2020年5月18日~22日 【テレワーク推進LIVE】オンラインセミナー開催のお知らせ

公開日 : 2020年04月24日

teleworkblogtopimage.jpg

2020年4月、急きょ迫られた「テレワーク」。進められずに困った!というお客様へ

1週間にわたってテレワークを今すぐ一歩進めるためのヒントをお届けするオンラインイベントを開催します!

お申し込みをする

開催場所

オンラインイベント

開催日時(毎日14:00より配信)

Day1 5月18日(月)14:00~16:35 テレワーク推進には、まずはプラットフォーム整備!Day

Day2 5月19日(火)14:00~16:35 テレワーク推進するためのセキュリティ対策!Day

Day3 5月20日(水)14:00~16:15 テレワークで今すぐ使えるコミュニケーション!Day

Day4 5月21日(木)14:00~16:00 テレワークのさらなる推進に!業務の電子化Day~脱紙業務~

Day5 5月22日(金)14:00~16:00 オフィス無人化に向けて!業務の自動化Day

AGENDA

teleworkliveday1.png

14:00~14:30

テレワーク推進は、プラットフォームの整備から!

JBCC株式会社 次世代プラットフォームエバンジェリスト 長岡 賢陽

14:35~14:55

持続可能なテレワークを実現する環境づくりのポイントを教えます!

COVID-19の影響の深刻化に伴い、BCP対策の観点からもテレワークを採用、もしくは検討する企業や組織は増加の一途を辿っています。
レノボでは自社での経験から周辺環境も含めて従業員ひとりひとりが生産性高く働くことができる環境の整備が、オフィスでの環境整備と同様に、
持続的なテレワークを実現する上で重要な要素であると確信しています。 レノボ・グループが過去約4年半に渡って自らテレワークを実践してきた中で蓄積した、テレワークに最適な環境作りのノウハウも含めて、レノボ製品のおススメ製品をご案内させていただきます。

レノボ・ジャパン合同会社

コマーシャル事業部 ワークスタイル・エバンジェリスト

元嶋 亮太氏

15:00~15:30

オンプレミスでもできる!テレワークへの緊急対応

COVID-19の蔓延で、リモートワークの採用が急激に広がっております。

オンプレミスでは何も対応できないと思っていませんか?2000年頃から固定席なし、リモートワークを行っているHPEが、テレワークに際し今どのような準備ができるかを語ります。

安定した性能を維持するため、またすぐに予算が取れない場合はどうすべきかなどワーカーと企業の抱える現状と課題、その解決策のエッセンスをお伝えします!

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ハイブリッドIT事業統括本部

セールスエンジニア統括本部 エンタープライズ技術本部 パートナー技術部

江澤竜起氏 

15:35~15:45

SysTrackでテレワークをオフィスワークの様に管理する

SysTrackはテレワークであっても、ユーザーがいつITをどのように使って何をしているかを可視化し、ユーザーの生産性維持をご支援します。

また、テレワークでは、ユーザーは自宅のWiFi環境から業務システムへアクセスし、ユーザー毎に異なる環境はユーザーサポートを困難にします。

SysTrackはユーザーのIT課題を見える化し、問題の特定を容易にします。

レイクサイド・ソフトウェア株式会社

冨樫 明氏

15:50~16:20

セキュアなリモートワーク環境を実現する Microsoft 365 で「これから」の働き方を

COVID-19 (新型コロナウィルス感染症)が世界中の人々の生活に大きな影響を与えています。

このような困難な状況において、リモートワークの実施が不可欠となってきましたが、安全に離れた人と協働する環境を実現できる実践例を交えてご紹介いたします。

日本マイクロソフト株式会社

パートナー事業本部

清水 利幸氏

お申し込みをする

teleworkliveday2.png

14:00~14:05

ご挨拶

JBCC株式会社

セキュリティサービス事業部 セキュリティ推進本部  
本部長 三澤 憲史

14:05~14:30

今だからこそ必見!テレワーク推進に必要なセキュリティ対策とは?

テレワークが加速し、表面化してきたセキュリティ課題。
守るべき領域が社内から社外のユーザーやデータへと広がってきています。今実施しなければいけないJBCCが考えるテレワークセキュリティ対策の全体像についてご紹介します。

JBCC株式会社 
セキュリティサービス事業部 クラウドセキュリティ開発  
宇敷 信介

14:35~15:00

利便性と安全性を両立するテレワークに有効な認証セキュリティとは?

