VMware仮想環境のクラウド移行を最適コスト・構成で実現

現状把握から今後のクラウド移行方針を踏まえ、お客様に最適なハイブリッドクラウドサービスを選定します。

オンプレミスに構築された仮想環境をそのままクラウドに移行

オンプレミスに構築された仮想環境をそのままクラウドに移行

一つのサーバー内に仮想的に複数の環境を構築できる仮想化は、ITインフラの構築に不可欠な技術として普及しています。企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する基盤としてクラウド化が進む中、オンプレミスに構築された仮想環境をそのままクラウドに移行し、稼働できるハイブリッドクラウドプラットフォーム※1が注目されています。これらのプラットフォームは複数のベンダーから提供されていますが、構成上の制約価格帯などに違いがあり、最適なソリューションを選択するには、VMware仮想環境のクラウド移行のノウハウが必要です。

※1 VMwareの仮想環境をクラウド上で稼働するサービスとして、Azure VMware SolutionやVMware Cloud on AWS、IBM Cloud for VMware Solutions等がヴイエムウェア社や各VMwareクラウドプロバイダーから提供されています。

マルチクラウド環境への対応と最適構成の提案

VMware仮想環境移行用のアセスメントが提供され、システム規模や、現時点のクラウド利用状況、今後のクラウド移行方針を踏まえ、Azure VMware Solution、VMware Cloud on AWS、IBM Cloud for VMware Solutionsの中からどのハイブリッドクラウドサービスが最適か選定します。

VMware仮想環境のクラウド移行を最適コスト・構成で実現

VMware仮想環境のクラウド移行を最適コスト・構成で実現

継続してコスト削減を図ることが可能

Point1

コストの最適化

現行のシステム環境のリソース使用状況の調査に基づき、必要なサーバー数を最大限に集約することで実現します。

Point2

短時間で移行

VMware vSphere® vMotion®を利用することで短時間の移行が可能になります。

Point3

IPアドレスの継続利用

オンプレミスで使用していたIPアドレスをクラウドでも継続利用できます。

システムの改修なしで、期間とコストを抑えた効率的なクラウド移行を実現します。

クラウドへの移行後も、CloudHealth by VMwareを活用した、クラウドの利用状況を定期的にチェックして最適なサーバー容量等を推奨・提示する運用サービスが付いているため、利用状況に応じて柔軟にサイジングできるクラウドのメリットを活かした運用ができ、継続してコスト削減を図ることが可能です。

VMware仮想環境の最適クラウド移行サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

業務全般DXワークショップ
業務全般DXワークショップ

業務全般DXワークショップ

業務全般DXワークショップでは、お客様の現状把握と課題を確認し、次にどのステップへ進めばよいかをご支援いたします。

コスト削減見える化 JBCC Cloud Fitness
コスト削減見える化「JBCC Cloud Fitness」

コスト削減見える化「JBCC Cloud Fitness」

クラウド移行でコストダウンを実現!3か月後に30%減も夢ではありません!インフラ体脂肪率を測ってみませんか?

IT Modernizationクリニック(個別相談会)
IT Modernizationクリニック(個別相談会)

IT Modernizationクリニック(個別相談会)

クリニックでは、このような課題に対するソリューションが見つかります。 経験豊富なITドクターによる診断で、お客様の用途や状況に応じた最適なITインフラ環境のデザインや、TCO削減レポートだけでなく性能分析、今後のリソース利用状況可視化など改善点を洗い出します。