お問い合わせ

BoxとDropboxを比較。法人用オンラインストレージの選び方とは?

公開日 : 2023年09月05日
更新日 : 2023年10月04日

リモートワークへの対応やセキュリティリスクの高まりなどを背景に、従来のファイルサーバーからオンラインストレージへの移行を検討する企業が増加しています。しかし、オンラインストレージにはさまざまな製品があり、「どのサービスを選べばいいかわからない」と悩みを持つ企業担当者は少なくありません。
本記事では、代表的な法人向けオンラインストレージであるBoxとDropboxの機能や料金を比較して解説します。それぞれの特徴や強みも紹介しているので、最適なオンラインストレージ選びの参考にしてください。

BoxとDropboxを比較。法人用オンラインストレージの選び方とは?

目次

  1. ファイルサーバーの課題を解決するオンラインストレージ
  2. BoxとDropboxの主な機能・料金を比較
    1. 保存容量
    2. セキュリティ
    3. 電子署名
    4. 料金
  3. Boxの特徴と強み
    1. クラウドで作業が完了する
    2. ワークフロー効率化ツールを利用できる
    3. セキュリティ対策が充実している
  4. Dropboxの特徴と強み
    1. ローカル保存したファイルをクラウドに自動で同期できる
    2. 転送機能で大容量のファイルを送信できる
    3. コラボレーション機能が充実している
  5. BoxとDropbox、どちらがおすすめ?
    1. 従来のファイルサーバーと同じ感覚で使いたいならDropbox
    2. 細かく権限設定したいならBox
  6. JBCCのファイルサーバーワークショップ

1. ファイルサーバーの課題を解決するオンラインストレージ

オンラインストレージは、オンプレミス型のファイルサーバーにおけるさまざまな課題を解決します。オンプレミス型のファイルサーバーには物理的な機器が必要となり、使い続けるとストレージの容量不足やセキュリティリスク、IT部門の業務負荷などの課題が生じます。

それらを解決するのが、サーバーをクラウド化するオンラインストレージサービスです。オンラインストレージは、クラウドストレージやクラウド型ファイルサーバーと呼ばれることもあります。 

オンラインストレージサービスを利用すると、業務効率化やデータの一元管理、セキュリティを確保しながら柔軟な働き方が実現するなど、多くのメリットがあります。代表的な法人向けオンラインストレージとしてBoxとDropboxがあります。

ファイルサーバーをオンラインストレージに移行するメリット・デメリットとは?選び方もご紹介

2. BoxとDropboxの主な機能・料金を比較

保存容量やセキュリティなど、BoxとDropboxの基本的な機能や料金を比較します。

2-1. 保存容量

Box

Dropbox

プラン名

・Business

・Business Plus

・Enterprise

・Enterprise Plus

・Standard

・Advanced

・Enterprise

1社あたりの利用容量

すべて無制限

・Standard 5TB

・Advanced 無制限

・Enterprise 無制限

1ファイルあたりのアップロードできるファイル容量

・5GB

・15GB

・50GB

・150GB

すべて無制限

リンク共有

Boxには4つのプラン、Dropboxには3つのプランがあり、1社あたりの利用容量と1ファイルあたりのアップロードできるファイル容量に違いがあります。

2-2. セキュリティ

Box

Dropbox

二要素認証・シングルサインオン

暗号化

アクセス制限

7段階

3段階

ログの保存期間

7年間

無制限

マルウェア対策

オプション

データセンターの国指定

オプション

IPアドレス制限

×

どちらのクラウドストレージサービスにも、基本的なセキュリティ機能が搭載されています。Boxには7段階のアクセス制限やIPアドレス制限機能があり、Dropboxよりも細かく権限設定ができます。また、Dropboxではログの保存期間が無制限であるのに対し、Boxは7年間と限りがある点も異なります。

2-3. 電子署名

Box

Dropbox

電子署名

どちらのクラウドストレージサービスにも電子署名サービスが提供されています。Boxは「Box Sign」、Dropboxは「Dropbox Sign」という名称です。署名が必要なドキュメントの送信、入力、保存、進捗管理など、電子署名に関する一連の作業をクラウド上で完結できます。

2-4. 料金


▼Box

プラン名

1ユーザーあたりの月額料金(年間払い)

Business

1,800円

Business Plus

3,000円

Enterprise

4,200円

Enpterprise Plus

個別見積もり

▼Dropbox

プラン名

1ユーザーあたりの月額料金(年間払い)

Standard

1,500円

Advanced

2,400円

Enterprise

個別見積もり

また、Dropboxには法人向け以外に、個人向け(1,200円)とフリーランサー向け(2,000円)の料金プランも用意されています。

3. Boxの特徴と強み

Boxの特徴と強み

Boxは2005年にサービスの提供が開始されました。2023年8月現在、Boxのサービスはグローバルで9万7,000社に利用され、その68%がフォーチュン500企業です。日本では、官公庁や自治体、金融、ヘルスケア業界などを中心に1万2,000社、日経225の67%がBoxを活用しています。

