お問い合わせ

「Microsoft Office」アプリを「Microsoft 365」アプリへ名称変更

公開日 : 2022年12月14日
更新日 : 2023年10月04日
「Microsoft Office」アプリを「Microsoft 365」アプリへ名称変更

目次

  1. 「Microsoft 365」にリブランディング
  2. 企業が対応すべきこと
  3. 新機能も続々追加
  4. まとめ
  5. Microsoft 365を徹底的に使い倒す「Microsoft 365 ワークショップ」

1. 「Microsoft 365」にリブランディング

Microsoftは、2022年10月12日に開催された「Microsoft Ignite 2022」で「Microsoft 365」アプリを発表しました。

「Microsoft 365」アプリとは、Teams、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどを含むクラウドのアプリプラットフォーム。これまでは「Office」という名称で知られていましたが、今後は「Microsoft 365」として展開されることになります。

それに伴い、「Office.com」というドメイン名は「Microsoft365.com」に切り替えられます。Windowsやモバイルで展開してきたOfficeアプリも、2023年1月までに「Microsoft 365」アプリという名前になり、デザインも変更される見通しとのことです。

サブスクリプションサービスの「Office 365」は、すでに「Microsoft 365」に名称変更されていますが、今回の名称変更を機に、Officeアプリも含めて「Microsoft 365」に名称が統一されることになります。

ただし、買い切り型の「Office 2021」やビジネス向けの一部サービスでは、引き続き「Office」の名称が使われます。Officeブランドがすべてなくなるわけではありません。

【関連記事】Microsoft 365とは?機能やプラン、Office365との違いを解説

2. 企業が対応すべきこと

今回のリブランディングでは名称が変更されるだけで、既存のアカウントやプロファイル、契約などへの影響はありません。そのため、ユーザー側で何か対応する必要はありません。

3. 新機能も続々追加

「Microsoft Ignite 2022」では、Microsoft 365に関連する様々なアプリ・サービスが発表されています。

まず、「Intelligent recap for Microsoft Teams meetings」が発表されました。これは、会議中の会話をまとめ、会話の中から必要なアクションだけを自動的に抽出し、タスクとして割り当てるという機能です。これを使うことで生産性の向上が期待できるほか、不要な会議に参加する必要がなくなることが期待されます。

「Microsoft Teams」の「イマーシブミーティング」では、「Meta Quest」で行える機能が強化される予定です。これによって、Meta Questを使ったメタバースの世界でのコラボレーションや情報共有が可能になります。Teams上でメッシュアバターを作ることができるため、Webカメラを使わなくてもミーティングに参加できるようになるでしょう。

コネクテッドワークプレイスソリューション「Microsoft Places」は、出社やリモートワークなど働き方が多様化する中で、企業が保有している空間を意味のあるスペースとして活用することを支援するサービスです。

「Microsoft Places」を使えば、同僚の出社日を可視化したり、仕事を行う場所をコーディネートしたり、会議室を予約したりすることができます。働き方が大きく変わっていく中、効率よく仕事したり、同僚とコラボレーションをしたりすることができるようになるでしょう。

ハイブリッドワークを支援するプラットフォーム「Microsoft Viva」も機能強化が予定されています。これは従業員のエクスペリエンスに重点を置いたプラットフォームで、チームの成長や繋がりなどを支援します。「Viva Sales」などの役割別ソリューションも提供され、TeamsやOutlookから顧客のインタラクションに直接アクセスできるようになります。このように、今後も業務に特化したアプリケーションを随時提供していくとのことです。

なお、これらの機能が実装される日程はまだ発表されていません。

4. まとめ

進化しつづけている「Microsoft 365」は、これまで以上に使いこなしが重要となっていくでしょう。

JBCCではMicrosoft 365に関するワークショップを開催しており、Microsoft 365の新機能をはじめ、Microsoft 365に関する情報提供を行っています。

Microsoft 365を徹底的に使い倒す「Microsoft 365 ワークショップ」

Microsoft 365 ワークショップ(オンライン)

基本的な使い方や活用方法、定着を無償でサポートするJBCCオリジナルのワークショップです。Microsoft製品を熟知したスタッフがよくあるお悩みについて、導入から活用、定着、運用、分析までトータルマネージいたします。

詳細を見る

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,150社、超高速開発による基幹システム構築 460社、セキュリティ 1,100社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

コラム
Microsoft 365とは?機能やプラン、Office365との違いを解説

Microsoft 365とは?機能やプラン、Office365との違いを解説

Microsoft 365は、Office 365にWindowsやセキュリティなどが組み合わさった統合ソリューションです。煩雑だったライセンス管理から解放され、高いセキュリティを維持しつつ、業務効率化につなげられます。Microsoft 365の機能やプランについてわかりやすく解説します。

コラム
Office 2013のサポート終了目前!Microsoft Officeのサポートや移行について紹介

Office 2013のサポート終了目前!Microsoft Officeのサポートや移行について紹介

オフィスでの業務では、Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPointといったオフィスアプリケーションがソフトウェアのデファクトスタンダード(事実上の業界標準)となっています。Microsoft Officeで作成されたファイルは互換性があるため、古いバージョンをそのまま使っているケースがありますが、テクニカルサポートやバグ修正、セキュリティの修正プログラムなどのサポートがが受けられなくなる可能性があります。ここではMicrosoft Officeのサポートや移行についてご紹介します。

コラム
マルチベンダーがおすすめするグループウェア4選。それぞれの特徴と会社規模に合わせた選び方

マルチベンダーがおすすめするグループウェア4選。それぞれの特徴と会社規模に合わせた選び方

テレワークの広がり、働き方を取り巻く環境は大きく変わりました。そうした中で注目されているのが「グループウェア」の活用です。グループウェアは、現在ほとんどの企業が導入するほど重要なツールとなっています。同時にグループウェアの数も増えており、どのグループウェアが自社に合っているのか、迷う方も多いでしょう。本記事ではマルチベンダーであるJBCCがおすすめするグループウェアと、目的や会社規模に合わせたグループウェアの選び方をご紹介します。