コミュニケーションツールやクラウドサービスの利用が進む今、アカウント流出による情報漏洩が問題視されています。今後も増え続ける外部環境からのアクセスには、より強固なセキュリティ対策は必要不可欠なものとなっていくため必要なセキュリティ対策について、JBCCのSEが事例を交えてご紹介します。

JBCC株式会社
セキュリティサービス事業部 セキュリティ技術本部

増田 洋一 

15:05~15:25

セキュアなテレワーク環境を迅速に実現
SaaS型次世代ファイアウォール 「Prisma Access」

テレワーク環境の実現には、無防備な持ち出し端末へのサイバー攻撃や既存システムの負荷増大などの課題があります。
Prisma Accessは、既存システムへの負荷を増大させることなく、次世代ファイアウォールによる保護をテレワーク環境にも提供します。

パロアルトネットワークス株式会社
技術本部 システムズエンジニア
堀江 大輔氏

15:25~15:45

テレワークでもPCを守る!Cortex XDRが実現するリモートEDRのご紹介

リモート環境でセキュアな状況を保つにはエンドポイント対策が効果的です。
本セッションではリモート環境でも素早く始めることができるEDR対策の方法をご紹介いたします。

パロアルトネットワークス株式会社
Cortex営業本部 リージョナルセールスマネージャー
高野 清氏

15:45~ 16:05

基幹システムクラウド化(IaaS/PaaS)に必要となるセキュリティとは

SaaSによりブラウザやモバイルでほとんどの業務が可能になりつつある現在、基幹システム構築環境もクラウドにシフトし、リモートから開発、運用、保守までが可能になっています。基幹システムに必須となるセキュリティを機械化、自動化するPrisma Cloudに関してご紹介いたします。

パロアルトネットワークス株式会社

クラウド セキュリティ スペシャリスト

泉 篤彦氏

16:10~ 16:30

急増するテレワークに求められるセキュリティ運用支援サービスのご紹介

テレワーク推進・クラウド活用を行っている企業にとってセキュリティ運用者の人材不足は特に深刻で、外部サービスの利用を検討する企業が増えています。
今だから活用できるJBCCのセキュリティ運用支援サービスについてご紹介します。

JBCC株式会社

セキュリティサービス事業部 セキュリティ推進本部
田中 克彦

お申し込みをする

teleworkliveday3.png

14:00~14:10

テレワークでコミュニケーションはどう変わる!? 最新ITCを活用した次世代コミュニケーション

JBCC株式会社
働き方改革エバンジェリスト 齊藤 晃介

14:10~ 14:45

次世代コミュニケーションツール最前線 -  大人気のビジネスチャットMicrosoftTeamsをまったり解説
Teamsの機能をJBCC office365担当者とJBCCユーザー部門のメンバーが質問形式でまったりと解説します。

- Web会議サービス徹底比較 1本勝負
代表的なWeb会議サービスのZoom、Webex、Teamsを様々な視点から比較してみます!

JBCC株式会社
One Teams

14:45~15:00

【番外編】オンラインストレージ 最強王者は誰だ!?

マクニカネットワークス株式会社

第3営業統括部 第1営業部 第1課

窪 航二郎氏

15:05~ 15:35

テレワークに最適!kintoneで創るバーチャルオフィス
Web会議やチャットだけでテレワークを遂行していくのは難しくなってませんでしょうか?
本セミナーではサイボウズがテレワーク(働き方改革)に必要と考える「風土」「制度」「ツール」の中の「ツール」に焦点をあててこれからのテレワークに必要なkintoneで創るバーチャルオフィスを紹介します。

サイボウズ株式会社
営業本部  パートナー第2営業部 
鈴木 潤氏

15:45~16:05

「テレワークはチャンス?!あなたの知らないスキルアップ方法」

eLearningだけではない、様々なデジタルを使った学習方法、 オンラインクラスサービス を紹介します

株式会社アイ・ラーニング

16:10~16:30

オンラインセミナーを全員テレワークでやってみた!

