ストレージとIT環境全体をさらにスマート化

公開日 : 2019年09月19日
更新日 : 2021年12月28日

データから有益な情報を得るには、データの強化、処理、保護と同時に、データをアクセス可能なものにする必要があります。自己管理型ITの実現への第一歩となるインテリジェントストレージを活用すれば、データの可能性を引き出すことができます。

今日では、考えられないほど大量のデータが生成されています。

生成元はWeb、ソーシャルメディア、モバイルデバイス、センサー、ネットワーク接続製品

フラッシュストレージの購入にあたり留意すべき3つのポイント_1

エッジ、データセンター、およびクラウドでの保存、管理、保護が必要です。

▼▼▼ 続きはこちら ▼▼▼

資料をダウンロードする

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援する総合ITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 1,600社、超高速開発による基幹システム構築 360社、セキュリティ 1,000社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

コラム
データの可能性を解き放つインテリジェントストレージ

データの可能性を解き放つインテリジェントストレージ

今後数十年にわたって企業が成功を収めるためには、デジタルトランスフォーメーションが必要です。それには、データから価値を抽出することが核となります。

コラム
フラッシュストレージの購入にあたり留意すべき3つのポイント

フラッシュストレージの購入にあたり留意すべき3つのポイント

Aberdeenの調査によって、組織がフラッシュの機能を活用する場合、デジタルトランスフォーメーションの実行、ハイブリッドインフラストラクチャの構築、アジリティおよび競争力をの向上をより効果的に実現できることが明らかになりました。