お問い合わせ

Power Platformで変革を実現する

公開日 : 2024年02月28日
更新日 : 2024年06月05日
Power Platformで変革を実現する

目次

  1. はじめに
  2. Power Platformのコンポーネント解説
  3. 導入事例とベストプラクティス
  4. 開発者が直面する課題と解決策
  5. まとめ

1. はじめに

「Microsoft Power Platform」は、ビジネスプロセスの自動化、データ分析に加え、プログラミングの知識や技術、スキルがない人でもアプリケーション開発を簡単・迅速に作成できる包括的なローコードプラットフォームです。
自社内で必要なサービスを作成できるため、企業のデジタル変革を加速するサービスとして期待されています。
主要コンポーネントはPower BI、Power Apps、Power Automate、および Power Pagesの4つで構成されています。
この記事では、Power Platformを使ってどのように業務効率化、自動化、およびイノベーションを推進できるかを深掘りしていきます。


2. Power Platformのコンポーネント解説

Power BI

データを収集・結合・分析して、グラフやダッシュボードといったわかりやすい形式でアウトプットします。企業が収集しているデータを視覚化し、ビジネスインテリジェンスを強化することができます。ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作でデータをまとめ、分析することで、インサイトを抽出・共有することができます。

Power Apps

ローコード開発環境を提供し、カスタムアプリケーションの迅速な開発を可能にします。これにより、プログラミングの知識や技術、スキルがなくても業務効率化が実現します。既存のデータコネクタを使用して複数のデータソースに接続し、業務アプリケーションを作成することも可能です。

Power Automate

日々の業務プロセスの自動化を実現するサービスです。以前はMicrosoft Flowとして知られていました。GUIベースのワークフロー作成ツールを使用して繰り返し行われるタスクを自動化し、効率を向上させます。

Power Pages

Power Pages は、ドラッグアンドドロップによる直感的な操作で魅力的な Web サイトを構築できるローコード開発プラットフォームです。テンプレートが豊富で、専門知識がなくてもビジネスニーズに合ったWebサイトが簡単に作成できます。

3. 導入事例とベストプラクティス

Power Platformの導入事例は、製造業での在庫管理システムの最適化、小売業での顧客データ分析と顧客体験の向上、金融業でのリスク管理プロセスの自動化など多岐にわたります。

導入を成功させるためのカギは、スモールスタート。まずは小規模なプロジェクトから始め、徐々に規模を拡大していくことです。また、既存のシステムやプロセスとの統合を計画的に行い、ステークホルダー全員がプラットフォームの機能と可能性を理解できるようにすることも重要です。

4. 開発者が直面する課題と解決策

課題1:スキルセットのギャップ

多くのIT技術者は従来のコーディング言語に精通していますが、ローコードプラットフォームの使用に慣れていないケースもあります。Microsoftが提供する豊富なドキュメンテーション、学習モジュール、コミュニティフォーラムを活用すれば、Power Platformの基礎から応用まで学ぶことができます。また、小規模なプロジェクトから始めて徐々に経験を積むことも可能です。

課題2:データセキュリティとプライバシー

ビジネスアプリケーションを開発する際、データのセキュリティとプライバシーは最優先事項となります。これらの課題を解決しなければ、ビジネスアプリケーションを作成することはできません。Power PlatformはMicrosoftの広範なセキュリティフレームワーク内で運用されており、データセキュリティやプライバシーを確保することができます。開発者は、アプリケーションや自動化の設計時に、適切なアクセス権限、データポリシー、およびガバナンス構造を実装することで、それらの課題を解決します。

課題3:統合の複雑さ

既存のシステムやサービスと新しいビジネスアプリケーションを統合する際、データ連係やデータ共有などが課題になる場合があります。Power Platformは、200以上のデータソースとのプリビルトコネクションを提供しており、カスタムコネクタの作成もサポートしています。

5. まとめ

Microsoft Power Platformは企業にとって強力なツールであり、業務効率化、プロセス自動化、およびイノベーションの加速を促します。しかし最大限にポテンシャルを引き出すためには、プラットフォームに関する深い理解、セキュリティとプライバシーへの配慮、および既存システムとのスムーズな統合が不可欠です。
そういったポイントを理解し、Power Platformをより活用するためには、学習やコミュニティとの交流が欠かせません。

そこでJBCCでは、Microsoft Power Platformをはじめ、Microsoft 365の利活用や定着を無償で支援するオリジナルワークショップを提供しています。
ワークショップでは、DXを促進するPower Platformの活用方法を無償でご紹介しています。対象のラインナップも豊富でさまざまな課題解決に向けて取り組んでいます。

Microsoft 365を徹底的に使い倒す!JBCCオリジナル Microsoft 365 ワークショップ

Microsoft 365を徹底的に使い倒す!JBCCオリジナル Microsoft 365 ワークショップ

基本的な使い方や活用方法、定着を無償でサポートするJBCCオリジナルのワークショップです。Microsoft製品を熟知したスタッフがよくあるお悩みについて、導入から活用、定着、運用、分析までトータルマネージいたします。



詳細を見る

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,411社、超高速開発による基幹システム構築 480社、セキュリティ 1,110社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

コラム
Microsoft Power Appsとは?できることや注意点を解説

Microsoft Power Appsとは?できることや注意点を解説

Microsoft Power Appsとは、誰でも業務アプリを作成できるローコード開発ツールです。開発コストを抑えながら業務に必要なアプリを誰でも作成できます。本記事では、Microsoft Power Appsでできることや使い方などを紹介します。

コラム
第11回「Microsoft 365 利活用雑談 Café」イベントレポート

第11回「Microsoft 365 利活用雑談 Café」イベントレポート

苦いコーヒーが苦手なのでカフェに行くとココアかフルーツジュース系をついつい頼みがちな、どうも Microsoft 365 大好きオジサン こと 中村 太一 です。本記事では、2024年1月26日にJBCC 八重洲オフィスで開催されたお客様向けイベント「第11回 Microsoft 365 利活用雑談 Café 」のレポートをお届けいたします。

Microsoft 365 の利活用を成功に導くJBCCのトータルサポート
Microsoft 365 の利活用を成功に導くJBCCのトータルサポート

Microsoft 365 の利活用を成功に導くJBCCのトータルサポート