お問い合わせ

システムの安定性、セキュリティ、パフォーマンスを維持するために、IBM Power 購入時にハードウェア保守とソフトウェア保守(SWMA)の契約が必要です。

このページでは基本契約とオプション契約の両方をまとめました。

JBCCではお客様に最適な保守契約内容をご提案いたします。

\Power クラウドとオンプレミスの選択リプレイスのご相談はこちら/

IT Modernizationクリニック

ハードウェア保守

ハードウェア保守(基本) サービス提供内容・保証期間

IBM Power(Power10)のサービス提供内容・保証期間

機種/型式製品名期間サービス提供日 時間帯
9105-41B Power S1014 3年保証 9時間(9:00-18:00) x 5日
月曜日~金曜日(国の祝日及び年末年始(12/30~1/3)を除く
9105-42A Power S1024
7063-CR1 HMC 1年保証
7965-S42 System Rack

【ご注意】
 CRU 対象製品は原則翌労働日対応となります。
 上記以外の時間帯は「IBM 時間制サービスのご案内」に従ってサービスを提供し有償となります。

■CRU<お客様交換対象保守部品>について
 CRU(Customer Replaceable Unit)とは、お客様による交換可能部品のことであり、お客様にて特別な工具なしに交換できるように部品設計されています。
 技術員が電話で問題判別した結果、問題部分が特定でき、かつその部品が CRU の場合、交換用の CRU を宅配便で送付し、お客様ご自身で交換していただきます(IBM 技術員はお客様サイトへ訪問いたしません)。

ハードウェア保守(オプション) 「IBM Expert Care」

IBM Expert Care契約をすることで、保証期間中および保証期間後の保守を24時間365日(Expert Care ベーシックを除く)・オンサイト保守・当日対応にすることが可能になります。

オプション契約対象製品プランサービス提供日 時間帯

IBM Expert Care

Power10

<S1014/S1024等>

ベーシック

9時間 x 5日 オンサイト保守

基本は翌営業日対応

アドバンス

24時間 x 7日 オンサイト保守

プレミアム

24時間 x 7日 オンサイト保守 

保守専任担当者がアサインされる等、いくつかの付加サービスがあります。

IBM ServicePac

HMC・Rack等

-

24時間 x 7日 オンサイト保守

ハードウェア保守 追加サービス

基本保守に加え、下記保守関連サービスがご用意されています。

■GTMS(Global Total Microcode Support)

 IBMパワー製品の分析データ提供・マイクロコード適用 (年1回提供)


(1)分析データ提供
 契約されたすべてのシステムマイクロコード、及び接続機器と搭載されたマイクロコード・デバイスドライバーとOS関連情報を含めた分析を実施します。
 分析結果は、お客様システム安定化プランとして推奨サービスレベル情報を含んだ文書としてご提供されます。

(2)マイクロコード適用
 ①適用サービスの窓口一本化
 ②年一回定期的マイクロコード更新
 ③IBM技術員(SSR)がオンサイト派遣
 ④お客様指定場所にて更新作業実施

■HDDお渡しサービス
 機械の故障修理により取り外されたディスクドライブ(IBM所有)を技術員が持ち帰らずにお客様所有物としてお渡しいたします。

ソフトウェア保守

ソフトウェア保守(基本) サービス提供内容

IBM i および IBM i 関連ソフトウェア製品のソフトウェア・サポートを「ソフトウェア・メンテナンス(SWMA)」と呼びます。

■サポート内容

サブスクリプション
 最新バージョン・リリースへのアップグレード、最新媒体の提供

テクニカルサポート
 対象製品に対するQAサポート

  • 製品のインストールや使用方法に関する日常的かつ短時間のご質問に対するサポート
  • 障害製品のプログラムコードに起因する障害に対するサポート

■有効期限

 1~5年から選択出来ます。(サブスクリプションライセンスに関してはその期間に準じます)

ソフトウェア保守 SWMA契約方法

■無期限(永続)ライセンスに対するSWMA
 Powerご購入時のSWMA期間終了後は、SWMA継続のため再度のご発注が可能です。
 ただしSWMA終了後から期間が空いてご発注される場合は、アフターライセンス料金が発生する可能性があります。

■サブスクリプション期間ライセンスに対するSWMA
 サブスクリプション期間ライセンスにはSWMAが含まれているため、別途SWMAの契約は必要ありません。
 SWMA有効期間に関しては、サブスクリプション期間に準じます。

 IBM Power P05/P10用 IBM i OS 永続ライセンスは販売終了(2024年5月7日終了)となったため、
 5月8日以降、P05 および P10 ソフトウェア・グループは IBM i サブスクリプションでのオーダーとなります。


ソフトウェア保守 バックレベル・プログラム支援サービス

ソフトウェア保守期間終了後 製品に関する限定サポートをIBMが実施するサービスであり、
現在 IBM i V7R2/V7R3、AIX V7R1 等のバックレベル・プログラム支援サービスが提供されています。

■サポート内容
・障害についてUS-開発部門によるサポートを提供します。
・開発部門の判断により、Bypass、テンポラリーFIX などが提供されます。
・国内のサポート・センターによる関連情報DB 検索などのサービスも提供します。

■契約前提条件
 ・対象製品のSWMA契約が必要です。

■サポート期間
 ・保守終了日から最大3年間で契約可能 (一部例外あり)

■料金
 ・対象製品により金額は変わりますが、1年目・2年目・3年目と料金は変更になります。(一定金額ではありません)