kintoneで業務DXワークショップ


kintoneで業務DXワークショップは、業務のデジタル化を推進して、客様の業務効率化や理想の働き方を実現するために、現在業務を棚卸し、その中から課題となるものを抽出した上で適用範囲を見つけていただき、kintone利活用をより推進していただくワークショップです。

kintoneを使いこなせていない業務を整理して、デジタル化を推進したいなどのお客様にぜひ利用ください。

ワークショップの特長

現状分析からお客様の課題を見える化現状分析からお客様の課題を見える化 経験豊富なITエンジニアによるセッション

kintoneでの最適業務の把握

セキュリティやインフラも同時検討

利活用を促進するプログラム提供



ワークショップの流れ

kintoneで業務DXワークショップを進める流れ

1. ヒアリングシート記入
2. ワークショップ
 (現状のヒアリング)
3. サンプルアプリ作成

4. ハンズオン

ヒアリングシートを記入していただき、大枠の現状業務を把握します。

1. ヒアリングシート記入
現状業務の優先順位、ワーク量を整理し、課題を整理します。

2. ワークショップ
整理した課題の中で、実現可能なものをサンプルアプリで作成します。

3. サンプルアプリ作成

よく使われるkintoneのアプリを、現場の方にハンズオン形式で体験頂きます。

4. ハンズオン

お申し込み

申込ボタンからお申し込みください。
日程等詳細については別途ご連絡申し上げます。

ワークショップに申し込む