「IBM Cognos Performance 2010」に出展

公開日 : 2010年12月02日

去る2010年11月17日(水)、東京・水天宮前のロイヤルパークホテルで開催された「IBM Cognos Performance 2010」に、JBグループとしてセッションおよび展示に参加しました。

今回の「IBM Cognos Performance 2010」では、"「先を見る」企業へ-ビジネス・アナリティクスによる実現-"をテーマに、IBMの新製品「IBM Cognos 10」を中心とした強力かつ最先端のビジネス・アナリティクス・ソリューションを、基調講演、セッションプログラム、展示・デモでご紹介し、盛況のうちに終了しました。

JBグループの展示ブースでは、"情報活用課題解決セッション" 「CPS2.0 for BI」をはじめ、豊富(約80種類)な経営分析指標を用意したCognos Express用の会計テンプレート「Money BI Suite」、Cognosの強みをアピールする「JBグループオリジナルの販売分析シナリオ」、また、Cognosを補完するツールとして、オリジナルのデータ連携(EAI/ETL)ソリューション「DataAnyware2.0」、より簡単に情報活用が行えるレポーティングツール「WebReport 2.0」などを展示し、ご来場のお客様にご紹介をいたしました。

中でも、「Money BI Suite」や「WebReport2.0」の展示には、行列ができるほど大勢のお客様にお立ち寄りいただき、JBグループのソリューションを実際に確認いただきました。

[イベントレポートはこちら] 日本IBMのサイトへ移動します
http://www-06.ibm.com/software/jp/data/cognos/events/cp10/

[参加内容]

セッション 【C-3】
企業の弱みを改善し、強みを伸ばす情報活用の進め方
           講師: コンサルティング事業部 コンサルティング部 伊藤健司

企業経営における戦略の重要性を示し、どのように情報マネジメントの仕組みを構築し、活用するか、企業の情報活用の進め方について説明しました。

・戦略実現のための情報活用の重要性
・効果的な情報活用の実現
・情報活用のためのBI(ビジネスインテリジェンス)
・情報活用のしくみ構築の進め方

コンサルティング事業部 コンサルティング部 伊藤健司

JBCC コンサルティング事業部

コンサルティング部 伊藤健司

cognosperformance_セッション風景

セッション風景

[資料ダウンロードはこちら]  JBCCホールディングスのサイトへ移動します
https://www.jbcchd.co.jp/event_pdf/1117/jbcc01_20101117.pdf

→資料のダウンロードは終了しました


展示・デモ参加
BIコンサルティング・メニューとCognos 補完・強化ツール

・コンサルティングサービス「CPS2.0 for BI」
・会計テンプレート「Money BI Suite for Cognos Express」
・JBグループオリジナル販売分析シナリオ
・意志決定支援ソリューション「CustomerVision/WebReport2.0」
・情報連携支援ソリューション「CustomerVision/DataAnyware2.0」

[ソリューションの詳細はこちらをご覧ください。]
・JBCCの情報活用(BI)ソリューションについて
http://www.jbcc.co.jp/topic/bi/index.html