クラウド利用ユーザーの増大とセキュリティの課題

DX推進やテレワークの急激な普及など、環境の変化に対応するために企業の根幹を担うITシステムを既存のオンプレミス環境からクラウドへ移行するお客様が増え、データがクラウド上に置かれ、ユーザーも社外からアクセスすることが多くなっています。

「会社のデータを守るためには、社内だけ守れば大丈夫」という状況ではなくなり、社外にいるユーザーやデータをどのようにして守るかがクラウド利用の課題となっています。

マルチクラウド環境に対応できる、柔軟な運用

複数のクラウドサービスを使ったり、新しいクラウドサービスに乗り換えたりする場合、以下のような懸念が出てくることはないでしょうか。

  • クラウドもオンプレミスと同等のセキュリティ対策がしたい
  • クラウドが増えすぎると設定や利用状況を管理しきれないのではないか
  • IDやパスワードの使い回しが増えるのではないか

JBCCでは、このような不安を解決するID管理やデータ保護などのソリューションで、環境ごとの守るべきポイントを押さえ、お客様のクラウド利用推進を支援いたします。

クラウドセキュリティを守る各種サービス

サービスメニュー

デバイス管理・制御

マネージドサービス for EPPシリーズ

次世代エンドポイントセキュリティ製品の運用やアラート監視・連絡を行います。

マネージドサービス for EDRシリーズ

EDRツールの日常運用や、インシデント発生時の初動対応支援、原因調査などを行います。

エンドポイントを守るだけではなく、調査報告が必要になるお客様にお勧めいたします。

PC利用可視化サービス

従来の「PC運用管理月額サービス for SKYSEA」をリニューアル。セキュリティ運用を強化して、月額サービスでご提供いたします。

クラウドアクセス制御、不正アクセス制御

マネージドサービス for Cloud GW Plus

  次世代ファイアウォール機能をクラウドでご利用いただき日々の運用をご支援、VPN設定もサポートします。

マネージドサービス for SASE

  セキュリティとネットワークを合わせてクラウド上で提供することで、テレワーク・オフィス・モバイルなどの多様なクラウドアクセスを一元化し制御。どこからでも安全で快適なクラウドアクセスを実現するSASEの運用サービスです。 

ID/パスワード認証強化

IDaaS運用支援サービス

  クラウドアクセスの認証をシングルサインオンや多要素認証で強化します。

サーバー保護、設定監査

クラウド設定監査サービス

  パブリッククラウドのIaaS環境の設定ミスや設定漏れがないか

  CIS(Center for Internet Security)ベンチマークに従いPrisma Cloudを利用して監査し可視化、定期報告するサービスです。

  オプションにてアラート検知通知も行います。

データ保護、情報漏洩防止

CASB運用支援サービス

  シャドーIT含めたSaaS利用を可視化しリスク評価。認可クラウドデータの保護も行います。

メールセキュリティサービス

  Cloud Mail Security Suiteなどのメールセキュリティサービスを取り扱っております。

Trend Micro Cloud One Workload Security(略称:C1WS、旧:Trend Micro Deep Security as a Service )

  C1WS及び弊社のクラウドサービス「EcoOne」を

  まとめてご利用いただける場合に、運用サービスをお得にご提供いたします。

クラウドセキュリティサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

PC利用可視化サービス Plus powered by SKYSEA Client View
PC利用可視化サービス Plus  powered by SKYSEA Client View

PC利用可視化サービス Plus powered by SKYSEA Client View

PCログ管理製品(SKYSEA Client View)をライセンス+セキュリティマネージドサービスをセットにしてご提供します。

マネージドサービス for Cloud GW Plus
マネージドサービス for Cloud GW Plus

マネージドサービス for Cloud GW Plus

インターネット通信をいつでもどこでもセキュアに。既存のネットワークも保護できるクラウド型ファイアーウォール運用サービスです。

クラウド設定監査サービス
クラウド設定監査サービス

クラウド設定監査サービス

IaaSの設定をコンプライアンス基準に基づき監査・診断。攻撃の予兆やデータの外部公開状態を検知・報告しセキュリティリスクを低減します。