JBCC、マイクロソフトの「Advanced Specialization」を取得

公開日 : 2021年08月18日

JBCC株式会社

JBCCホールディングス株式会社


JBCC、マイクロソフトの「Advanced Specialization」を取得

~ 「Azure Virtual Desktop」の高度な専門性を評価 ~



総合ITサービス業のJBCC株式会社(本社:東京都大田区、社長:東上 征司、以下JBCC)は、2021/6/30に、マイクロソフトのGoldコンピテンシーパートナーの中でも高度な専門性、豊富な経験等を有するパートナーに与えられるAdvanced Specialization(高度な専門性)をAzure Virtual Desktop(旧称:Windows Virtual Desktop)(以下AVD)分野で取得しました。

今回の取得はMicrosoft Azure上でのAVD導入に対して、JBCCが高い実績とサービスを持つパートナーであることを、第三者機関による厳正な審査を経て証明されたものです。本審査はAVDにおける「プリセールス」「アセスメント、計画、設計、PoC(概念実証)」「AVDの構築」「プロジェクトの引き渡し」の観点から実施されました。

JBCCでは、Azure Migrateを活用したクラウド移行無償アセスメントサービスを「ITモダナイゼーションクリニック」として提供し、お客様にとって最適な構成をご提案しています。また、クラウド利用開始後は、独自の運用付きクラウドマネージドサービス「EcoOne」によって継続的に運用を監視し、AVDをはじめ、お客様のクラウド利用全体について、常にリソースとコストの最適化を実現します。

今回、JBCCが評価された点は次の通りです。

● 中堅中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組み、「HARMONIZE」という総合的なサービス体系として提供している 
● AVDソリューションの質の高い提案や効果的なデモを実施する能力がある
● AVDソリューションの価値を伝える専門的で有益なお客様事例を有している
● ISO9001/27001/14001を有し、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021 Migration to Azureアワードを受賞している


■日本マイクロソフト株式会社よりエンドースメント

パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 業務執行役員 統括本部長 佐藤 久 氏

 日本マイクロソフトは、JBCC株式会社様がMicrosoft Azure に関する「Advanced Specialization」を取得されたことを心より歓迎します。 JBCC様は「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021」Migration to Azureアワードを受賞し、Microsoft Azureを「お客様へ最適な形でクラウド移行を提供するパートナー」として高い評価と実績を上げられました。
 そして今回更に「Azure Virtual Desktop」分野での数多くの実績と技術レベルが第三者機関の監査を経て、証明されました。今後、JBCC様のAzure Virtual Desktop 向けソリューションをベースに、企業の課題解決やニューノーマルな「働き方改革」を促進させるために、Microsoft AzureやMicrosoft 365の展開・活用を更に推進して頂くことを期待しております。

 日本マイクロソフトはJBCC様と更に連携を強化し、デジタルトランスフォーメーションを企業の皆様へお届けし、貢献してまいります。


Advanced Specializationについて
Advanced Specializationは、マイクロソフトに依頼された第三者機関の審査などを通じて、マイクロソフトのGoldコンピテンシーパートナーの中から、特定の分野における高度な専門性や豊富な経験等を有するパートナーへ授与する制度です。
https://partner.microsoft.com/ja-jp/membership/advanced-specialization/

■Azure Virtual Desktopについて
Azure Virtual Desktopは、マイクロソフトが提供するクラウド型のデスクトップおよびアプリの仮想サービスです。低コストで、セキュアなテレワーク環境をフレキシブルかつスピーディに提供することが可能です。JBCCでは、「EcoOne VDI for Windows Virtual Desktop」として、AVDをベースとしたテレワーク環境が利用可能な運用付きクラウドサービスを提供しています。
https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/wvd/

■クラウド移行無償アセスメントについて
クラウド移行提案を含むアセスメントを500社以上へ提供してきた豊富な実績と高い技術力をもとに、ITインフラの総合的な見直しを図る「ITモダナイゼーションクリニック」を無償提供しています。
https://www.jbcc.co.jp/products/solution/pfs/free/modernization_clinic/

JBCCは、クラウドとセキュリティを強みとし、豊富な経験に基づく可視化診断からクラウド移行に向けたロードマップやセキュリティ対策など、お客様ごとに最適なソリューションを、トータルITサービス「HARMONIZE」のプラットフォーム変革ソリューションで提供しています。災害対策を提示する導入前支援から、運用開始後に稼働状況に応じた構成見直し案を月次で提示する導入後支援まで、企業におけるクラウド活用パートナーとしてトータルでサポートします。


■「HARMONIZE」について https://www.jbcchd.co.jp/lp/harmonize/


「HARMONIZE」は、JBグループが提供する超高速開発、クラウド、セキュリティ、データ連携等のソリューションを、経済産業省の提唱するDXフレームワークの枠組みに基づき、強化、再構築したサービス体系。JBグループが持つデジタルテクノロジーや手法を取り入れ、進化する最新のDXを実現します。

HARMONIZEのロゴ

■ JBCC株式会社について  https://www.jbcc.co.jp/

JBCC株式会社は、JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛ける総合ITサービス企業です。超高速システム開発を特長とし、セキュリティ・AI・RPA等のサービスとともに、お客様のシステムの課題を技術力とスピードで解決します。

※Microsoft、Azure、Microsoft 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

<本件に関するお問い合わせ>

● 報道関係の皆様

JBCCホールディングス株式会社 広報・グループマーケティング

馬橋/宮根 Tel:03-5714-5177 E-mail: jb_info@jbcc.co.jp

● お客様

JBCC株式会社 PFS事業部

鈴木  E-mail: mktg@jbcc.co.jp