IBM i データを連携・活用できるソリューションをご紹介

IBM i データをkintone(業務改善プラットフォーム)&Qanatで連携

kintoneとは

すぐには基幹システムを改修(追加・変更)対応できない現場業務や利用者が一部分のシステム開発、あるいはExcelなどで管理しているものをkintoneでスピーディーにアプリ開発することも可能

活用事例

IBM i データをQanatを用いてkintoneに連携し納期データベースを構築、納期情報をkintoneもしくはCloudAIのチャットから確認し、業務効率化向上を実現した活用事例

納期データベースをkintoneで構築
~基幹システムと連携されたデータベースを構築しデータ情報を共有~

課題>>>

・ 納期調整を営業が工場側、お客様側とメールでのやり取りをしており、非常に手間がかかっている

・ 営業がタイムリーな情報を入手出来ていない

kintone_image01_2.png

kintone_qunat_arrow.jpg

解決>>>

・ 業務効率化向上(働き方改革) - 基幹システムと連携されたデータベースを構築し営業と工場間の納期情報の共有

・ お客様満足度向上 - タイムリーな納期情報をお客様へ提供

kintone_image01_3.png

kintone目的別活用方法

kintone_image01_4.png

顧客・案件管理

・顧客情報や案件情報の一元管理で、効率的な営業活動を実現!

・メールとエクセルによる情報の分散から脱却業務の効率化を実現!

・案件の進捗やメンバーの工数を見える化営業活動に専念できる環境が整う

脱エクセル

・Excelを読み込むだけで、チームワークを向上させる業務システムを構築!

・日報、顧客管理、タスク管理などあらゆるエクセルの代替に

・メール不要!コミュニケーション機能で情報を分散させないから生産性もアップ

Notesからの移行先の選択肢に

JBCCの取り組み

ITモダナイズに向けて

「でりデモ」で最新インフラを体感していただき、適格な「アセスメント」によりシステム現状を可視化し、 「クリニック」によりシステムのあるべき姿を描き出すことで最適なシステムをご提案します。

でりデモ(体感)

HCIなど最新デモをお客様サイトへお届け

製品のご紹介をするだけでなくシステムの運用をイメージしたデモをお届け、どのようにシステム運用が改善されるかを体感いただけます。

アセスメント(可視化)

現状を可視化し、改善ポイントをご提示

アセスメントツールによりシステムを分析、「ファイルサーバ」「仮想環境」「仮想デスクトップ」のユーザ・エクスペリエンス改善ポイントを明らかにします。

クリニック(あるべき姿を検討)

診断で「ITシステムのあるべき姿」をご提示

お客様とJBCCのITドクターのワークショップによりご要望・要件を明らかにすることで、「ITシステムのあるべき姿」を明らかにします。

IT Modernizationクリニック

インフラ環境検討の強い味方

お客様のITインフラ環境を、単なるサーバ仮想化だけでなく、ストレージ仮想化やパブリックの活用や、クラウドマイグレーション含め、最適なインフラ環境のモダナイゼーションをご支援します。
TCO削減レポートだけでなく、性能分析、今後のリソース利用状況可視化等、改善すべき課題を洗い出します!

詳細とお申し込みはこちら