働き方改革をリードする、AI・RPAや分析技術を融合したデジタルワークフォースプラットフォーム
「Automation Anywhere Automation360(クラウド)」

世界で最も包括的なデジタルワークフォースプラットフォーム「Automation Anywhere」

エンタープライズクラスの必須機能を満たすRPAプラットフォーム「Automation Anywhere Automation360」とは

働き方改革を推進するにあたり注目を集めている業務の自動化は、業務におけるさまざまな要素が関わるため、エンタープライズレベルでは1つとして同じ要件はありません。単に要件を満たすだけではない、エンタープライズクラスのビジネスニーズに合わせて進化できる柔軟性が、RPAツールに求められています。

人が行う作業をソフトウェアロボット、AIおよび先進的な分析機能で自動化でき、初期導入から大規模展開まで段階に合わせてスケールアップ可能な堅牢なアーキテクチャーを誇る、徹底的に設計されたデジタルワークフォースプラットフォーム Automation Anywhereが、業務効率化による働き方改革を推進します。

業務の自動化で、働き方改革のお悩みを解決

定型業務の自動化による作業ミス削減

複数のアプリケーションを横断的に利用し、レポート作成や分析の準備などの定型作業を行う業務を、簡単なボット開発環境で自動化できます。また、アプリケーションへのログインIDなど、高度なセキュリティが必要なケースもサーバー側の管理機能で堅牢なシステム構築が可能となります。

自動化ボットの開発工数の削減

RPA製品が多数ある中、独自のBot Storeにレビュー済みのコンポーネントが500以上も用意されています。 他社が開発した似たような業務のボットや、ベンダーが提供するパーツを再利用可能で、業務の自動化ニーズに迅速に対応可能です。

Automation Anywhere Automation360(クラウド)の特長

プログラミング経験がない方でも容易にボット開発が可能

プログラミング経験がない方でも開発がしやすい環境をご用意しています。 独自のBot Storeに存在する500以上のコンポーネントを利用することができるため、自社のニーズに近い他社開発の業務ボットやベンダー提供パーツを利用し、スムーズな開発を実現します。

銀行レベルの高いアプリケーションセキュリティ

きめ細かなロールベースアクセス制御(RBAC)、保存データおよび移動中のデータの産業レベルの暗号化、一元管理のセキュリティポリシーと職務分担および最小権限のアクセスといった中核をなす原則の組み合わせにより、業界で最も安全なデジタルワークフォースプラットフォームを実現しています。

コンプライアンス要件も満たすボットのライフサイクル管理

オートメーション開発のためのエンタープライズレベルのフレームワークを持つボットライフサイクル管理 (BLM) が、大企業におけるボット開発、導入、管理という煩雑になりがちなプロセスを整備します。ボットライフサイクル管理 (BLM) がエンタープライズ環境での継続的な成功に不可欠なソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC) のベストプラクティスを実施することで、CMMI レベル 5、SOXなどの厳しいコンプライアンス要件を満たすことが可能です。

一元管理が可能なモバイルにも対応したコントロールルーム

デジタルワークフォースプラットフォームの頭脳と言えるコントロールルームは、全社的なボットの導入、管理、制御を一元管理できるモバイル対応ウェブアプリケーションです。初期パイロット拡張の準備後に企業全体での実装を行う際、自動プロビジョニング、オーケストレーション、ガバナンス、そして実行可能なアナリティクスを、全てコントロールルームで利用することができます。

Automation Anywhere Automation360(クラウド)でできること

216610.png導入と監査

デジタルワークフォースの導入、スケジュール設定、監査、管理を、オンプレミスまたはクラウドに設定した中央コマンドセンターで直感的に実施できます。

216646.png分析とレポート

リアルタイムのアナリティクスを活用して業務とビジネスのメトリクスを分析、予測し、データ駆動型のボットを構築します。

216611.png最適化と優先順位付け

デジタルワークフォースと実際の従業員の業務を最適化して優先順位を付け、変化の激しいサービスレベルアグリーメント(SLA)の要求を満たします。利用可能なリソースを最小限の切り替えコストと最大限の効率で活用できます。

216604.png保存と保護

複数拠点のボット、Bot Runner、Control RoomにわたってエンドツーエンドのHA/DRを実現することで、ビジネス継続性の課題を解消できます。

216684.jpg暗号化とセキュリティ

認証、暗号化、資格情報保護のための安全なフレームワークを使用して、職務分掌およびマシンの切り分けを可能にします。