ローコード開発とは?従来の開発との違いやメリット・デメリット

公開日 : 2021年02月16日
更新日 : 2021年02月22日

システム開発には複数の手法が存在しますが、そのなかでも現代において注目度が高まっているものが「ローコード開発」です。日本ではもともと「高速開発」や「超高速開発」と呼ばれていました。

今回は、ローコード開発の概要をご説明するとともにローコード開発が注目を浴びている理由、ローコード開発を取り入れるメリット・デメリットなどについてご紹介します。

目次

ローコード開発とは

従来のシステム開発との違い

なぜ今ローコード開発が注目されているのか

ローコード開発のメリット・デメリット

ローコード開発のメリット

ローコード開発のデメリット

JBCCのローコード開発とは

まとめ

ローコード開発とは

ローコード開発とは

ローコード開発とは、ソースコードを極力書くことなく「グラフィカル・ユーザー・インターフェース/GUI」という視覚的な操作を用いることで、極めて短期間でのシステム開発を実現する手法を指しています。Webブラウザ上などで必要な部品の組み合わせをクリックしてペーストする操作で、アプリケーションを作れるツールもあります。ソースコードをまったく書かない手法の「ノーコード開発」も存在しますが、コードを記述しない分複雑な開発は難しくなります。ローコード開発では最小限のコード記述を行いますが、そのためノーコード開発よりも拡張性がある点がメリットです。

たとえば、ローコード開発を取り入れるとSQLの記述不要でデータベースを作成できるなど、開発工程の簡略化が可能となります。このため、一定の拡張性を担保しながら開発工数の短縮を実現できます。

従来のシステム開発との違い

従来のシステム開発では、ユーザー(発注元/クライアント)へ詳細なヒアリングを実施の上、要件定義を行い、机上で機能設計をしてからプログラミングを行います。その後テストにより問題点を解決し、製品としてリリースするという開発の手順でした。

ローコード開発の場合は、機能設計の段階からGUIを活用して画面上のさまざまな部品を組み立てるビジュアル的な手法を用います。その工程においてもプログラムを自動生成する手法を使えるため、作業の自動化などによる効率化を図ることができます。

これらの自動化によって開発期間を短く抑えることができ、品質面でも安定したシステム開発の実現につなげられます。

なぜ今ローコード開発が注目されているのか

IT環境がビジネスにとって、より一般的なものとなるにつれ、システム開発においても迅速かつ柔軟性の高い対応を要求される比重が高くなりました。そのような、すぐに成果が求められる状況にも対応できるシステム開発手法として、ローコード開発が注目されています。

IT技術は常に変化を続けており、それにともないシステム開発に求められる役割も次第に大きなものとなっています。既存の仕組みを維持しながらも、新たな開発基盤を取り入れる必要も出て来るでしょう。新手法を導入すれば、それに見合ったセキュリティの強化も必要です。また、人手不足の時代に対応する省力化や、働き方改革の実現などの課題も生じてきます。

ちなみにIT技術の一般化レベルでもすでに複雑、詳細な要件となっています。従来はそれに逐一対応するために、高い知識やノウハウを有する熟練技術者の存在が欠かせないものでした。しかし、先に述べた業務効率化や省力化の実現という観点で、開発作業の属人化を回避する必要性も出てきます。専門性を過度に必要としない手法によって、現代に求められる品質のアプリケーションを容易に作成できる作業環境が必要だといえるでしょう。

また、システム開発の予算は限られています。予算に合わせて限定的な期間と工程数でも要望どおりの品質で開発を行い、ユーザーの信頼を獲得していく必要があります。

ローコード開発はこれらのニーズにマッチしており、今後のシステム開発における重要な手段となっていく可能性が高いでしょう。

ローコード開発のメリット・デメリット

ローコード開発メリット・デメリット

システム開発のさらなる高速化・省力化に貢献できるローコード開発ですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。メリットを知るとともにデメリットも意識し、導入後の課題解決に生かしましょう。ここでは、ローコード開発のメリットとデメリットについてご紹介します。

