ソフトウェア・デファインド・オブジェクトストレージ製品

CLOUDIAN HYPERSTORE ソフトウェア・デファインド・オブジェクトストレージ製品

【IoT+AI時代のビッグデータに最適なストレージ製品】

CLOUDIAN HYPERSTOREは、Amazon、Google、Facebookといった大手クラウドサービスが自社開発するクラウド技術をパッケージソフトウェアとして製品化。汎用サーバをハードウェアに使い、最小3台の小規模からスタートし、データの増加とともにペタバイト超級にまでシームレスに拡張できる、容量制限のないクラウド型のオブジェクトストレージシステムを自社内に構築運用できます。ファイル文書、写真、動画、仮想サーバのイメージやテンプレート、ビッグデータ分析用ログ、AIの学習用データといった、構造化されていない大量のデータを経済的に、安全に保存できます。クラウドストレージサービスと同様、世界中のデバイスやセンサーからデータを集めるIoT(モノのインターネット)や、移動先、自宅、遠隔拠点からのファイルアクセス等、インターネットを経由したデータの読み書きを可能にします。

【S3 対応アプリケーションをそのまま活用】

クラウドストレージの事実上の標準であるAmazon S3 APIに完全準拠しています。一般企業で広く使われるS3 対応クライアントやアプリを改修せず、データの保存先をHYPERSTOREにするだけで利用できます。Veritas、Rubrik、Veeam、Arcserveといったバックアップ・アーカイブ製品、アイ・オー・データ社等のNAS製品、Hadoopなどのビッグデータ製品、ShadowDesktopなどのファイル管理製品等々、多種多様で豊富な製品群との相互運用性を公式認定済です。CLOUDIAN HyperFileとともに使えば、企業で広く使われているSMB/NFS 等プロトコルからのファイルの読み書きも可能です。

【オンプレミスとパブリックを使い分けるハイブリッドクラウド】

オンプレミスやプライベートクラウドに設置するHYPERSTOREストレージシステムからAWS、Google、MS Azureに、アクセス頻度等によるポリシーベースでデータを自動転送する階層化機能が標準装備されています。さらに階層化先のクラウドAPIからデータを読み出せるマルチモーダルにも対応しています。目的や種類に応じてデータの保存先を分けるハイブリッドクラウドを簡単に実現できます。

より詳しい情報や価格などを知りたい方は下記よりお問い合わせください。