お問い合わせ

JBCCグループ 新しい働き方への挑戦ーリアルコミュニケーションでイノベーションを加速

公開日 : 2023年03月02日
更新日 : 2024年06月05日

JBCCグループは、従業員の働き方のさらなる変革を目指し、首都圏オフィスを統合し、2023年2月 東京・八重洲(東京ミッドタウン八重洲)へ本社を移転しました。新しい働き方のコンセプトは "Tsunag(つなぐ)" です。ただオフィスを移転するだけではなく、これからの新しい働き方を実現するために、事業各社からタスクメンバーやアンバサダーを募り、どのようにこれからのビジネス価値向上につなげていくのか、メンバー同士で考えました。当コラムでは、JBCCグループが考えた新オフィスでの「新しい働き方」をご紹介します。

Cafe Tsunagu

目次

  1. 新しい働き方のコンセプトは"Tsunag(つなぐ)"
  2. リアルコミュニケーションでイノベーションを加速
  3. JBCCグループ HARMONIZE「"一番欲しい"を最速で」を実現するために

1. 新しい働き方のコンセプトは "Tsunag(つなぐ)"

はじめにJBCCグループが目指す新しい働き方とは何か、従来の働き方から大きく変革するために最も大切にしたい想いを議論しました。

テレワークが浸透した今、オフィスじゃなくても仕事はできる。自宅でもカフェでもどこでも。では、オフィスってどうあるべきなのか?と考えたときに、"Tsunag(つなぐ)"が大きなキーワードになるのではないか、という意見に辿り着きました。
JBCCグループには、約2,000名の従業員がいて、様々な技術や経験と、熱い想いを持った仲間がいます。今までは関係者同士だけだった小さなチームのつながりが、新しいオフィスではさらに大きなチームとなって、さまざまなアイデアを創出し、さらにお客さまにも新しい価値をお届けし、共に未来を創りあげていく、そういうオフィスを実現したいという想いからスタートしました。

つなぐ

2. リアルコミュニケーションでイノベーションを加速

次に、このコンセプトを実現するための、レイアウトやオフィス家具を検討しました。まずは他社オフィス見学会を何度か実施し、見学させていただきながら、私たちが具体的にどういうオフィスで働きたいか話し合いました。タスクチームやアンバサダーメンバーには、営業、SE、スタッフとさまざまな職種のメンバーが参加しているので、それぞれの立場から意見やアイデアを出し合い、議論しました。
そして、"Tsunag(つなぐ)"を実現する新オフィスは、偶発的な出会いを意図的に増やすために、オフィスを4つの空間にゾーニングし、各エリアごとに様々な仕掛けを施すことにしました。

4つのエリア

受付入ってすぐの「情報エリア」では、"仲間とつながる"をコンセプトに、社員同士がオフィスで出会い、気軽に情報交換ができるように垣根のないオープンなエリアにしました。また、社員同士の雑談スペースとして、「Café Tsunag」を併設。オープンしてから毎日たくさんの社員が利用し、雑談している光景が見受けられます。

仲間とつながる「情報エリア」

情報エリア

次に、「発散エリア」では、情報エリアで生まれたアイデアをチームで膨らませ、具体化します。ここでは、リラックスしながらブレーンストーミングや、オンラインMTGが可能で、ホワイトボードやデスクはすべて可動式にし、あえてカーテンで仕切ることにより、柔軟で自由自在な会議スペースにしました。

発散エリア 発散エリア


次に「創出エリア」では、発散エリアでまとめた意見や情報を即座にアウトプットします。ここには集中力を高めるために、あえて照明を暗くしたデスクやブースの他、グループワークもしやすいように3人横並びになってアウトプットすることができる「もんじゅ」スペースも設置しました。実際このエリアで仕事をしてみると、仕事がとてもはかどります。

創出エリア area-creation02.jpg

最後に、「発信エリア」です。ここでは、創出エリアででてきたアウトプットを社内外へ情報発信することができます。お客さまとの打ち合わせルームの他、デザインにもこだわったウェブ配信スタジオを設置しました。あえてガラス張りにしたので、来客されたお客さまにも見学いただけます。また、エントランスには大画面モニターを設置し、イベント開催もできるようにしました。私たちが生み出したアイデアや情報を、お客さまにお届けしていくエリアとして今後活用していきます。

お客さまへつなぐ「発信エリア」 発信エリア|Web配信スタジオ

3. JBCCグループ HARMONIZE「"一番欲しい"を最速で」を実現するために

JBCCグループの新しい働き方

新オフィスでは、自分たちがやりたいことを、柔軟に対応することができる機能がたくさんあります。JBCCグループの社員は自ら働く時間や場所を考え行動し、一人ひとりが持つ情報や価値観を共有し、事業会社・部門間の壁を壊し、グループ全体の「一体感」を生み出す。これらがあわさることで、イノベーションを加速し、さらに生産性を高め、一人ひとりのワークライフバランスの実現にもつながると考えています。

JBCCグループは、お客さまのDX実現に伴走するパートナーとしてさらに連携を強化し、柔軟でスピード感のあるビジネスを加速させていきます。

"一番欲しい"を最速で「HARMONIZE」



本社移転のお知らせ(東京・八重洲)

https://www.jbcchd.co.jp/news/2023/01/05/130000.html

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,411社、超高速開発による基幹システム構築 480社、セキュリティ 1,110社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。