サービス概要

お客様先にある次世代ファイアーウォール機器を対象とした日々の運用作業を代行します。
SMACからリモートで行う運用とSE部門が実施するオンサイトサービスをセットにしたメニューです。
機器・ライセンスの販売、ハードウェア保守の契約が別途必要となります。

パロアルト、フォーティネットを対象としたサービス提供が可能です。

サービス内容

サービス項目 説明
お問い合わせ対応

サービス対象機器のご利用方法などのご質問に回答します。(年間6回まで)

機器稼働監視

機器の死活状況、CPU、メモリ使用率をモニタリングし、異常時にお客様へ通知し、必要に応じて保守の手配を行います。

障害回復支援

障害発生時、問題の切り分けや稼働確認立ち合いなど、電話・オンサイトで復旧をご支援します。

(年間2回まで)

設定変更

お客様からのご依頼に基づき、以下機能について、年間36件まで設定変更を行います。

・ファイアーウォール ・IPS(侵入防止)

・アプリケーション制御 ・URLフィルタ

未知マルウェア検知通知

クラウドサンドボックス機能で検知したマルウェアについて、検知リストを作成しメールで送付します。
月次レポート

1ヶ月分の稼働状況をまとめてレポートを作成し、お客様へ送付します。

セキュリティ定期訪問

お客様先に訪問し、月次レポートのご報告と、ポリシー設定について協議します。(年間2回)

ファームウェア

アップデート

リモートでファームウェアのアップデートを行います。

(弊社が必要だと判断した場合)

※サービス項目「機器稼働監視」については、24時間365日でのご提供。その他については平日9時~17時でのご提供となります。
※HA構成の場合であっても、サービス内容や対応回数に追加はありません。

サービス対象機器

  • PaloAlto次世代ファイアーウォール
    (Threat Prevention、PAN-DB、WildFireのライセンスが必要になります。)
  • FortiGate Eシリーズ
    (Enterprise Bundleのライセンスが必要になります。)

※ 対象よりも上位機種へのサービス提供については、別途個別にご相談ください。

サービス提供前提

  • 次世代ファイアーウォール機器をインターネットと社内ネットワークの境界にゲートウェイとして導入いただく必要があります。(グローバルIP必須)
  • サービス対象となる次世代ファイアーウォールは、JBCCで構築した機器に限ります。