JBCCではこの度はじめてのオンラインセミナーを全員テレワークという体制でやってみました。 その裏側では何が起きていたのか?使ったツール、運営方法、注意点など、実際に運営に携わったメンバーとともに紹介します。

JBCC株式会社

お申し込みをする

teleworkliveday4.png

14:00~14:10

テレワークのさらなる推進に!業務の電子化~脱紙業務~

JBCC株式会社
JBCC株式会社 AIエバンジェリスト 岡元 信弘

14:10~ 14:30

もう出社しなくてもいい!テレワーク時代の帳票送付と電子契約
出社される方は、行かなければならない理由がある。その一つは「紙の書類」です。 請求書や納品書、また契約書を印刷して、郵送しなければなりません。もしかしたら、あなたのお客様も受け取るために出社されているかもしれません。 両社にメリットのある書類の送付をデジタル化するためのヒントをお伝えします。

JBCC株式会社

ビジネスソリューション事業部 
冨山 茂樹

14:40~15:00

Stop!ハンコの文化
在宅勤務に切り替えたいけれど、申請書類に「ハンコ」を押さなければならず出社しなければならない・・・というお客様も多いのではないでしょうか。
本セッションではサクッと申請書類を簡単にシステム化をし、小さく始める「脱!ハンコの文化」のヒントをご紹介します。

JBCC株式会社

ビジネスソリューション事業部 
宮田 悠登 

15:10~15:30

AI-OCRとRPAを活用した「脱紙」実現のポイント

「注文や請求FAXを処理するために毎日オフィスに出社しないといけない!」ということになっていませんか?AI-OCRやRPAを組み合わせ、紙帳票からの仕訳入力までの自動化を行っている実際のお客様事例を基に「脱紙」する方法やポイントについてをお話します。

JBCC株式会社
ビジネスソリューション事業部 
伊賀 亜里紗

15:40~16:00

「テレワークを阻む『紙』業務からの脱却!AI-OCRの活用で在宅勤務を実現」
テレワークを阻む「紙」業務。在宅勤務に移行したくても、「紙とハンコのために出社しないと・・・」という企業文化はまだまだ根強く残っていると思われます。 本セッションでは、AI-OCRを活用してテレワークを実現させたお客様事例をもとに、テレワークを成功に導くためのポイントをお話します。

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
マーケティング部
菅 岳大

お申し込みをする

teleworkliveday5.png

14:00~14:10

オフィス無人化に向けて!業務の自動化

JBCC株式会社
AIエバンジェリスト 岡元 信弘

14:15~14:45

RPAを活用したDX推進 成功への近道
やみくもにRPA導入を検討していませんか?RPAを導入することが目的ではなく、DX全体を捉えることにより、普段の業務を可視化し、見直し、改善し、自動化していく。そういったプロセスを踏むことによりDXは推進出来ます。弊社自身の事例も含めRPAを活用したDX推進についてお話いたします。

JBCC株式会社
RPAエバンジェリスト
溝口 勝也

14:55~15:15

問合わせは会議室で起きてるんじゃない!自宅で起きてるんだ! テレワーク時代を見据えた、AI利用による実践的問合わせ対応効率化

会議はWeb上、仕事は自宅。非常に便利で、当たり前になりつつあるテレワーク。
ですが、問合わせの発生場所もオフィスから各々の自宅に。業務環境の個別化に加え、テレワーク用に新ツール導入...社内の問合わせ対応業務の所要時間は、ますます増大しています。
テレワーク導入の機会をチャンスとし、問合わせ業務の効率化も同時に計ることで、社内浸透の二度手間を回避し、業務改革を加速させてはいかがでしょうか。 テレワークツール+AIによる、実践的な問合わせ対応の効率化、事例等含めてご紹介いたします。

JBCC株式会社
AI活用道場師範 
八木下 和佐

15:25~15:45

どうする!?テレワーク導入後の労働時間管理
今までオフィスの入り口で出退勤の打刻で管理していた労働時間。 それが突然のテレワーク(在宅勤務)でどうやって把握すればいいかとお悩みの方必見! 簡易的な把握(開始、終了)から実労働時間の把握まで、既存の勤怠管理を使ったまま導入できる仕組みをご紹介いたします。

JBCC株式会社
ビジネスソリューション事業部
長谷川 雅彦

15:55~16:15

尋ねたくても近くに誰も居ないテレワーク時の問合せ対応に『ArrowSearch』

テレワーク中に発生する疑問・・・「あれ?うちの就業規定ってどうなっていたっけ?」なんて時、皆さんはどうされていますか?「チャットがあるからあの人に聞いてみよう!」って?それって案外チャットハラスメントかも・・・そしてちゃんと情報を共有公開している人にはとっても失礼で、対応が二度手間になっているかも・・・そんな時はまずArrowSearchで検索!尋ねる側も尋ねられる側のチョコ停を削減してテレワーク時間の生産性向上に一役買います! 短い時間ですが、テレワーク時の探し物あるあるを考えながら活用シーンをご紹介いたします。

株式会社シーアイエス

お申し込みをする