お問い合わせ

AIの力で日本の中堅・中小企業を元気にしたい!社内起業家への挑戦(イノベース)

公開日 : 2023年10月04日
更新日 : 2023年10月04日

JBグループでは、「グループ独自の"最新鋭ソリューション"を自ら創り出し、会社の価値を向上させること」を目的に、社内起業家を募集しました。10名の挑戦者が手を挙げる中、選考を勝ち抜き誕生した新会社が「イノベース」です。今回は、JBグループ内で初の社内起業家となったイノベース 代表 高浜さんへ起業の背景とその想いをインタビュー。JBグループ公式noteへ掲載しました。

AIの力で日本の中堅・中小企業を元気にしたい!イノベース 代表 高浜さんへ起業の背景とその想いをインタビュー

目次

  1. 技術畑一筋のエンジニアが、名乗りを上げるまで
  2. 社内起業家に挑戦しようと思ったきっかけ
  3. AIの力で日本の中堅・中小企業を元気にしたい!
  4. AIエンジニア3名でスタート
  5. 中堅・中小企業のAI活用のハードルを下げるために

技術畑一筋のエンジニアが、名乗りを上げるまで:イノベース代表 高浜 祐二について

1996年にJBCCへ入社しました。以降、さまざまな分野で技術者としてのキャリアを積み、現在はSI事業部 超高速開発センターでアプリケーション開発部門の管理職として、チームをまとめる立場で仕事をしています。担当してきた領域はインフラからアプリケーション開発まで、仕事内容は提案活動から開発、保守、マネジメントと、幅広く経験させてもらいました。

\ 続きはJBグループ公式noteでご覧いただけます /

   JBグループ公式noteを見る   

※別ウィンドウが開きます

関連ソリューション

イノベース -Inspection-

どこよりも始めやすい高精度なAI自動検品サービス「イノベース -Inspection-」

イノベース -Inspection-はプリント基板のAI自動検品作業の効率化・自動化するための月額制のクラウド型システムです。AIの学習が自動化されているので、AI導入のハードルも解消!検品作業の効率化・自動化を実現します!

 イノベース -Inspection 詳細を見る 

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,150社、超高速開発による基幹システム構築 460社、セキュリティ 1,100社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

ニュースリリース
良品画像のみでプリント基板を検品できる高精度AI クラウドサービスで提供開始

良品画像のみでプリント基板を検品できる高精度AI クラウドサービスで提供開始

総合IT サービス業のJBCC株式会社は、電子機器に欠かせないプリント基板について、不良品画像が無くても良品画像の学習のみで検品できる、高精度AI検品クラウドサービス「イノベース -Inspection-(インスペクション)」のパイロット版の提供を開始します※。先行ユーザーへの導入においては、プリント基板1枚あたりの検査時間は目視の場合の15分から1分に短縮され、1日あたりでは、工場全体で50時間かかっていたものが3.3時間に削減されるなど、作業時間を93%削減し、検品作業の効率化を実現しました。

コラム
AI自動検品サービス「イノベース -Inspection-」とは?

AI自動検品サービス「イノベース -Inspection-」とは?

皆さん、はじめまして!JBCCでAIサービスを担当しているイノベースの近藤です。 JBグループでは2022年度より社員の挑戦を応援する社内起業家プログラムが開始され、その取り組みの一つとしてAIを専門に取り扱う「イノベース」を社内起業しました。イノベース設立の背景などについては、来月のコラムでご紹介します!今回は、私たちが提供する AI自動検品サービス「イノベース -Inspection-」についてご紹介します!

デジタル業務ソリューション
【京都電機器株式会社 様】AIで検品業務を自動化し、定型業務の作業時間を90%削減

【京都電機器株式会社 様】AIで検品業務を自動化し、定型業務の作業時間を90%削減

京都電機器株式会社様、AIで検品業務を自動化し、定型業務の作業時間を90%削減。小ロット多品種生産での適用を実現。