商品開発体制強化と株式会社アプティの社名変更に関するお知らせ-技術力を基盤とした企業体として飛躍をめざす新会社-

公開日 : 2008年03月14日

日本ビジネスコンピューター株式会社
JBCCホールディングス株式会社

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:石黒和義)の2008年3月14日開催の取締役会において、JBグループの事業会社である株式会社アプティ(APTi)の商号をJBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)に変更するとともに、グループとしてのハードウェアならびにソフトウェアの研究開発体制を強化し両技術の融合を図るため、同じく当グループの事業会社である日本ビジネスコンピューター株式会社(JBCC)のソフトウェア事業および先進技術に関する機能をJBATと統合することを決定しましたのでお知らせします。



1.目的

APTiは当グループにおいて、主としてプリンターおよびシンクライアント(SecureTerminal)などの情報関連機器を企画、開発、製造、販売しています。
このたび、APTiの保有するハードウェアに関する技術力とJBCCの保有するソフトウェアに関する技術力を集中・融合させることにより、グループとしての独自ソリューション開発体制を強化することを狙いとして、JBCCのソフトウェア事業部および先進技術部門をJBAT(現APTi)と統合することとしたものです。
このことにより、JBATはソフトウェアとハードウェアの両方の技術力を有する企業体となり、当グループ独自の特色ある商品の開発を進めていく体制が整います。
このたびのAPTiのJBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)への商号変更もこの新体制を踏まえてのものです。


2.商号変更を行う子会社の名称等および新商号

 現在の商号: 株式会社アプティ
 現代表者: 代表取締役社長 山本 健治
 新代表者: 代表取締役社長 山田 隆司(2008年4月1日以降、予定)
 本店所在地: 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目9番地
 新商号:  JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(略称 JBAT)
 新英文名称: JB Advanced Technology Corporation
 商号変更日: 2008年4月1日(予定)

本日別途開示のとおり、2008年4月1日付をもって、山田隆司(現、日本ビジネスコンピューター株式会社[JBCC] 代表取締役社長)がJBATの代表取締役社長に就任する予定です。


当グループとしましては、このたびの経営資源の再配置により、ハードウェアを含めた独自のソリューション開発力を一層強化し、お客様満足度を高めることにより、グループとしてのビジネスの拡大を図っていきます。
なお、本件による当期の当社連結業績への影響はありません。

【関連リンク】

<関連リンク>

JBCCホールディングス株式会社
http://www.jbcchd.co.jp/information/index.htm

【お問い合わせ】

<お問い合わせ>

日本ビジネスコンピューター株式会社  広報担当 村松
Tel:03-5714-5124  e-mail: cv_mail@web.jbcc.co.jp

以上