村田機械、ノーコード開発を活用してボトムアップの業務改革に成功

公開日 : 2021年06月24日

JBCC株式会社

JBCCホールディングス株式会社


村田機械、ノーコード開発を活用してボトムアップの業務改革に成功
JBCCが、kintone導入実績200社超のノウハウからDX推進に伴走


総合ITサービス業のJBCC株式会社(本社:東京都大田区、社長:東上 征司、以下JBCC)は、サイボウズ社の業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」の新たなお客様導入事例を公開しましたのでお知らせします。

村田機械株式会社(所在地:京都市伏見区 代表取締役社長:村田大介)は、2018年に繊維機械事業部にてスタートした3年間にわたるDXプロジェクトにおいて、業務改善を実際に業務に携わるエンドユーザーが実装する「EUC(エンドユーザーコンピューティング)」を採用、その手段としてkintoneを導入しました。

導入にあたってはJBCCが豊富なkintone導入実績で培った知見から、ユーザーが作りたいアプリに合わせた機能・連携ソリューションの提案を複数回のハンズオンセミナーを通して実施し、確実な定着を支援しました。最初は31ユーザーでスモールスタート、現在は350ユーザーがkintoneを活用して自由に業務アプリを作成し、現場起点のDXを実践しています。

「kintone」村田機械繊維機械事業部様 事例の特長

1.エンドユーザー発の継続的な業務改革

  • ノーコード開発ツールで、作るハードルを解消、「全員が自由に作れるアプリ」を実現
  • 部門横断の「kintoneサポーターズ」を立ち上げて、活用事例を共有、各部門へ普及
  • マスタは基幹システム等からデータ連携し、乱立防止とともに利便性を向上

2.情報の一元化

  • Excel業務を全てkintoneに移行、情報の点在化を防止
  • 問合せ対応を可視化し、履歴を参照した業務効率化と業務量の平準化を実現

3."ハンコレス"を実現、在宅勤務もスムーズに

  • 複数部門をまたぐ業務の承認フローをkintoneでデジタル化
  • 紙が埋もれて処理が止まる問題を解消

事業部でkintoneを活用!業務改善を実践

詳細は、JBCCサイトのお客様事例でご確認ください。

事例紹介

https://www.jbcc.co.jp/casestudy/solution/cloud/kintone/muratec.html

JBCCは2003年よりサイボウズのオフィシャルパートナーとなり、kintoneやGaroonなどサイボウズ製品の500社以上の豊富な導入実績からコンサルティングパートナーとして認定されています。kintone導入を検討する企業様向けの「kintoneはじめようセミナー」(定期開催)やkintoneの利便性を向上する各種連携ソリューションの提供を通し、今後も企業および様々な分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)をご支援していきます。


■「HARMONIZE」について https://www.jbcchd.co.jp/lp/harmonize/

「HARMONIZE」は、JBグループが提供する超高速開発、クラウド、セキュリティ、データ連携等のソリューションを、経済産業省の提唱するDXフレームワークの枠組みに基づき、強化、再構築したサービス体系。JBグループが持つデジタルテクノロジーや手法を取り入れ、進化する最新のDXを実現します。

HARMONIZEのロゴ

■村田機械株式会社について https://www.muratec.jp/

1935年に繊維機械の製造・販売を出発点として創業、現在はロジスティクス&オートメーション、半導体工場の搬送システム、さらには工作機械、繊維機械、情報機器などへと事業領域を拡大し、工場や物流拠点の進化を支えています。

■JBCC株式会社について https://www.jbcc.co.jp/

クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛ける総合ITサービス企業です。超高速システム開発を特長とし、セキュリティ・AI・RPA等のサービスとともに、お客様のシステムの課題を技術力とスピードで解決します。

※JBCC株式会社は、JBCCホールディングス株式会社(代表取締役社長:東上 征司/本社:東京都大田区)の事業会社です。

<参考>

▼JBCCのkintone事例

https://www.jbcc.co.jp/casestudy/solution/cloud/kintone/

▼JBCC kintoneソムリエ への相談はこちらから

https://www.jbcc.co.jp/lp/kintone/