お問い合わせ

ビジネスの現状を可視化―Microsoft Power BIがもたらす業務効率化と意思決定の迅速化―

公開日 : 2024年03月28日
更新日 : 2024年06月05日
ビジネスの現状を可視化~Microsoft Power BIがもたらす業務効率化と意思決定の迅速化~

目次

  1. Power BIとは
  2. Power BIの主要機能
  3. 構成要素
  4. Power BIのメリット
  5. Excelとの違い
  6. 活用例
  7. まとめ

1. Power BIとは

Microsoft Power BIは、マイクロソフトが提供しているビジネスインテリジェンス(BI)ツールです。

BIツールの導入により、これまで企業が蓄積してきたデータを使って迅速に意思決定できるようになります。たとえば、売り上げを分析して新たな販促施策の検討や、テレワークと生産性の関係を分析した結果をもとにテレワークを拡充したりするといった判断が可能になります。

これまで一部の企業では、複雑なレポーティングシステムを構築やデータサイエンティストをはじめとしたデータ分析の専門家に依頼して収集した大量のデータを可視化してきました。しかし膨大な工数やコストが負担になる企業の場合、なかなかデータを可視化することができず、蓄積したデータを意志決定に十分に活用することができませんでした。

数多くのデータソースに簡単に接続できるPower BIは、膨大なデータを収集・統合・変換し、わかりやすい形で可視化します。つまり複雑なシステムの構築を必要とせず、専門家の力も借りずに、さまざまな視点でデータを分析・可視化が可能となります。

これまでデータの可視化・分析ができなかった企業も、Power BIによって社内のデータを活用し、意思決定に活かすことができるようになります。その結果、ビジネスの課題解決や業務効率化の実現が加速します。DXやデータドリブンが求められる中、ますますBIツールの重要性が増加しているのです。

2. Power BIの主要機能

Power BIは、①データの収集、②データの分析、③データの可視化、④データの共有という4つの主要機能があります。

これらの機能を使って多様なデータソースからデータをインポートし、折れ線グラフや散布図などのビジュアライズを作成できます。作成されたレポートはWebブラウザやモバイルアプリで閲覧できるので、いつでもどこでも活用できます。

Power BIを使えば、作成したデータクエリーやデータモデリング、レポートなども簡単に共有でき、データを継続して分析するといった用途にも使えるため、リアルタイムでビジネスの状況を把握したり、組織内で重要な情報を共有したりすることが可能になります。さらにダッシュボードの作成、アドホック分析の他、AI機能によるトレンド分析や予測分析もこなします。

3. 構成要素

Power BIには、デスクトップ版の「Power BI Desktop」とクラウドサービス版の「Power BI サービス」があり、それぞれ役割が異なります。

1. Power BI Desktop

パソコンにインストールするデスクトップアプリケーションです。データへの接続、変換、可視化、分析などの機能が一式揃っており、データ分析やレポート作成が行えます。

このアプリを使えば、データの接続、クリーニング、モデリング、レポートの作成が可能です。作成したレポートは、Power BIサービスにアップロードして共有します。

2. Power BIサービス

クラウド上でデータを管理し、レポートやダッシュボードを共有するためのサービスです。このサービスを活用し、レポート編集やクラウド上での共有やコラボレーションを促します。複数のユーザーと共有できるため、部門間や企業間のコミュニケーションにも役立ちます。

クラウドベースのサービスなので、いつでもどこからでもアクセスできるのは大きなメリットです。

4. Power BIのメリット

Power BIのメリット
Power BIは、企業の迅速かつ正確な意思決定を後押しするツールです。分析結果を視覚的に確認できるため、簡単に現状を把握でき、適切な判断を下せます。全社員がデータを活用して業務を行える環境を醸成できることも、大きな利点です。

また、クラウド環境でのコラボレーションによって、遠隔地からでも情報を簡単に共有できるようになります。さまざまな組織や働き方に対応できるソリューションと言えるでしょう。

他にも下記のようなメリットがあります。

  • Office 365との連携がスムーズで、導入が容易
  • 操作性が高く、誰もが使いやすい
  • 拡張性と統合性に優れ、他サービスとの連携が柔軟
  • Excelよりも大量のデータを扱える
  • インタラクティブなレポート作成が行える
  • データの可視化機能が豊富
  • 価格が比較的安価
  • いつでもどこからでも閲覧できる

