概要

サイバー攻撃では、ソフトウェアの脆弱性や設定不備を悪用する攻撃が多く、
攻撃の種類も年々増えているため、全てのリスクに即時対応することは困難になっています。
自社のセキュリティリスク(脆弱性)を把握し、優先順位の高いリスクから対応する必要があります。

プラットフォーム診断サービスでは、サーバやネットワーク機器、OS/ファームウェア/サーバソフトウェアの設定不備、
パッチ適用の不備による脆弱性などを対象とする検査を行い、レポート化します。

最新の脆弱性情報とIT資産情報・設定情報を取得することで、優先順位の高いリスクを把握できます。


ポイント

診断イメージ

サービス提供の流れ

オプションにて、初回診断結果に基づいた対策の実施結果をご確認したい場合に、再診断が可能です。

診断の流れ