Boxで実現するクラウドファイル共有。基本機能や料金プランを徹底解説

3-1. クラウドで作業が完了する

Boxは法人向けのサービスに特化してきたことを背景に、ファイルのダウンロードを含めローカル保存させず、クラウドでの作業完結が徹底されています。対してDropboxはローカル保存したファイルをクラウドに自動同期させる点が、Boxとの大きな違いです。

3-2. ワークフロー効率化ツールを利用できる

Boxには「Box Relay」と呼ばれるワークフロー効率化ツールが搭載されています。Box Relayを活用すると、承認プロセスの迅速化や進捗確認の効率化が可能です。豊富なワークフローのテンプレートを利用してノーコードで構築できるため、スムーズに利用開始できます。

3-3. セキュリティ対策が充実している

Boxはゼロトラストの考えに基づいてセキュリティ対策が取られていて、充実したセキュリティ機能を利用できます。ゼロトラストとは、社内外のあらゆる通信を完全に信頼しないという考え方のことです。

ゼロトラストセキュリティを実現するために、Boxでは7段階のアクセス制限、ランサムウェア対策、内部不正対策などが用意されています。

Boxのセキュリティ対策の例

7段階のアクセス制限

  1. 編集者
  2. ビューアー
  3. プレビューアー
  4. アップローダー
  5. ビューアー/アップローダー
  6. プレビューアー/アップローダー
  7. 共同所有者

7段階のアクセス制限で、ファイルの読み取りや書き取りの範囲や権限を細かく設定できます。

ランサムウェア対策

不正に暗号化したデータと引き換えに身代金を要求するランサムウェアに感染した場合、管理者に通知しファイルの共有機能を停止。ファイルは世代別に管理されているため、感染前の状態に復元できます。

内部不正対策

大量のデータダウンロードなど、ユーザーによる不審な挙動を検知し管理者に通知します。

4. Dropboxの特徴と強み

Dropboxの特徴と強み

Dropboxは、2008年に個人向けから始まったクラウドストレージサービスです。一般ユーザーの間で知名度が高いクラウドストレージで、今も個人やフリーランサー向けのプランが提供されています。2013年にDropbox Businessがリリースされ、法人向けサービスも利用できるようになりました。

Dropbox(ドロップボックス)とは?料金プランや使い方、注意点などを解説

4-1. ローカル保存したファイルをクラウドに自動で同期できる

Dropboxは、パソコン上にローカル保存したファイルをクラウド同期できるため、ファイル操作が素早く使いやすい点が特徴です。

DropboxのアプリをパソコンにダウンロードするとDropbox専用フォルダが作成され、ファイルを置くと自動でクラウド同期が開始されます。外出先で作業していてもオンラインになったとき同期されるので、オフラインの状況でも利用可能です。

4-2. 転送機能で大容量のファイルを送信できる

Dropbox Transferという転送機能を使うと、最大100GBのファイル転送が可能です。転送先にメールを送信するか、ダウンロード用のリンクを共有することで転送が完了します。ダウンロード通知による転送状況の確認や、パスワード保護によるアクセス制御で安全性を確保できます。

Boxはエクスプローラーからファイル共有できますが、Dropboxはデスクトップアプリ上でファイルの共有や転送をスムーズに行える点が大きな特徴です。 

4-3. コラボレーション機能が充実している

Dropboxは、サードパーティが提供する豊富な種類のアプリと連携できます。具体的には、Googleプロダクト、Microsoft Office、Salesforce、Slack、Zoomなどと連携でき、以下のように活用できます。

Dropboxのコラボレーション機能の例

Googleプロダクト

Google Workspaceとの連携で、Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドを、Dropbox上で作成や管理、共有が可能になります。

Microsoft Office

Microsoft Officeとの連携で、Dropboxに保存したOfficeファイル(Word、Excel、PowerPoint)を開いて編集し、保存できます。

Salesforce

Salesforceとの連携で、SalesforceからDropboxに保管されたファイルにアクセスし、共同作業を進められます。

Slack

Slackとの連携で、SlackのファイルをDropboxに保存し、Dropboxのアクティビティに関する通知をSlackで受信できます。

Zoom

Zoomとの連携で、DropboxからZoomのミーティング作成や参加、DropboxのファイルをZoomで表示できます。

5. BoxとDropbox、どちらがおすすめ?

BoxとDropboxのどちらを選ぶべきかは、自社のニーズやデータ管理のポリシーによって異なります。ファイルサーバーと同じ感覚で利便性を重視するならDropbox、徹底したクラウド保存で管理を重視したいならBox、という選択肢になるでしょう。ここでは、それぞれのサービスがどのようなケースに向いているか紹介します。

