概要

紙での経費精算業務をワークフローを利用した経費精算に特化した、電子申請サービスです。

  • 経費・交通費・旅費など、経費にかかわる全ての処理を一元管理できる経費精算システムです。
  • 申請→承認→経理作業の電子化や、自動仕訳・会計ソフト連携など、 様々な機能で業務効率の向上や、人的ミスの防止を実現させることができます。
  • 過去のデータをいつでも利用可能で、内部統制の強化や監査対策にもお役立ていただけます。

楽楽精算 概要

特長〈ワークフロー〉

楽楽精算では、承認フローを自由に設定することができます。

精算種別ごとに異なる承認フローの設定や、金額や勘定科目、負担部門等の条件に応じた承認フローなど 柔軟に設定できます。

  • 交通費は課長承認。出張申請は課長→部長出張
  • 精算は課長→部長→経理
  • 10万円を超える交際費精算は社長承認など

楽楽精算 特長 ワークフロー

特長〈コスト削減〉

システムを導入する事で大幅なコストを削減できます。

「楽楽精算」で業務効率化を図ることで、経費精算に関わる全従業員の業務時間が80%短縮されます。
ラクスの試算によると、従業員100名規模の企業が「楽楽精算」を導入した場合、 年間の経費精算業務にかかるコストは、「楽楽精算」の利用料を合わせても、紙やエクセルで経費精算をする場合にかかるコストと比較して、約300万円のコスト削減効果があります。

楽楽精算 特長 コスト削減

楽楽精算に関するお問い合わせ

お問い合わせ

経理財務DXワークショップ
経理財務DXワークショップ

経理財務DXワークショップ

経理財務関係者様へ向けた、弊社で実践しているDX(デジタルトランスフォーメーション)のご紹介やディスカッションができるワークショップです。

社内申請
社内申請

社内申請

社内承認手続きは基本的に紙にハンコで、書類の作成、申請、承認の作業に時間がかかる。しかも紙でのやりとりのため出社が必要で、過去の履歴の確認が大変。そのような課題は、ワークフローシステムで解決できます。承認業務のペーパーレス化で、意思決定をスピードアップし、社員が働きやすい環境を実現できます。

コラム
ペーパーレス化が企業にもたらすメリットと推進ポイント

ペーパーレス化が企業にもたらすメリットと推進ポイント

ペーパーレス化をすでに実現した企業では、電子化された文書により効率的に業務を進め、テレワークの実施をはじめとするペーパーレスの強みを活かした取り組みを始めています。ペーパーレス化は企業にどんなメリットを与え、推進にあたってはどのような点に留意すべきなのでしょうか。今回は、社内文書のペーパーレス化にあたり押さえておきたいポイントをご紹介します。