JBCCがWeb技術を採用した国内唯一の透析部門向け電子カルテソリューションを発表~ 「Medical Vision Web透析カルテ」~

公開日 : 2007年07月02日

日本ビジネスコンピューター株式会社
JBCCホールディングス株式会社

 JBCCホールディングス株式会社の事業会社でJBグループ*1の中核である、日本ビジネスコンピューター株式会社(以下JBCC、代表取締役社長:山田隆司)は、透析部門向けパッケージソフトウエア「Medical Vision Web透析カルテ」(以下、Web透析カルテ)を7月初旬より発売いたします。

現在、日本では約26万人以上が人工透析治療を必要としており、患者数は毎年約1万人ずつ増加する傾向にあると推定されています。この透析治療には週2~3日、1回に4~5時間がかかる上、遠くに外出ができない等、患者さまに生活上の制約や負担を数多く負わせます。また、治療には透析指示内容・透析実施前と実施後の十数項目の血液検査データ・投薬情報・臨床症状・患者の身長・体重・脈拍・食事内容・排便回数・排尿量など多くのデータを記録する必要があり、膨大な量のデータ保存が必要になります。

この「Web透析カルテ」は地域医療連携と医療情報の開示性の向上を目指し「質の高い医療サービスを安心して受けられる社会」に貢献すること目的に開発されており、Web技術を採用した国内唯一の透析専門電子カルテ・パッケージ・ソフトウエアです。
通常の電子カルテシステムには含まれていない、透析治療に特化した予約情報、患者さま情報や治療情報の管理と保存ができますので、薬剤等の透析前準備項目が自動的に印刷され、治療準備にかかる時間の短縮や手書きカルテによる「ひやり、はっと」の予防に役立ちます。
併せて、透析部門内のみでなく、院内LANに接続されたクライアントPCであれば、特別なソフトウエアの導入なく、診察室やナースステーションでシステムを活用することができますので、専任の看護師の人数によらず「良質な医療サービスの提供」を実現します。

さらに次ステップとして、時間的拘束等の生活上の制約を受ける患者さまの「満足の向上」を実現に向け、院内LANを病院間または地域連携ネットワークに発展させることにより、病院連携または地域連携を実現可能とします。
また、総ての印刷帳票は改竄等の脅威にも強いPDF化し保存ができますので、患者さまの転院にともなう紹介状等の事務作業の効率化を実現できるだけでなく、患者さまの透析情報を携帯可能な外部媒体に持たせることにより、外出先での緊急時や災害発生時の被災地での透析治療にも威力を発揮することができます。

JBCCでは全国の専任営業および医療ソリューションに実績のあるビジネスパートナーとの協業により、3年間で約4000箇所にある施設の10%に導入し、約30億円のビジネスを見込むとともに、この「Web透析カルテ」をさらに進化させ、全国規模の強力な販売・サポート力を生かし、データセンターでの集中サービス(SaaS/ASP)による地域医療連携の拡大および患者さまが全国を安心して旅行できる環境作りを目指します。





【価格と主な特長】

◇価格 : パッケージ+導入支援:350万円から 
◇特長

患者さまには"安心"を
薬剤等の透析前準備項目が自動的に印刷されるため、治療準備にかかる時間の短縮や手書きカルテによる「ひやり、はっと」の予防に役立ちます。
患者さまが透析治療データを携帯することで、外出先での緊急時や災害発生時にも迅速な治療に役立てることができます。
将来はデータセンターでの集中サービスによる地域医療連携の拡大および患者さまが全国を安心して旅行できる環境作りに寄与します。

医療機関には"安全"を
前回データの転記を自動的に行うため、人為的ミスによる医療過誤の予防に寄与します。
病院内の何処(ナースステーション、診察室等)でも過去から最新の透析治療データの確認が可能です。
週2~3回、毎回4~5時間かかる治療で発生する膨大なデータをセキュリティ管理された安全な保管が可能です。

【お問い合わせ】

<お問い合わせ>

■ 報道関係のお問い合わせ先
JBCCホールディングス  広報担当 村松  Tel:03-5714-5124 
e-mail:.cv_mail@web.jbcc.co.jp

■ お客さま問合せ先
日本ビジネスコンピューター 医療ソリューション事業部 八幡 TEL:03-5714-5300