お知らせ

2019年04月09日

JBHC医療総合セミナー 2019 を全国2都市で開催


医療機関様向けエグゼクティブセミナー JBHC医療総合セミナー 2019

おかげさまでJBCCヘルスケア・コンソーシアムは今年で設立16年目を迎えることが出来ました。 この度のJBHC医療総合セミナー2019では、医療の現場で急速に注目されているAIの活用について、講演いただける先生方に、登壇をお願いさせていただきました。 医療機関では、画像診断・診療支援など、AIの活用が始まっているなか、今後どのような活用が期待できるのか、医療情報学分野より、東京大学大学院の『大江 和彦』先生、 医療ITを積極的に取り入れ活用されております、恵寿総合病院理事長『神野 正博』先生を迎え、最新の取り組みや活用のヒントをご紹介致します。

ご多忙とは存じ上げますが何卒、ご参加賜りたく存じ上げます。

 

日時

 

◆大阪:2019年5月11日(土) 12:30~17:00 TKPガーデンシティPREMIUM心斎橋 3階

◆福岡:2019年6月 1日(土) 12:30~17:00 TKP博多駅前シティセンター 8階

 

プログラム

大阪

■13:10-14:20 講演1

未来の病院をデザインする

~地域包括ケアシステムのためのICT構築とAI利用の可能性を探る~

講師:

社会医療法人財団董仙会(とうせんかい) 恵寿総合病院理事長

神野 正博 氏

 

■14:20-15:10 セッション ソリューション紹介

 

■15:40-16:50 講演2

ビッグデータとAI時代の医療

講師:

東京大学大学院医学系研究科社会医学専攻医療情報学分野 教授 東大病院企画情報運営部長(併任) 大江 和彦 氏

 

■12:30-17:10 展示

医療総合情報システム MedicalVision 主な展示ソリューション:電子カルテ、医事会計、レセプト、画像、その他医療情報システム

 

AI遠隔健康モニタリングシステム 「安診ネット・電子カルテ連携版」 AIが患者様のバイタルサインから健康異常を検知

 

福岡

■13:10-14:20 講演1

『次世代ネットワークとデータがつながるこれからの病院』

~医療機関の情報化の歴史と次世代ネットワーク接続を前提とした保健医療システム~

講師:

地域医療振興協会 市立大村市民病院 麻酔科 長崎地域医療連携ネットワークシステム協議会 (あじさいネット) 専務理事・運営委員 一般社団法人福島県医療祉情報ネットワーク協議会 事務局アドバイザー 地域医療福祉情報連携協議会(RHW) 幹事 柴田 真吾 氏

 

■14:20-15:10 セッション ソリューション紹介

 

■15:40-16:50 講演2

『AIで病院業務効率化』

講師:

東京医科歯科大学大学院

医歯学総合研究科 医療経済学分野 教授 川渕 孝一 氏

 

■12:30-17:10 展示

医療総合情報システム MedicalVision 主な展示ソリューション:電子カルテ、医事会計、レセプト、画像、その他医療情報システム

 

AI遠隔健康モニタリングシステム 「安診ネット・電子カルテ連携版」 AIが患者様のバイタルサインから健康異常を検知

 

共催

JBCCヘルスケア・コンソーシアム(JBHC)

JBCC株式会社

* JBHCとは→ http://www.jbhc.jp/リンクを別ウィンドウで開きます

お申し込み

◆大阪:https://www.jbcc.co.jp/event/2019/05/11/3978.html

 

◆福岡:https://www.jbcc.co.jp/event/2019/06/01/3983.html

【お問い合わせ】

JBHC セミナー事務局(JBCC内) TEL 03-5714-5300

お問い合わせ

製品・ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

セミナー情報

一覧へ