Power BIは、導入から運用までのプロセスを円滑に進めることができ、データの効率的な活用を実現するための優れたBIツールです。

5. Excelとの違い

Excelの場合、可視化機能が限定的です。Pivot Tableを作成したりグラフ化したりすることはできますが、それらの機能は個人向けで扱えるデータ量にも限界があります。

Power BIは大規模データの処理が可能で、データの可視化についても最新のデータビジュアライゼーション機能を活用できます。また、より高度な分析機能を備えているため、リアルタイムに分析したいというニーズにも応えます。Excelでは難しかった用途でも、Power BIを使えば対応が可能になります。

6. 活用例

Power BIを活用すれば、売上管理、生産管理、マーケティング分析など、あらゆる業務データを可視化して分析することができます。製品やサービスの改善ポイントを発見したり、新規事業の可能性を検証したりと、データに基づく意思決定を素早く行えるようになるのです。

また、企業ごとにカスタマイズしたダッシュボードを作成できるため、それぞれの部門が必要とするデータにすばやくアクセスすることが可能です。

Power BIで顧客データと販売データを分析し、新規事業の立ち上げを成功させたという大手メーカーの事例もあります。ある病院グループでは患者データを可視化し、病床の効率的な運用を実現しました。このように、さまざまな業種、業界でPower BIが活用されています。

7. まとめ

Power BIは、手軽にデータの収集、統合、分析、視覚化ができるBIツールとして優れた機能を持っています。操作性に優れ、コストパフォーマンスが高く、「見える化」によってデータ活用を支援します。

JBCCでは「Microsoft 365」活用術やワークショップなどを通じて、Power BIの機能の全容と実践的な活用方法をご紹介しております。ぜひ参加をご検討ください。

【見逃し配信】史上最強のグループウェア『Microsoft 365』すべてを使い倒せ! Microsoft 365 活用術3~PowerPlatform編~

Microsoft 365を徹底的に使い倒す!JBCCオリジナル Microsoft 365 ワークショップ

Microsoft 365を徹底的に使い倒す!JBCCオリジナル Microsoft 365 ワークショップ

基本的な使い方や活用方法、定着を無償でサポートするJBCCオリジナルのワークショップです。Microsoft製品を熟知したスタッフがよくあるお悩みについて、導入から活用、定着、運用、分析までトータルマネージいたします。



詳細を見る

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,411社、超高速開発による基幹システム構築 480社、セキュリティ 1,110社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

コラム
Power Platformで変革を実現する

Power Platformで変革を実現する

「Microsoft Power Platform」は、ビジネスプロセスの自動化、データ分析に加え、プログラミングの知識や技術、スキルがない人でもアプリケーション開発を簡単・迅速に作成できる包括的なローコードプラットフォームです。自社内で必要なサービスを作成できるため、企業のデジタル変革を加速するサービスとして期待されています。主要コンポーネントはPower BI、Power Apps、Power Automate、およびPower Pagesの4つで構成されています。 この記事では、Power Platformを使ってどのように業務効率化、自動化、およびイノベーションを推進できるかを深掘りしていきます。

コラム
Microsoft Power Appsとは?できることや注意点を解説

Microsoft Power Appsとは?できることや注意点を解説

Microsoft Power Appsとは、誰でも業務アプリを作成できるローコード開発ツールです。開発コストを抑えながら業務に必要なアプリを誰でも作成できます。本記事では、Microsoft Power Appsでできることや使い方などを紹介します。

コラム
業務プロセス効率化の鍵! Microsoft Power Automateの使い方と活用法

業務プロセス効率化の鍵! Microsoft Power Automateの使い方と活用法

IT戦略の重要なテーマの一つが「ビジネスプロセスの自動化」です。Microsoft 365の導入を検討している担当者やMicrosoft 365管理者が業務効率化を目指す上で「Microsoft Power Automate」(旧称:Microsoft Flow)は有益なツールとなります。この記事では、「Microsoft Power Automate」 の基本から使い方まで詳しく解説します。