お問い合わせ

クラウド移行を失敗しないための秘訣

公開日 : 2021年03月09日
更新日 : 2023年10月04日
次期ITインフラにクラウドを検討される企業が増えていますが、多くのお客様がコストやオンプレミスとのハイブリッド運用に不安を抱えていらっしゃいます。
そこで今回は、クラウド移行をするために必要な事前準備についてご紹介します。
クラウド移行を失敗しないための秘訣

目次

  1. クラウドサービスの利用動向
  2. クラウド移行のメリットとは
  3. クラウド移行を失敗しないために
  4. クラウド移行でコスト1/3削減に成功したお客様事例
  5. 【無料】コスト30%削減を実現する「クラウド相談会」

クラウドサービスの利用動向

クラウドサービスを利用している企業の割合は年々増加傾向にあり、一部だけでもクラウドサービスを利用している企業の割合はすでに60%を超えています。

参照:総務省「令和2年版情報通信白書 企業におけるクラウドサービスの利用動向

ITインフラの選択肢として浸透してきた「クラウド」ですが、移行する前に事前準備が不足していると予期せぬコストがかかってしまうことがあります。

クラウド移行のメリットとは

クラウド移行のメリットとして、資産(サーバーやストレージ)を社内で持つ必要がない・安全運用、可用性が高くなるなどがあげられます。さらにテレワークを推進する上でもクラウドを利用するメリットはあります。働き方が大きく変わりテレワークを導入する企業が増えたとは言え、まだ確固たるものになっていないのが現状です。そしてこれから先もどのように変わるか見えない状況ではありますが、すぐにテレワーク環境が必要になった場合でも、クラウドであれば俊敏性・柔軟性を持って対応が可能です。

またデータセンターを廃止し、クラウド移行することでコスト削減なども期待できます。

しかしそれを十分に享受するためには適切な事前準備が欠かせません。JBCCでは、これをクラウド移行コンサルテーションサービスとして無償でご提供しています。

クラウド移行を失敗しないために

クラウド移行を検討する多くのお客様が不安に感じている問題にコストと、オンプレミスとクラウドのハイブリッド運用があります。JBCCではこの問題に焦点を置き、クラウド移行簡易診断・クラウド制約整理・移行プランの検討・非機能要件定義・アーキテクチャ策定の5つのフェーズを設定し、約3ヶ月にわたって検証を行います。特に、一般的な移行プロジェクトで障害となることが多いのは制約整理です。その制約整理には約1ヶ月をかけてフィット&ギャップを徹底的に洗い出します。

このサービスを利用して適切なサイジングや必要なリソースの可視化を実施した結果、データセンターからクラウドへの移行によって大幅なコスト削減に成功し、その差分をテレワークへの投資に充てることができたお客様もいらっしゃいます。

さらにJBCCでは設計から構築、運用までをセットにしたクラウドサービス「EcoOne」もご提供しています。ここに含まれる運用支援では、不要なサービスの削除やサーバー増強時の継続的なダインサイジングやバーストインスタンスの運用など、クラウドの総保有コスト(TCO)を左右する様々な要件に対し、可視化ツール「Cloud Health by VMware」を活用して最適な施策を積極的にご提案します。

クラウド移行でコスト1/3削減に成功したお客様事例

【B-R サーティワン アイスクリーム株式会社 様】AWSクラウドへの移行によりシステムのスリム化を実現、トータルコストを従来比3分の1に削減

B-R サーティワン アイスクリーム株式会社 様
AWSクラウドへの移行によりシステムのスリム化を実現
トータルコストを従来比3分の1に削減

日本全国に1,100店舗以上のアイスクリーム専門店チェーンを展開するB-R サーティワン アイスクリーム様は、運用負荷の軽減と投資コストの最適化を目指して、フランチャイジー向けシステム等をクラウド化し、トータルコストにおいて従来比三分の一の削減を実現されました。

導入事例を見る

【無料】コスト30%削減を実現する「クラウド相談会」

クラウド相談会

クラウド移行するメリットとしていくつか上げられる中で、やはり一番気になるのは"コスト"ではないでしょうか。「クラウド移行することで今よりもコストが高くなるのではないか」と疑問に思われている方がいらっしゃいますが、クラウド移行してコスト削減を実現できたお客様は複数いらっしゃいます。

「クラウド相談会」はオンプレからクラウド移行の方・すでにクラウド利用の方にAzure/AWS/Google Cloudからお客様に最適なクラウドサービスをご提案、相談会では具体的な事例もご紹介します!

詳細を見る

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,150社、超高速開発による基幹システム構築 460社、セキュリティ 1,100社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

コラム
VDI(仮想デスクトップ)とは?テレワークに適している5つのメリット

VDI(仮想デスクトップ)とは?テレワークに適している5つのメリット

いま話題のVDIをご存知でしょうか?本記事では、VDIとはからVDIの5つのメリットを解説しています。さらにVDI導入時のデメリットにもなりうるサイジングの問題に対する解決方法もご紹介しています。ぜひ、VDIの導入を検討している方は記事をご覧ください。

EcoOne VDI for Azure Virtual Desktop
EcoOne VDI for Azure Virtual Desktop(旧名称:Windows Virtual Desktop)

EcoOne VDI for Azure Virtual Desktop(旧名称:Windows Virtual Desktop)

「EcoOne VDI for Windows Virtual Desktop」は、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で提供される仮想デスクトップ環境「Windows Virtual Desktop」をベースとしたリモートワーク環境を提供するサービスです。