5-1. 従来のファイルサーバーと同じ感覚で使いたいならDropbox

Dropboxは、パソコンにダウンロードした専用フォルダに保存するだけでクラウドに同期されるので、これまでのファイルサーバーと操作性に大きな違いはありません。ユーザーである従業員も抵抗なく利用でき、スムーズな導入が実現します。

【ナカ工業株式会社 様】Dropbox 全社導入で情報共有基盤の確立

5-2. 細かく権限設定したいならBox

Boxは、ユーザーごと、フォルダごとに細かく権限設定ができます。DropboxにはないIPアドレス制限が利用でき、社外共有を強制的にできないようにする設定も可能です。容量が無制限であるため、権限設定を細かく行いながらデータの最終管理場所として安全に保存したい場合は、Boxがおすすめです。

6.JBCCのファイルサーバーワークショップ

本記事では、クラウドストレージサービスであるBoxとDropboxの機能や特徴を比較しました。ファイルサーバーのクラウドストレージへの移行は、スムーズな情報共有による業務効率化や、物理的な機器を保有しないためセキュリティリスクが低減するなど、さまざまなメリットがあります。しかし、クラウドストレージには多くの機能があるため、自社の課題を整理して最適なサービスを選ぶのは容易ではありません。

JBCCは、クラウドストレージの導入を検討されている企業向けに「ファイルサーバーワークショップ」を開催しています。ファイルサーバーワークショップでは、クラウドストレージサービスの比較検討や利用開始時の構築、利用後の定着までをワンストップで提供いたします。

さらに、JBCCには1,100社以上のセキュリティ支援の実績があるため、クラウドストレージのセキュリティ面で不安が残る場合でもご相談いただけます。

ファイルサーバーワークショップにご関心がありましたら、お気軽にお申し込みください。

※コラボレーションエバンジェリスト 齊藤 晃介 が担当します。

経歴

2000年入社~現在。旧JBCCブランド「俺のクラウド」企画メンバー。
現在はコラボレーションエバンジェリストとして社内外で活動中。ワークショップ等で数多くのファシリテーターを担当。

資格

  • Dropbox Certified Seller認定
  • Box Japan Certified Sales認定
  • AWSソリューションアーキテクト
  • CompTIA Network+
  • CompTIA Server+ Certification
コラボレーションエバンジェリスト 齊藤 晃介

以下のページで動画付きで解説していますので、ぜひご覧ください。

ファイルサーバーワークショップ

コラボレーションエバンジェリストが語る「ファイルサーバーの選び方」とは?

JBCCでは現在オンラインストレージを活用しており、そのノウハウをお客様へ提供するワークショップを展開しています。マルチベンダーなので、セキュリティ対策も含めたお客様のご要望に合わせた最適なサービスの提案が可能です。まずはお気軽にワークショップにお申し込みください。

詳細を見る

JBCC株式会社ロゴ

JBCC株式会社

JBCC株式会社は、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するITサービス企業です。クラウドサービスを中心にシステムの設計から構築、運用までを一貫して手掛けており、クラウド 2,150社、超高速開発による基幹システム構築 460社、セキュリティ 1,100社の実績があります。
お客様の環境に合わせた最適なITシステムを、クラウド、超高速開発、セキュリティ、データ連携等を活用し、企業のDX実現と経営変革に貢献します。

コラム
Boxで実現するクラウドファイル共有。基本機能や料金プランを徹底解説

Boxで実現するクラウドファイル共有。基本機能や料金プランを徹底解説

Box(ボックス)は、導入実績100,000社以上(2023年5月時点)を誇り、権限管理や認証など万全なセキュリティ対策機能を搭載したクラウドストレージです。自社内外でのファイル共有や管理を効率的に行うだけでなく、1,500以上の業務アプリとシームレスに連携可能です。Boxの機能や料金プラン、導入するうえでの注意点について解説します。

コラム
Dropbox(ドロップボックス)とは?料金プランや使い方、注意点などを解説

Dropbox(ドロップボックス)とは?料金プランや使い方、注意点などを解説

Dropbox(ドロップボックス)は、ファイルの共有、管理、コラボレーション機能を搭載したクラウドストレージです。個人用から大企業用までさまざまな料金プランがあります。Dropboxの機能の詳細や、価格、注意点などについて解説します。

コラム
ファイルサーバーをオンラインストレージに移行するメリット・デメリットとは?選び方もご紹介

ファイルサーバーをオンラインストレージに移行するメリット・デメリットとは?選び方もご紹介

ファイルサーバーが抱える問題の多くは、オンラインストレージへの移行で解決できます。物理サーバーの代わりにオンラインストレージを活用するメリットや、デメリットとその対策、自社に適したサービスの選び方などを紹介します。