JBCCはお客様に最適なストレージをソリューションとしてご提案いたします

IBM FlashSystem ファミリー

Storwize シリーズとの統合でラインナップをシンプル化、共通のプラットフォームで同じ運用を踏襲可能

IBM-FlashSystem-Family_lineup_ver3.jpg

IBM-FlashSystem_handbookcover_ver2.jpg

PDF: IBM FlashSystem Handbook を見る

IBM FlashSystem ファミリー 特長

最小で 70 マイクロ秒の低遅延・ IBM FlashCore モジュール( FCM )を接続可能で、業界最高レベルの性能を実現することができます。
FCM は、パフォーマンス影響を最小限にしながら、幅広いワークロードに一貫性のあるインライン・ハードウェア圧縮テクノロジーを実装しています。
データ圧縮と削減技術を併用することにより、標準ラック 2U の設置スペースで最大 4 ペタバイトの実効容量を実現できます( IBM FlashSystem 7200 )。


本体標準価格: IBM FlashSystem 5200 約 390 万~

JBCCのオススメ IBM FlashSystem 5200

業界最高レベルのコスト・パフォーマンス IBM FlashSystem 5200

STORAGE_20211119_01.jpgIBM FlashSystem 5200 は、フラッシュと Non Volatile Memory Express( NVMe )のエンドツーエンドのパフォーマンス、 IBM FlashCore テクノロジーの技術革新、ストレージ・クラス・メモリー( SCM )の超低遅延性を、 IBM Spectrum Virtualize の豊富な機能と AI 対応予測ストレージ管理および事前対応型サポートと組み合わせて、強力で手ごろな価格の 1U ソリューションとして提供します。
マルチクラウドのストレージ容量を提供する IBM FlashSystem 5200 は、 AI を活用して、コンテナ内のクラウド・アプリケーションを使用可能にしながら管理とコスト効率の向上を簡素化します。

IBM FlashSystem 5200 特長

妥協なき性能で膨大データを高速処理
▶高性能な NVMe 対応 IBM FlashCore モジュールのパフォーマンスでビジネス・アプリケーションを高速化
▶高度な可用性でお客様の基幹業務アプリケーションをサポート

マルチクラウド環境でスムーズにデータ連携
▶最新のデータ移動ニーズに対応し、クラウドに構築した Spectrum Virtualize for Public Cloud との間でデータを円滑に移動
▶プライベート・クラウドの規模は小規模なものから開始し、ビジネスの需要またはクライアントの増加に合わせて拡張可能

お客様視点の IBM FlashSystem 5200 活用術

「より速く、より安価で、コンパクト!」の 3 拍子が揃った IBM FlashSystem 5200 の活用例をご提案いたします。

資料ダウンロードはこちら

IT Modernization クリニック

JBCCではストレージの豊富なノウハウ・知見を活かした相談窓口としてモダナイゼーションクリニックを設けております。
ストレージのドクターが、お客様のお悩みを診断・解決いたします。

詳細とお申込みはこちら

IBM FlashSystemに関するお問い合わせ

お問い合わせ

JBCC ストレージ・ソリューション
JBCC ストレージ・ソリューション

JBCC ストレージ・ソリューション

クラウドの普及、センサーやスマートフォンの広がりに伴い、企業が扱うデータは爆発的に増え、様々な課題が表面化しています。 それらの課題を解決すべく各社から様々な機能を持ったストレージが提供されていますが、お客様の課題・環境・運用に応じた適切な選択が大切です。 JBCCはおかげさまで昨年創立50周年を迎えることができました。その間に培ってまいりましたプラットフォーム構築の知見を生かし、ひとつのメーカーにとらわれず、お客様に最適なストレージをソリューションとしてご提案いたします。

IT Modernizationクリニック(個別相談会)
IT Modernizationクリニック(個別相談会)

IT Modernizationクリニック(個別相談会)

クリニックでは、このような課題に対するソリューションが見つかります。 経験豊富なITドクターによる診断で、お客様の用途や状況に応じた最適なITインフラ環境のデザインや、TCO削減レポートだけでなく性能分析、今後のリソース利用状況可視化など改善点を洗い出します。

お客様視点の IBM FlashSystem 5200 活用術
お客様視点の IBM FlashSystem 5200 活用術

お客様視点の IBM FlashSystem 5200 活用術

増大するデータをやみくもにフラッシュストレージに格納すると、容量が思いのほか大きくなり、コストの観点から検討を先延ばしになるケースが散見されます。 そこで、「より速く、より安価で、コンパクト!」の 3 拍子が揃った IBM FlashSystem 5200 の活用例をご提案いたします。 JBCCモダナイゼーションクリニック(無料)は、最適なソリューションをお客様にご提案いたします。