ハイパーコンバージドインフラを選ぶなら、知っておきたい弱点と対策

公開日 : 2019年08月29日
更新日 : 2021年12月28日

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が注目を集めるが、いざ導入する際には、何をどんな基準で選ぶべきか。まずは弱点を知り、その克服方法と選択肢を理解しておこう。

シンプルに導入、運用でき、スケーラビリティを備えたハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)が登場して久しい。広くHCIのメリットが知られるようになり、さまざまな製品が市場に出回るようになった。選択肢が増えることは歓迎すべきだが、HCIのメリットが強調される一方で、これから導入する企業にとっては、特性や比較のポイント、HCIで想定すべき「弱点」がどこにあるのかが見えにくい状況がある。

一般にHCIは、ITインフラのリソース運用をソフトウェア定義にしたことで、俊敏なインフラを構築できる点が魅力だが、HCIの弱点は、まさにこの特徴的な実装に起因する。先行導入企業からは、「思ったほどの効果が出ない」といった声が上がる中、HCIの弱点に着目し、それに対処する技術を実装した製品が登場している。

本稿では、現在注目を集めるHCIについて、見えてきた弱点を整理し、その解決策を探っていく。

▼▼▼ 続きはこちら ▼▼▼

資料をダウンロードする

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援する総合ITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 1,600社、超高速開発による基幹システム構築 360社、セキュリティ 1,000社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

hiei
 データセンターにおけるハイパーコンバージド HPE SimpliVityの導入効果、調査レポート

データセンターにおけるハイパーコンバージド HPE SimpliVityの導入効果、調査レポート

コラム
今さら聞けない?ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは

今さら聞けない?ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは

今日のITをHCIに導くトレンドは?HCIを基盤とするデータセンターの導入による技術的およびビジネス上の利点など、HCIを分かりやすく説明します。