お知らせ

2019年10月02日

JBCC、オートメーション・エニウェア社
エンタープライズRPAソフトウェア「Automation Anywhere」搭載
「RPA導入運用支援サービス for Microsoft Azure」を提供開始

JBCC株式会社

JBCCホールディングス株式会社


JBCC、オートメーション・エニウェア社

エンタープライズRPAソフトウェア「Automation Anywhere」搭載

「RPA導入運用支援サービス for Microsoft Azure」を提供開始



JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、社長:東上 征司)の事業会社で JBグループ(*1)の中核であるJBCC株式会社(本社:東京都大田区、社長:東上 征司、以下 「JBCC」)とRPAプロバイダーのオートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 (本社:東京都中央区、アジア太平洋・日本地区担当エグゼクティブ バイス プレジデント エイドリアン ジョーンズ、以下「オートメーション・エニウェア」) は、 エンタープライズRPAソフトウェア 『Automation Anywhere Enterprise 11』 をJBCCがクラウド環境であるMicrosoft Azureに搭載し、企業向けに『RPA導入運用支援サービス for Microsoft Azure』の提供を10月初旬より開始することをお知らせします。


近年、日本の少子高齢化による労働人口の減少を背景として、企業における業務効率化と生産性の向上が喫緊の課題となっています。この課題をIT活用で解決する手段として、定型業務をロボットで肩代わりし、業務の自動化を実現するRPAの導入が注目されています。


オートメーション・エニウェアのRPAソフトウェア『Automation Anywhere Enterprise 11』は、従来のデスクトップで動作するRPAソフトウェアとは一線を画し、センター側での業務自動化ロボット・プログラムの一括管理機能や監査ログでの動作追跡機能などにより企業に不可欠なセキュリティやガバナンスの強化を図るとともに、企業内の複数組織間で業務自動化のノウハウを共有することも可能なエンタープライズ向け次世代型RPAプラットフォームとなります。


JBCCは、日本マイクロソフト社が提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azure上に『Automation Anywhere Enterprise』を搭載し、クラウド・サービスとして月額課金でお客様に早期にRPAの価値を実感、活用いただくために、自動化ロボット・プログラムの開発をVDI環境を経由して支援する『Bot開発支援』を提供します。これによりお客様自身が利用方法を習得し、効果的にエンタープライズRPAの豊富な機能を活用し、定着化することが可能となります。加えて、導入後の安定稼働および定着を支援する『RPA運用支援』も用意し、中堅中小企業から大企業まで、あらゆる規模のビジネスにおけるRPAによる業務効率化の確実な成功を具体的にサポート&サービスしていきます。クラウド環境で利用することで、『Automation Anywhere Enterprise』の高い生産性向上や高いセキュリティに加え、プロフェッショナルな支援を手軽に受けられることで、今後の業務のデジタル化をさらに加速することが可能になります。


オートメーション・エニウェアでは、JBCCの上記サポート&サービスにより、日本国内での活用をさらに進めます。

JBCCは、これまでの基幹システム開発経験で培った業務知識を活かし、多くの企業で利用されているExcelとともに、基幹業務を稼働中のお客様やサイボウズ社kintone(*2)で業務アプリを構築したお客様に、当該サービスを積極的に提案し、お客様における全社規模での働き方改革を支援していきます。2020年3月までに20社の企業への適用を計画しています。



■ 提供価格

・基本料金月額:『 RPA導入運用支援サービス for Microsoft Azure 』 (クラウド)  21万円~/月(税抜き価格)

※Bot開発支援、RPA運用支援については個別お見積り


(*1)JBCCホールディングス株式会社及び事業会社の総称(https://www.jbcchd.co.jp/corporate/group/)

(*2)サイボウズ株式会社が提供している、webデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービス



■ 関係各社からのコメント


日本マイクロソフト株式会社  パートナービジネス統括本部 統括本部長 

安藤 浩 様

日本マイクロソフト株式会社は、JBCC様の Microsoft Azure を活用した『Automation Anywhere Enterprise』搭載 『RPA導入運用支援サービス for Microsoft Azure』の提供開始を心より歓迎いたします。

今回のソリューションはMicrosoft Azure上で提供されることから、お客様はRPAを導入するために必要な環境をクラウド上に迅速かつ柔軟に構築・展開できることに加え、『Bot開発支援』、 『RPA運用支援』など、利活用から運用までトータルでサポートいただくサービスが可能になります。今回のサービスの提供が、日本企業の働き方改革へ貢献できることを期待しております。


サイボウズ株式会社  執行役員 営業本部長 

栗山 圭太 様

サイボウズ株式会社は、JBCC様によるRPA導入運用支援サービスの提供開始ならびにkintoneとの連携を心より歓迎いたします。

kintoneは、ノンプログラミングで業務アプリの作成や修正ができるほか、プラグインによる機能拡張や外部サービス間での連携ができ、利用の幅を広げることができます。この度の連携では、受注情報や売上データなどをkintone上に自動で登録・集計・管理することで、データ入力の工数やミスを削減できるため、業務効率化や働き方改革のご支援につながると考えております。

今後も更なるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に快適なソリューションをご提案してまいります。



■ 『 RPA導入運用支援サービス for Microsoft Azure 』の概要 

 (https://www.jbcc.co.jp/products/aa/) 


RPA_introduction_operation_support_service_for_Microsoft_Azure.png


■ kintoneとの連携の活用シーン

・FAX受注ファイルを、ボットがOCRで読み取り、文字情報をデジタル化し、kintoneに取り込んで管理

・kintoneに入力された営業活動日報に、基幹システムからの企業情報(業種、規模など)を追加して保存

・基幹システムの売上データをボットがCSVでダウンロードし、絞込み、集計を行い、結果をkintoneに取り込んで保存


<お問い合わせ先>

  • 報道関係の皆様

 JBCCホールディングス 広報 松尾/村松

 Tel: 03-5714-5177 e-mail: jb_info@jbcc.co.jp

  • お客様

 JBCC株式会社 ビジネス・ソリューション事業部 岡元/溝口

 Tel:03-5714-5475 e-mail:orenocloud@jbcc.co.jp

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