレート

疑似体験アプリがそのまま利用できる場合や小規模なカスタマイズで済む場合には、投資額が抑制できます。 疑似体験アプリを通じて現場が使える範囲が決まれば、本番アプリの開発ボリュームも定まり、無駄な投資を抑制することができます。

>> モバイル業務テンプレートの詳細はこちら

JBCCがご提案する「モバイル業務テンプレート活用によるモバイル業務擬似体験」

smartdeviceapli_2.PNG

3)ワンソース・マルチユースでマルチデバイス対応

IBM Worklightでワンソースをマルチユース

スマートデバイス・アプリ開発基盤としてIBM Worklightを利用しています。

これにより、1つのアプリを異なるプラットフォームに展開が可能です。iPhone(iOS)とAndroidスマートフォンで同じアプリを使いたい場合なども、各OS向けの個別に開発が不要で、コストを抑えた効率的な導入を実現します。

スマートデバイス固有の機能の活用

スマートデバイスに最適化されたミドルウェアを介することにより、スマートデバイス固有の豊富な機能やアプリケーションを、バックエンド・システムおよびクラウドサービスに接続することが可能です。

オフラインでも利用可能

IBM Worklightはオフラインでアプリケーションを利用することが可能です。

モバイルアプリケーション導入における課題を解決 !

smartdeviceapli_3.PNG

4)スマートデバイスと基幹業務の連携

スマートデバイス活用のポイントの1つが、データを何処から取り込み、どこに渡して管理・運用するかの設計/構築です。

このときこそ、JBCCの基幹系構築ノウハウと、Worklightのバックエンド連携機能が最大限の効果を発揮します。

5)「業務実態視える化」サービス

既にスマートデバイスの活用をしているのに、効果が洗い出せず次のステップに進めないお客様のために、JBCCは、現状可視化/課題点の洗い出しを目的とした「業務実態視える化」サービスを用意しています。

導入対象部門のユーザへのアンケートによって、どの業務にどれだけ負荷がかかっているのかを定量的に判断することが可能です。専用のツールを利用して、部門リーダーへのヒヤリングから簡単なWebアンケートを作成します。社員への展開・集計まで手軽に実施できるのが特長です。社外のコンサルタントに依頼して実施する調査方法に比べ、コストをかけずスピーディに結果を得ることができます。

サービスメニュー

営業支援 【提案/プレゼン】

■ABook

ドキュメント・プレゼン資料等のマルメディア化、簡単配布・共有。音声、動画の組み合わせで効果的な資料生成、インパクトのあるプレゼンを支援します!

■seap

ブラウザひとつで誰でも簡単に高品質なスマートデバイス向けアプリを作成。カタログ、マニュアル、サイネージ、アンケートなどのコンテンツを早期に実装できます!

【リアル情報活用】

Smart BI

BIソリューションを核に、データ連携機能、高セキュリティ出力機能を統合したクラウドサービスです。基幹系データとSNSなどWeb上の膨大なデータを連携し、ビッグデータを利活用した予測分析やモバイル端末での利用を支援します。

【情報活用】

HDS Smart Drive

社内外のあらゆるデータを一元化モバイルファーストで情報活用!

マルチデバイスで「基幹データ・動画・画像」など、ビックデータの統合管理ソリューションです。

在宅・外出先 【グループウェア】

■sMobile

携帯電話やスマートフォン等のモバイル端末からLotusNotes/Dominoにセキュアにアクセス出来る法人向けモバイル製品です。

sMobileはLotus Notesに特化しており、メール、スケジュールに加えデータベースも利用可能。また、メール未既読同期や会議招集メール/文書リンクなどLotus Notes特有の機能が利用可能です。

■CACHATTO

社内のメールやグループウェアにいつでも、どこでも、安全にモバイルアクセス可能。携帯電話・スマートフォン・タブレット型PC・パソコンなど多くのデバイスから社内への接続が可能でセキュアな環境下で利用できる法人向けリモートアクセスサービスです。

■KUNAI

サイボウズのグループウェアにアクセスするためのスマートフォンアプリ。スケジュール、メッセージ、ワークフローなどを外出先から利用可能です。

Office365

Microsoft Officeのクラウドサービスです。Excel、Word、PowerPointのほか、メール、ファイル共有、Web 会議など必要なグループウェア機能をオールインワンで提供します。

運用管理 【デバイス管理】

■スーパー関所くん

企業でのスマートデバイス利用を管理するMDM機能と外部からの不正侵入に備えるファイアウォールサービスを月額4万3千円(税込)から実施できます。ファイアウォール部分は、700社以上に導入実績を持つ「レンタル関所くん」がベース。ファイアウォール機器の運用・管理をリモートで行い、企業のセキュリティを適切に保ちます。

■Optimal Biz for Mobile

業界最多の機種対応と最多機能を誇るMDMソリューションです。

携帯キャリアの標準サービスで採用など実績多数です。強固なセキュリティ機能に加え、業界初のオリジナル機能も満載した安心の純国産ツールです。

■MobileIron

iOSやAndroidなどマルチOS対応のスマートデバイスを管理します。セキュアな環境で安心のモバイルビジネスを実現します。

■IBM Endpoint Manager for Mobile Devices

各種デバイスを一元管理が可能な、エンドポイント統合管理ソリューションです。エンドポイント・ライフサイクル管理タスクの簡素化と自動化を支援いたします。

現場作業 【作業指示/報告/点検】

■WorkManagerテンプレート

現場業務の作業指示、報告、点検業務のテンプレートです。テンプレート活用によるモバイルソリューション構築で立ち上げまでの期間の短縮化と社内の意見整合、導入効果をえることが可能です。

■Smart Attack

スマートフォンやタブレットを利用した事務所から現場への指示や現場から事務所への報告を写真や地図等を用いて行うことが可能です。画面テンプレートはノンプログラミングで作成でき工数の大幅削減を可能にします。

■REPORT WORKS

ペーパーレスで設備や施設の点検・検査を高精度かつ効率的に実現可能にします。

アプリ開発・基幹連携 【モバイル開発 管理/運用】

■IBM Worklight

モバイル・アプリケーションの開発、実行、管理を可能にするオープンで幅広い機能を持つ高度なモバイル・アプリケーション・プラットフォームです。HTML5、ハイブリッド、ネイティブの各アプリケーションを効率的に開発、実行、管理可能です。

■kintone

Webデータベース型のビジネスアプリケーションを自由に設計可能できるサービスをクラウドで提供。設計や各種運用設定は全てノンプログラミングでマウス操作のみで完了します。

【基幹システムモバイルアクセス】

■axes

IBM i の5250アプリケーション画面をリアルタイムにWeb変換します。中間サーバーを必要としないブラウザアクセスが可能となり、基幹業務を簡単にWeb化できます。

【店舗/特設会場】

■Salasee

安価で手軽に導入が可能なスマートデバイス対応のPOS端末、専門店、移動店舗、特設展示場でのPOSシステムをスマートフォン・タブレットで実現します!

会議・教育 【遠隔コミュニケーション】

■Sococo

インターネット上に仮想オフィスを作り、在宅勤務のスタッフ、タブレット端末やスマートフォン等を持って外出している営業マンがいつでもどこでもお互いのコミュニケーションが可能です。

【テレビ会議/Web会議】

■V-CUBE

スマートデバイスを使って、資料を見る/資料に書き込む/資料をめくる/同じページを見せる(共有する)が可能です。

会議資料をAndroidタブレット、iPadを使って共有し、ペーパーレスで遠隔会議を行うことも可能です。