e-文書法改正、マイナンバー対応に伴う、紙書類の電子化を推進クラウド型ドキュメント管理サービス「NXドキュメント管理」 紙書類の電子化サービス「ドキュメント・ライフサイクルサポート」を併せて発表

公開日 : 2015年09月29日

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、社長:山田 隆司)の事業会社でJBグループ(*1)の中核事業会社であるJBCC株式会社(本社:東京都大田区、社長:東上 征司、以下JBCC)は、クラウド型ドキュメント管理サービス「NXドキュメント管理」と紙書類の電子化サービス「ドキュメント・ライフサイクルサポート」の提供を10月1日より開始します。

e-文書法の改正により、税務関係書類のスキャナ保存の規制が緩和され、これまで紙での保存が義務付けられていた書類のスキャナ保存が進み、オフィススペースの圧迫や資料の倉庫保管料など、企業のドキュメント管理の見直しのみならず、紙書類電子化の推進が期待されています。

今回発表の「NXドキュメント管理」は、JBCCの運用付きクラウドサービスと株式会社OSK(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇佐美 愼治)のドキュメント管理に特化したソリューションを融合し、「俺のクラウド」(*2)の新たなサービスメニューの一つとなるものです。書類の電子化により、紙の書類を探す・保管するといった煩雑な作業が軽減される一方、システムの運用・監視業務はJBCCが代行するため、本来の業務に集中することができます。

「NXドキュメント管理」と併せて発表する、紙文書の管理サービス「ドキュメント・ライフサイクルサポート」は、書類の電子化(スキャニング)から、保管、廃棄までをアウトソーシングできるサービスです。過去の書類を電子化して「NXドキュメント管理」に統合、管理することで、企業のナレッジを共有し、より効果的なドキュメント管理の運用が行えます。

また、「NXドキュメント管理」とワークフロー・ソリューション「NXワークフロー」と組み合わせることで、ワークフローで収集した申請書等の情報や添付書類を、電子データとして管理、検索して利用することも可能です。

製品詳細サイト:https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/nxdoc/

「俺のクラウド」は、JBCCオリジナルソリューションと業種や業務に特化したパートナー各社のソリューションを組み合わせ、お客様に最適なクラウドサービスを提供しており、JBCCは、「俺のクラウド」のサービスメニューを順次拡充し、2016年度までに2,000社のお客様へのクラウドサービスの提供を目指しています。

【NXドキュメント管理の特長】

  • 運用付きクラウドサービスで日々の運用・監視業務が不要
  • 電子化された紙文書、Office文書(Word/Excel/PowerPoint)、PDF等の電子文書に対し全文検索が可能
  • 電子文書の改竄防止(ディスクの暗号化、サーバー/ファイル単位でアクセス制御が可能)
  • タブレットやスマホ等のモバイル端末から利用が可能
  • 株式会社ブレインコンサルティングオフィスの「マイナンバー実務安心パック」(別売)で必要書式の閲覧・共有・実務ナビゲーションが可能(http://www.e-brain.ne.jp/

【ドキュメント・ライフサイクルサポートの特長】

  • スキャニングサービス・・・ 紙情報の電子化。原本の破損や紛失を防止し、保管コストを削減
  • 保管サービス・・・ 原本を外部に保管して事業継続対策を支援
  • 廃棄サービス・・・ 不要になった原本を安全に廃棄

(*1)JBCCホールディングス株式会社及び事業会社の総称。(https://www.jbcchd.co.jp/corporate/group.html
(*2)「俺のクラウド」は、JBグループとパートナー企業がお互いの技術を活かしながら、クラウド基盤の構築からソリューション、運用まで、お客様に必要なものを最適な形で提供するクラウドサービスです。
※その他すべての社名、製品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


<お問い合わせ>
●報道関係の皆様
JBCCホールディングス 広報 松尾/村松 
Tel:03-5714-5177 e-mail: jb_info@web.jbcc.co.jp

●お客様
JBCC株式会社 クラウドイノベーション事業部 クラウドイノベーションセンター 岡元/澤田
Tel:03-5714-5475 e-mail: cv_mail@web.jbcc.co.jp