ローコード開発のメリット

開発期間を短縮できる

ローコード開発のもっとも大きな利点は、作業時間を短縮できる点です。短納期でもユーザーの要求に応えながら、安定した品質のシステムを提供することが可能です。

セキュリティ面での不安が少ない

ローコード開発は、専用の開発プラットフォームを使用する場合がほとんどで、ベンダーがセキュリティ対策を実施の上、提供しているものです。このため開発したシステムの脆弱性や開発時のセキュリティリスクに関する不安を低減できます。このため、開発者は自身が構築した箇所のみセキュリティ対応すればよくなるというメリットがあります。

高い知識や専門性がなくても開発ができる

ローコード開発では専用のプラットフォーム上で、複雑なソースコードを記述しなくてもプログラムを作成できます。このため、プログラミングの専門教育を受けた技術者でなくてもプラットフォーム上で容易に開発作業を行えます。これまでシステム開発は専門知識が必須とされてきましたが、その高かった敷居をかなり低くすることも実現します。

ローコード開発のデメリット

プラットフォーム上で操作できない要件には対応できない

ローコード開発における開発作業の自由度は限定的で、プラットフォーム上で操作可能な範囲内に限られます。プラットフォームに実装されていない開発を要する要望に応えるには、従来のプログラミングの手法が必要です。

設計工程や業務プロセスに関する知識が必要

ローコード開発では開発作業こそ短縮 できますが、その分設計に重点が置かれる場合があります。そのため、プログラミング作業は減っても設計に関する工数は増える可能性があります。開発技術者も業務プロセスの構築や業務分析に関する知識が求められるでしょう。

JBCCのローコード開発とは

JBCCでは、ローコード開発ツール「GeneXus」を提供しています。GeneXusは、データ項目や業務ルールなどの要件を定義すれば、指定したデータベースとソースコードを100%自動生成するツールです。

ソースコードを自動生成することで人的エラーが生じることを防ぎ、プログラミングの経験が浅い技術者や専門家ではない開発担当者の作業ハードルを低くすることが可能です。

数多くのプロパティおよび関数によってローコード開発を可能とするとともに、ツールが項目や画面間の関連性を自動管理します。システムの追加や拡張を行った場合も、関連箇所が自動連携・修正されるだけでなく、影響調査が容易で関係者への事前確認を徹底できます。システムが完成し、運用に至ってからのメンテナンス性を高くできる点も、GeneXusの利点です。

GeneXusの詳細を見る

まとめ

ソースコードの記述などプログラミングに関する専門性を備えた人材の育成には時間がかかります。これから慢性的な人手不足の時代が到来することを予測すると、専門家を外部から確保することも困難になります。より生産性が高く、要員を促成できる開発基盤の構築が急務といえるでしょう。

世界的リサーチ企業によると世界中のアプリケーションの6.5割以上が、2024年までにはローコード開発またはそれを基盤とする開発環境によって構築されると予測されています。 IT技術においても急速な変化が継続的に訪れる時代となり、システム開発の手段もそれに対応していくことが要求されると考えられます。

高速開発ツール GeneXus
高速開発ツール GeneXus

高速開発ツール GeneXus

GeneXus|JBCC株式会社、Xupper/GeneXus と アジャイル開発 を組み合わせた品質、工期を大幅に改善するアプリケーション開発手法の概要説明

コラム
アジャイル開発とは?アジャイル開発の特徴とウォーターフォール開発との違い

アジャイル開発とは?アジャイル開発の特徴とウォーターフォール開発との違い

システム開発において注目されている開発手法として「アジャイル開発」があります。従来のウォーターフォール開発に比べて、開発期間を大幅に短縮でき、開発途中の仕様や要件変更にも柔軟に対応できるという特徴があります。 そこで今回は、アジャイル開発の歴史や特徴を解説しながら、従来のウォーターフォール開発との違い、メリット・デメリットなどをご紹介します。

コラム
開発における上流工程とは?起こり得るリスクと管理の重要性

開発における上流工程とは?起こり得るリスクと管理の重要性

システム開発の工程について話をしているとき、「上流工程」「下流工程」という言葉を耳にする機会があると思います。これは、システム開発の流れを大きく二分すると、上流工程と下流工程に分けられることを指しています。 この記事では、システム開発における上流工程の概要と工程の流れをご紹介しながら、上流工程での設計作業に際し想定されるリスクや課題、管理の重要性についてもご説明します。